hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

水子は純真無垢な存在でしょうか?

回答数回答 3
有り難し有り難し 32

お坊さんが考える、水子に対しての考え方をお聞きしたいです。

私には、どうしても産んであげられなかった子がいます。ずっと後悔しながら、生きています。

水子供養は欠かさずに参ってますが、どうしても罪悪感や、他の兄弟は産んだのに、どうして自分だけ産んでくれなかったんだ、など、恨んでないかと考えてしまいます…。

以前質問させていただいた時に、水子は一切の負の感情を持ち合わせていないと、回答を頂きました。

水子は、うらやましい、ずるい、なんで自分だけ…と考えたりはしないと思って良いのでしょうか?

自分を罰する気持ちが強く、そう都合よく考えるのは、いけないことだと思ってしまいます。

2019年6月18日 9:39

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

出会い直す

ご相談拝読しました。

ずっとこのことを抱えて頑張ってきましたね。ずっと考えておられますね。

お坊さんから何度水子が恨むようなことはないと説かれても、恨むのではないかと考えてしまう…

それはなぜでしょうか?

答えは簡単です。

確かめようがないからです。本人がどうなっているのかを。なのでどうとでも言えてしまうし、どうとでも考えられてしまう。

すると人はどう考えるか。自分と同じように考えるのです。自分が何かされたら恨むような存在だから故人もそうなのではないか?と考えてしまう。

でも、はたしてそうなのでしょうか?仏教ではどのように受け止められてきたのでしょうか。

葬式仏教が揶揄されたりもしますが葬儀は本来仏教でも大事な儀式だと私は思います。それは亡き人との出会い直しをいただく儀式だからです。

亡き人について生前と同じような存在として出会い続けていくのでなく、儀式を経て仏様としての亡き人と出会い直すのです。

厳密に言えば亡き人本人がどうなったのか、仏様になったのかは確かめようがありません。でも亡き人がその命の終わりを通して大事な事を私たちに伝えてくれたのは確かです。

そこで「亡き人本人」というよりは「私たちにとっての亡き人」を諸仏-仏様の一人として見出していくのが出会い直しです。

そうでないと、結局わからないものを「自分の思い」でしか判断できません。あなたが恨まれるように感じてしまうのは結局自分の想像にすぎません。

あなたの後悔の思いや自分を罰する気持ちがスッキリなくなるとは思いません。でもいたずらにその思いで自分を責め続けることもまた違うのではないかと思います。
その在り方は結局「(自分の想像の)水子のせい」にしてしまう在り方だからです。

確かめようがない事ですが、亡き人はもうすべてのとらわれから解放されて穏やかな世界に還っていった。そしてその命の終わりを通して残された私たちが仏法と出会う縁を紡いでくれた。
そのことをもって仏様としてのその子に出会い直していきませんか?供養もその様にいただいていきませんか?

そのように出会い直せたならば、その子をあなたを恨むような存在に見出すことはなくなると思います。ただ後悔がなくなるかというとまたそれはちょっと違うかもしれません。

そうしたモヤモヤを引っ提げて人は生きていくのです。それでいいのです。

2019年6月18日 11:18
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

すでに生まれ変わっている

仏教では輪廻転生を前提に考えます。
亡くなった水子は、すでに新しい生きもの(人間とは限らない)に生まれ変わっています。
寿命の短い動物に生まれ変わっていた場合、その後にさらに亡くなってまた違う生きものに生まれているかもしれません。
町ですれ違った見知らぬ子供が、実は水子の生まれかわりかもしれません。
目の前を飛んでいる虫がそうかもしれませんし。
で、かなり修行を積んで神通力を手に入れた場合は、前世の記憶を思い出せるらしいですが、普通は、前世のことは忘れています。
水子も、今は違う生きものとして生活しており、あなたのことは忘れているでしょう。
あなただって、過去には水子だった可能性がありますが、忘れているし、仮に思い出したとしても、今さら当時の親を恨まないでしょう?
だから、過去の水子よりも、毎日出会う目の前の生きとし生けるものに対して、
その幸せを願い、悩み苦しみをなくしてあげたいと願い、成功を喜んであげましょう。

