hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お願い事

回答数回答 1
有り難し有り難し 18

亡くなった夫や両親やご先祖様に願い事をしてはいけないのでしょうか?
私は昔から仕事を頑張ったり宝くじに当たったりしたわけでもないのにいいタイミングでお金に恵まれる事が多々あり、その事をある人からあなたのご先祖様があなたがお金に困らないようにそういう環境にあなたを入れてくれている、といわれたことがありました。それからコロナに罹って後遺症で治療法もなく寝込んでいた時も亡くなった母が私の寝室のドアの隙間から覗いているような気配を感じ、その時までは忘れていたのですが、子供の頃母が連れていってくれた漢方医のことを思いだし、何十年かぶりに行き、薬を処方してもらったら嘘のように回復しました。
それから私は困った時、辛いときに毎日、仏壇に願いを叶えてほしいとお願いしてしまいます。
それはいけないことなのでしょうか?

2024年3月13日 0:56

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私の願いと仏様・亡き方の願いは同じ?違う?

ご相談拝読しました。

困ったときの神頼みではないですが、人間というものはどうしようもない時に、何か大いなる力を期待したり、目に見えないものにすがったりということをするものなのでしょう。

そう祈らせてくれる、願わせてくれる場所があることは有り難いことです。だからお願い事をすることがいけないということはありません。

しかし、「いけないということではない」と「叶えてくれる」は別です。

仏教的には亡き方が私たちの個人的な願い事を叶えてくれるということはありません。仏様もそうです。なぜならばそれはこちらの一方的な願いであって、仏様や仏様となった亡き方の願いではないからです。

もちろん、亡き方はあなたの幸せを願っていることでしょう。でもそれはあなたの都合や欲望を叶えることでそうしようというのではありません。

人間は誰もが都合や欲望に振り回されて苦しんでいます。そうしたものを超えて、より大きく深い幸せに目覚めて欲しいというのが仏様の願いです。

あなたにお金があってもなくても、健やかなときも病めるときも、いつでもあなたがあなたであることに満足してほしいというのが仏様の願いです。

ああなって欲しい、こうなって欲しいは私たちの都合や欲望。でもそれがないとより大きな幸せにも気づけないかもしれません。

だからこちらからのお願い事をいくらしてもいいですが、そこを入り口として、亡き方や仏様は私に何を願っているのだろうな?と視点が切り替わることが大切なのだろうと思います。

2024年3月13日 5:35
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。北海道の片田舎の農村のお寺で住職をしております。 人生...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございます。
そうですね。自分の願いと仏様の願っていることが同じなのかはわかりませんね。ご指摘のとおりこの世で生きるのはともすれば私利私欲にまみれた願いにもなりかねないです。
仏様の望むことはもっと厳しい事なのかもしれません。
けれど、今は家族の幸せを願っている仏様に私が精一杯生きられるよう「力をかしてくれる」存在として毎日手を合わせます。

「供養全般」問答一覧

深い懺悔と感謝

いつもありがとうございます。三月の桃の節句も過ぎ、お彼岸が近づいてきました。hasunohaの皆様におかれましては日々、健やかにお過ごしのことと思います。 一時期、私は人生をひっくり返すほどの思いに駆られたこともありました。今年のバレンタインを過ぎた頃から、今は家族のありがたみを強く感じるようになり、毎日思いやりに支えられ、相変わらず週7日休み無しで外での仕事に励んでいる今日この頃です。 毎日が平和で穏やかな落ち着いた空気、他愛もなく些細なことの積み重ねですが、それらすべてが本当に、職場も家庭も、そして治療院にも、良い人たちにご縁があったこと、ひとつひとつに感謝です。これからも日々の幸せを大切に育んでいくことが、ご先祖様への恩返しにも繋がる明るい人生への道標なのかなと有難く思います。 お世話になった治療家の先生に、しばらくお休みすることを伝えました。その節は本当に、この上なく尽くしてくれたことに深謝の限りです。つい先生の優しさに甘えてしまい、助けたい側と助けられる側の引き合う力がぐいぐい強くなりすぎてしまった節がありました。徐々に私の感情が不安定になり、体調も崩れてしまい、元の近所に戻しました。いろんな人に打ち明けた昨年から年末年始と引き換えに、この春先は自分自身とひとりで向き合う修正が必要になったこと…あらためて自己成長へと繋げる良いきっかけになりました。 今でも毎日、先生のことが心に浮かんできます。それだけ特別な存在であることには変わりありません。頂いた思い出、温かい言葉の数々が、前向きに仕事に取り組む原動力となってくれます。2月といえば、確定申告に自動車免許の更新の時期。両方ともクリアでき、特に下がると思っていた年収が微々たる上昇していました。驚きを隠せず、念願の学びのための貯金も着実に増えていること、とても有り難く思います。 他の先生からみても親しくなりすぎた故に、遠慮もなくなり、お互い言いたい放題で喧嘩状態にもなりました。本音を明かした(ぶつけ合った)ことは、それだけ相手を強く思うからでもあり、アンビバレントそのものでした。ひと月近く、間を空けた今、直筆の手紙で、お詫びとお礼、そして相手の未来の幸せを願う想いを伝えたいです。 共に成長しあえる良い関係でいられるよう、しっかりとした自分となるために、アドバイスいただけましたら幸いです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