hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

赤ちゃんの供養 宗派の違うお経

回答数回答 1
有り難し有り難し 5

生後2週間で長男を亡くしました。
旦那の実家は宗教にこだわりがなく、お仏壇もありません。
私の実家にはお仏壇があり、月参りで浄土真宗の御僧侶さんがおいでになっているのでそちらで初七日までお参りしていただきました。

そこでご質問です。

私たちはまた子供を授かりたいと思い、子授け地蔵様のおいでるお寺にお参りに行きました。
そちらのお寺では水子供養や先祖供養も行なっていたため、息子にもお経をあげてもらいました。
その際、浄土真宗のため戒名ではなく、法名を記入しました。

何も知らずに違う宗派のお寺でお経をあげてもらったことになります。
これは良くないことでしょうか?

もし子供を授かった場合、そのお寺へのお礼参りも考えております。

その際、亡くなった我が子への供養と報告のためそのお寺でお経をあげて頂くのは良くない事でしょうか?

2019年6月11日 19:23

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

供養とは一体なんなんでしょうね?

凱斗ままさん、こんばんは。
ご質問拝見いたしました。

子どもが親より先に命を終えていくことほど辛いことはないですね。
またお子さまを授かりたいと願う気持ちもよくわかります。

私自身は、第一子となるはずだった子どもがお腹の中で息を引き取りました。
そして第三子、第四子となる子どももお腹の中で息を引き取りました。

私は、お腹の中に命が授かれば、十月十日もすれば元気に生まれてくるものだとばかり思っていたのですが、その思いは見事に打ち砕かれました。
幸いにも二人の子どもに恵まれましたが、その子たちも生まれてくるまでは心配でなりませんでした。それだけ命が誕生するということは当たり前ではないということです。

その事を気づかせてくれたのが、生まれてくることができなかった3人の名もなき子どもたちでした。私にとってはかけがえのない子どもたちです。

供養ということは、もともと「敬う」、「大切にする」という意味が含まれています。大切にすることによって、生きて行く私たちが養われて(育てられて)行くことだと私は解釈しています。

つまり、私は生まれてくることができなかったその子どもたちのこと、老若男女を問わず亡くなられた人のことを決して「忘れない」「なかったことにしない」ということをみんなに伝えていきたいのです。それが私が思う供養です。「お経をあげたら終わり」ではなく、「忘れない」ということです。

もちろん今は悲しみにくれ「忘れられるわけがない」とお思いでしょうが、お経をあげていただくことだけが供養なのか、子どもが授かればお礼参りに行くのか、その辺りのことも、ご主人とよくよく話し合われて、本当に大切なことを見失わないでいただきたいと願うばかりです。

一つのご参考になればと、ご返答させていただきました。

2019年6月12日 1:33
{{count}}
有り難し
おきもち

私は、浄土真宗の僧侶です。僧侶ではありますが、浄土真宗の教えをバックグラウ...

質問者からのお礼

とても心優しいお言葉をありがとうございます。
お経をあげる事が全てではないのですね…49日を終えてからお骨と会話をしても意味があるのか不安でした。お経をあげていただかないと仏になった息子と会話出来ない気がして…
でも気持ちの問題なのですね。
心が軽くなりました。
実は49日はお経をあげていただいてなくて、息子が天国で幸せになれないんじゃないかと思い宗教問わず子宝祈願の旅行先のお寺で息子の分のお経をあげていただきました。亡くなっても親として出来る事はなんでもしてあげたくて。それが今回はお経をあげて頂くことでした。
これからはお経を上げることだけにとらわれず、息子に最大限の愛情を夫婦で注いであげたいと思います。

「供養全般」問答一覧

結婚後の父母の供養

いつもお世話になっております。 こんな歳になって私が結婚をすることになり(同居で義父の介護のお手伝いをするため)、お墓と仏壇を、遠方の兄に託す事になりました。 兄は、お墓の祖父母と父を恨んでおり、直ぐにお墓と仏壇を終わりにして、その後の供養もしないそうです。 父は生前、お酒の依存で暴力が酷く働かず、貧乏だった事を、兄は未だに許せずにいます。そんなお墓をそのままに亡くなった母をも許せないらしく、納骨もできずにいます。 お寺さんにも相談しましたが、「貴方(私)は、嫁ぎ先のご先祖を大事にしなさい。こちらの事は全て置いて出なさい。写真に手を合わせるだけで十分です。」と私の立場を気遣ってくださいました。 そうは言っても、母はまだ一周忌が終わったばかり。母と私は、父の暴力に怯えながら、互いを置いて出ることもできずに、ずっと一緒に生きてきました。母に執着しているのかもしれませんが、この先、何もしてあげられないのが悲しくて辛いです。今はまだ一人なので、写真にお供えとお線香で手を合わせています。 先日、久しぶりに菩提寺の本山の奥の院へお参りしてきました。そこで写経セットが目にとまり頂いて帰りました。作法やお経の意味を調べつつ、母の写真の前で写経をし、心を込めて無心になれたようなスッキリした気分に恵まれました。 命日に奥の院へ納経し、御首題帳を頂いて母の写真に供えました。 仕事が朝方終わることもあり、車を使えば朝のお勤めにも間に合うようなので、次回は朝お参りにもと思っています。 こういった事でも、父や母の供養にはなるのでしょうか? 祖父母は弔い明けをしていますが、父は次が三十三回忌です。兄に託しておきながら、私がお年忌をするのも兄の顔を潰すようで申し訳なく思います。 それでもお年忌はお願いした方がよいでしょうか? 宜しくお願い申し上げます。 それから、、 前回の私の質問の直ぐ後に、他の方への回答で「恩返し」ではなく、「恩に報いる」生き方をと、お坊様がおっしゃっていました。私、質問で何度も恩返しと、、。顔から火が出ましたが、とてもためになりました。他の方への御言葉もいつも拝読して、私にとって、沢山の気づきがあり感謝しております。 いつも長くなり申し訳ありません。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る