2019年6月18日 12:38
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

ご縁

あつこさま

水子さんは純粋無垢であるのかどうかですが、ある一面から言えば、私たち大人と比べてとしてならば、確かに純粋無垢であると言えます。しかし、本能的な煩悩は生まれながらにして持っており、仏教的な側面から言えば、無明(根本的な無知)を有していることは、私たちとさほどは変わらないため、完全に純粋無垢とは言えないところとなります。

水子さんは、今世では、この世に生まれられる命の縁が調わなかったことになりますが、過去世からの業の因縁(原因と条件)により、輪廻する存在である以上は、また別の生を受けている可能性は高いものであるかとは存じます。

では、次の生(あるいは次の生へと向かう中有)において、前の生のことで恨むことがあるかどうかは、まあ、ほとんどの場合前世の記憶は消え去るため、それは無いかとは思います。

ただ、記憶は消え去ってしまってはいても、僅かなりにもご縁があったことの習気(経験が心に染み付いてあること)が業に残っていることはあります。前世での繋がりの縁が来世、来来世にも影響を与えることはあり得ます。ですから、その習気により、また互いに何らかのカタチにての縁があることもあり得るところではあります。

いずれにしても、輪廻にある限りは迷い苦しむ存在であることになるため、この迷い苦しみの輪廻から逃れられるための道である仏教の修習を進めて参りたいものとなります。

その水子さんにも、確かなる仏縁によりて、輪廻の迷い苦しみから逃れるための道を歩められますようにと、これからもご供養をして頂けましたら有り難いと存じます。

同じご仏縁の下で、またご縁が調えば逢えることもあるのだとして。

川口英俊 合掌

2019年6月19日 11:55
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

「水子供養」問答一覧

水子供養し、詫びるべきでしょうか?

私は両親と妹の4人家族でしたが、私には兄か姉と妹以外にも弟か妹いるはずでした。 実は、母は私が産まれる前に一度中絶手術をしていました。その後私が生まれ、その5年後に妹が生まれましたが、私と妹の間に母は一度流産をしていたそうです。中絶の件は私が高校生の時に患った病気の手術の関係で近親者に手術をした者はいないか?と医師から問われたときに、初めて母の過去を知りました。流産の件は明確な話を聞けずじまいなので真相は不明です。 そのため私達家族は、月に一度水子供養をされている京都のお寺さんにお参りに行っておりました。当時私は何の仏様か知らず、何も考えないで手を合わしていただけで兄や姉、そして、弟や妹に何も声をかけていませんでした。それから月日が経った約5年前に父が自ら命を絶ったのをきっかけに、母は全く供養をしなくなりました。そそして私のプロフィールの通り、幼少期からずっと両親と妹から精神的肉体的虐待を受け、家族のサンドバッグ状態でしたので、昨年私が母と妹に対して父も含めて、どのような恨みがあって私に虐待をしていたのか問うと、母や妹は逆ギレをして私を絶縁し、母や妹を信じ切っている親類や知人を味方にして全部私が悪い事にされ、関わりを拒否されて私は孤独になりました。 それらのことがきっかけで、私は最近兄か姉が苦しい思いをしたのに。自分が産まれて来たのは本当によかったのかと思うようになりました。兄か姉も生まれてこの世で過ごしたいと思っていたのに。今も辛く寂しい思いをさせていると思うと心苦しいです。ただ、彼らが私のような辛い目にあわなくてよかったと思いもあります。他の人には私のような体験を絶対にしてもらいたくないのが本心です。もしも、兄や姉が私が家族からほぼ毎日虐待されていたのをどこかで見かけていたら、怯えたり悲しんでただろうと思います。 皆様に質問いたします。 私は一度兄か姉、弟か妹がいるお寺さんに行って手を合わせながら、彼らがこの世にいたら出来たであろう世間話や近況を報告しつつ、兄や姉がずっと苦しんでいるのを横目に自分が産まれてきたことや、母がその後も反省をせずに父と妹と共にして私に虐待行為を行い兄や姉にも悲しませていたことを家族の代わりに詫びるべきでしょうか? 私は彼らとはこの世で会いたかったです。 説明が下手で読みにくい質問ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

生まれてこれなかった父の兄弟(いわゆる水子)

