Bahbb1shogzmssjdmjaxoc8wms8woc8xnc8yos8wnc8ynzgvnjfhztyxowqzmdbhmze5n2exntgzyjrmoddlm2m2njrfbs5qcgcgogzfvfsiogzwogp0ahvtykkictyymhggowzu

怒ってばかりの孤独な子育て。心穏やかに子供と向き合いたい。

子育ては楽しことばかり待っている。そう思っていました。
しかしいざ始まってみると夫は仕事で帰りが遅く休日は寝てばかり、赤ちゃんの夜泣きや上の子のワガママも酷くなり寝不足が続く中いつもイライラしている自分がいます。 自身の実家は遠く親も頼れず、子供と私だけの世界でどうしたら心穏やかに子供と向き合えるのでしょうか?多くのお坊さんからお言葉をいただきました。


子供は「たった一つのやりたいこと」がある

子育て歴は生まれたての子供であれば誰もがはじめてです。 二人目の子供でも、その子はその子ではじめての子育て。 その子に適した子育てなのです。

子供は、ウマく自分を表現できないから、泣いたり怒ったりしかできない。 でも、あなたが親で良かったのです。 あなたでなければだめなのです。あなたの分身なのです。いや、あなたそのものでもある。

ですが、一度、この子のためにも自分を縛る自分のルールに気づいてください。 そしてそのマイルールを全部スマホ・携帯の設定のようにOFFしてください。

まじめで頑張りすぎな人ほどノイローゼになります。 子供は「たった一つのやりたいこと」があるだけ。でも、それが分らない時は、ごめんね、ワカラないわっていって謝りながら色々試すほかありませんね。

元の問答:みんなそう思っていますよ

感情をためない

例えばお閻魔さまやお不動さまなどは恐ろしい顔をしていますが、それは人間に悪いことをしないように諭すためです。 子どもを育てるのにいつも笑顔でいられるわけはありません。 時には怒りの表情を見せることも必要です。 でも、心まで怒りで満たさないようにしてください。

元の問答:心まで怒りで満たさないよう

大きな声を出して思いを切ってみましょう。
それで終わり、引きずらない。
ためいきをつく必要もない。全て終わった後のこと。もしくはまだ来ぬ未来を心配してのこと。
どれも幻に似たようなもの。今目の前にある景色、環境、人をないがしろにしてはもったいない。現実が目の前にあるのに幻を追ってしまうなんて。
だから大きな声を出して、「あーー!」でも「おーーー!」でもなんでもいい。
それで吹っ切ってしまいましょう。

元の問答:思いを切る

子育ては利他

子育ての基本は「見守る」
きつい言い方かもしれんけど「ほっとく」
かっこ良く言えば「子供を信じる」
これ私のモットーです。

何もかも、こちらから提供しなくてよくて、聞かれたことやしてほしいことを受け止める、受け身の大切さを学んでます。

元の問答:気晴らしは大切、でも「感謝」して

「この身は預かり物」という言葉をご存知でしょうか?私達の身体は大自然からの預かり物であるという事です。考えてみれば、この身体が自分のものなら、白髪が生えぬよう、シワも増えないようにコントロール出来そうなものですが、思うようにはなりません。心だって平然を保ちたいのにすぐに乱れます。我が身体さえ、我がものでないならば、子供を我が子というのもエゴかもしれませんね。

子供には子供の人格があり、個性があり、独自の人生があります。それを親が所有者のように自由にコントロールする事はやはり出来ません。そこをどうにかしようと思うから親は苦しいのかもしれません。子供を「我がもの」と思わなければ、質問者さんのご心労も和らぐのではないでしょうか。

元の問答:この身は預かりもの

お子様が貴女にだけ、その様な行動を見せるのは、貴女が嫌いなのではなく寧ろその逆。
お母さんである貴女が
一番信頼出来る。
一番ワガママを聞いてくれる。
一番甘えられる存在だからでしょう(^-^)

子育ては「究極の自己犠牲」即ち「利他(自分の事より相手の事を第一に考え、思いやる事)」です。

元の問答:今の苦しみも無常なるものです。

子育ては親育て

苦しさを楽しむ。思いのとおりのならなさを楽しむ。

人生長いです。「苦しんでる今の私」に固執しないで、ちょっとゆったりかまえて、楽しんでいきましょう。

元の問答:親育てという感覚も

あなたは大人としてもまだ成長中なのです。
あなたが成長し続けることでお子様もよい子になるのです。
子育ては子供を育てるのではなく、自分自身が常に精神亭に今も成長を続ける志を持ち続けることです。仏教ではこれを菩提心といいます。
あなたにその精神向上のこころがあれば、その穏やかな心がそのまま自然にお子さんに伝わってお互い、いやな思いをしなくて済むようになるのです

元の問答:悪く言ってその子がよくなったケースは何一つない

抱きしめてあげて

自分がご両親に言って欲しかった言葉をイメージしてみてください。「聞いて欲しかった」「愛して欲しかった」「大丈夫だよと抱きしめて欲しかった」「そのままでいいよと言ってほしかった」その言葉を自分の心の中の自分に話かけてあげてくださいね。そして、その言葉をお子さんに伝えてあげてください。

元の問答:頑張ってこられましたね

愛情がわかない子どもでも、親として偽りでも愛情を持って接しなければなりません。それが親の責任です。私は以前あなたと同じような問題を起こすことで子ども嫌いになって苦しんでいるお母さんにアドバイスをしました。毎日子どもが帰ってきた時や寝る時に、一分間子どもを思いっきり抱きしめなさい。たとえいやがってもです。その時にあわせて「お母さんは○○ちゃんが大好きなので毎日一分間抱きしめることにしたの。大好き大好き」と言いなさいと説明しました。

それを実践すると、子どもの問題行動はなくなっていきました。そして子どもが嫌いだったお母さんも子どもを抱きしめるうちに子どもが好きに変わっていきました。スキンシップは子どもとお母さんに対する一番の愛の薬です。

元の問答:あなたが苦しいということは、子どもも同じく辛いのです。

文・hasunoha編集部
出産・子育て
534 views

新着問答ピックアップ

Bahbb1shogzmssjdmjaxoc8wms8xmi8xmi81nc8wni80odkvngrmnjixzjiyzme4m2y1nznmnza5ytvhodcyogvjyjrfbs5qcgcgogzfvfsiogzwogp0ahvtykkidtm0mhgyntajbjsgva
いつも無気力で頑張れない。自分が生きている意味はあるのでしょうか?
生きる意味
760 views
Bahbb1shogzmssjdmjaxoc8wms8woc8xnc8yos8wnc8ynzgvnjfhztyxowqzmdbhmze5n2exntgzyjrmoddlm2m2njrfbs5qcgcgogzfvfsiogzwogp0ahvtykkidtm0mhgyntajbjsgva
怒ってばかりの孤独な子育て。心穏やかに子供と向き合いたい。
出産・子育て
534 views
Bahbb1shogzmssiumjaxoc8wms8wns8xmy80os8ymi85ntmva3vub3n5b3vtzxrzds5qcgcgogzfvfsiogzwogp0ahvtykkidtm0mhgyntajbjsgva
仏教の目的はたったひとつ。「苦」の消滅です。
仏教
1051 views
このページの先頭へ