お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

死ぬ事、現実

3度目のご相談になります。よろしくお願いします。 母が癌になり3度手術をのりきり、今また再発してしまいました。手術不可能といわれました。抗がん剤のみの治療だそうです。複雑です。抗がん剤をやらなければ死は近いもののような気がします。抗がん剤をやれば癌はちいさくなるかもしれない、ならないかもしれない、けど、副作用が必ず蓄積されます。母は抗がん剤をうけることを選びました。私も母の思うように…とおもっています。けど、死の宣告をしたかのような先生の言い方で、私は現実をうけいれることができません。死とはなんですか?現実を受け入れる方法もしりたいです。妹は重度の障害があります。母がいなくなったらたとえ妹の命でも私がうばって死ぬこともかんがえてしまいます。つらくてつらくて、主人は脳卒中をやってから私がならんだり、ないたりすると変な顔といって笑います。この人はなんで生きてるんだろうっておもってしまいます。息子とも連絡がほぼとれなく娘には結婚してその生活があります。側で支えがほしくても誰もいません。つらいです。くるしいです。

心構え・生きる智慧
有り難し 13
回答 1

質問投稿日: 2019年6月5日 17:05

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

一緒に考え、一緒に生きていきましょう。 あなたのそばに。

そうですか。。。本当に、生きるというのは、苦しいことばかりのように思いますよね。
病も死も、いつかは向き合い 訪れるのだと、頭ではわかっていながらも、現実を目の前にすると、なぜ?私だけが?この先どうなるの?と、不安で恐怖で 堪らないだろうと思います。

痛みに耐えながら治療を選んだお母さまを、支えたいと思いながらも。こちらも、いつだって笑顔で向き合えるわけじゃないものね。お母さんの辛さを思うと、同じように苦しくなるでしょう。
また、あなた自身、頼る家族も、いろんなことを抱えていたら 全力で向き合える状況じゃない。

今、お母さんのことや、妹さんのこと、ご家庭のこと、あなた一人が受け止めながら背負ってらっしゃる。これでは、不安で苦しくて、今にも倒れそうになりますよね。

仏教では、仏様のお救いがありますから「死」にゆく命ではなく、お浄土へと願われる命なのです。私もそう仏様を信じ たより、お念仏をしていますよ。南無阿弥陀仏と。

大切な方々の死を、また今の命や、この現実を、救おうと願い はたらいてくださる仏様にたよりながら。
治療にも、緩和ケアがあります。
最後の最期まで、生き抜ける環境を。
そして、そんな不安を一人で抱える あなたを、私も支えていますよ。

苦しい時、いっぱい いっぱいな時、いつでも そのお気持ちを吐き出してくださいね。
一緒に考え、一緒に生きていきましょう。
あなたのそばに。

お母さんや、家族のために、
いつも ありがとう。

1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お返事、ありがとうございます。
1日、1日を生きればいいんだ、とおもいながらも怖くて怖くてたまりません。一難去らずにまた一難。現実を見たくなくても現実以外なにもなく。
こんな私に貴重なお時間お返事、ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