見つけてくださってありがとうございます。 私の父には,生まれてこれなかった兄弟が5人います。 私は人に見えないものが見えてしまう性質があり,小さい頃から父の生まれてこれなかった兄弟を祖父母の家に行った時に見ていました。 私が小さな時は,彼らに不思議で話しかけもせず,見て見ぬ振りをしていました。 しかし,私が高2のとき,色々あり,彼らと話し,初めて彼らの法要を行いました。 その当時,彼らは「いただきます」も言わずにお菓子を食べ,色々な悪さもしていましたが,今ではにこっとした笑顔でお菓子を食べています。(「いただきます」はできるようになりましたが,たまに忘れてそのまま食べてます) しかし,彼らには悩みがあります。 彼らには固有の名前がないことです。 水子に名前をつけると天国で両親を思い出して悲しくなってしまうから名前をつけない,という風習?みたいなものがあり,祖父母は名前をつけていないようです。さらに,水子はこの世に生まれていないからお墓にいれていない,仏壇にも入れていないらしいです。そのため,私が高2のときまで,ずっと放置のような状態でした。 彼ら曰く「名前を呼ばれるのが羨ましい」とのことです。法要の時に紙位牌(私の家には仏壇がないことと,祖父母が彼らにあまり関心がない)を作ってもらい,「@@家水子」と一括りにされています。ですが,彼らは「〜君(ちゃん)」と呼ばれたいそうです。(最近ですが床に大の字に寝そべってバタバタ暴れ,泣きながら訴えてました) 私が名前をつけてしまったら,彼らは私に縛られてしまうような気もしますし,人に名前をつける重みから私は彼らに名前を付けられません。 また,父方の祖父母は彼らの存在(水子の有無)を認めながらも,彼らが見えないことと認知症のために,名前をつけるのは難しそうです。 どうすれば良いでしょうか。 彼ら自身,今まで無視され続けてきたため,寂しがっていて,「ぼくらを忘れてないよね!?」と目に見える形で我々に色々してほしいようにも感じます。 私自身も「彼ら」や「君」と言っているのにも違和感を感じます。 彼ら自身,悪い子ではないんです…。 私や家族を助けてくれたり(母と父が喧嘩した時には,彼らは「こいつ(父)は悪くない!」と父の加勢をしています),友達との楽しい話を聞かせてくれたりしてくれましたので…。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

水子供養について

私は10年前に当時の彼との子を堕胎しました。彼は一般の仕事をしていましたが親が住職をされている方でした。その後、理不尽な別れ方をされたのが納得がいかず、私の親に全てを話すと相手親子は我が家に土下座をしに来てくれた経緯があります。私も水子供養をして頂きましたが、相手もきっとしっかりやっていてくれている事と思います。 10年の中で子供の事を忘れはしませんが私の中で蓋をしていた様に思います。地元から離れてからは何年もお墓参りにも行っていませんでした。たまに実家に帰ったらお仏壇に手を合わせるくらいでした。 結婚した今、主人はこの事を知りません。しかし数ヶ月前に子供を出産した今、我が子の可愛さに「あの時の子もきっとこんなに可愛かったんだろうな」と考えるようになり、改めてなんて事をしてしまったのだろうと死にたくなります。しかし、今いる子供の為にそれはしてはいけません。こちらで他の質問者の方へのお坊さんの返事で、年に1回くらいはお参りをする様にと見ました。 私も実家に帰った際にお参りに行けば、その位の頻度でなら行けるのですが、主人はきっと気づくと思います。ゆくゆくは子供も、あそこはなんなのだろうと思い始めると思います。主人には、話したら主人にもこの罪を背負わせる気がするので墓場まで持っていく秘密にするつもりでしたが、話してお墓参りに行った方がいいのでしょうか?今住んでいる所の近くにだったら、1人でいけるお寺があるのですが、きっと宗派とかも全然違う、縁もゆかりも無い所です…そこに行くのは意味はないですか? また、「毎日手を合わせる」というのは、お仏壇も神棚もない場合はどこに合わせたらいいのでしょうか? 今いる子が可愛くて可愛くて、その分本当に辛い気持ちになります。主人にも隠して結婚した罪悪感でいっぱいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る