お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

別々に暮らす事になる娘と向き合うには?

16歳の『てんかん』の合併症による知的障害の娘を持つ母です。
娘の知能程度は、約5〜8歳です。
娘は、出生時には問題無く生まれ、度重なる発熱による熱性ケイレンにより、上記の症状を持つようになりました。
最近は、薬のせいか成長と共に現れたのかハッキリしませんが、突然ささいな事で怒り出し暴力的になって、暴れ出したり、急に出掛ける支度やら、風呂へ入る支度をしたりと、衝動的な行動を起こすので、それを防ぐために家族中が暴力に耐えながら、怪我を負いながら、娘を見てきました。
特に私への暴力は、酷く殴る蹴るは、もちろんの事、噛み付いてくる事も直近では出て来ました。
そうした中で、これからの生活に家族が不安を感じ、役所に相談し、また地域の障害者相談センターにも相談して、このままでは、家族も娘本人も、いずれ大変な事に成りかねないと判断し、役所の方から、突如医療措置として対応し、専門の病院に入れて、適切な治療を施した上で、施設に入所させた方がいいという結果になりました。
その為今は、病院に入院しています。
そこへ行くとは、本人には分からず、いつもの通り朝、地域の障害者向けのデイサービスに行ったきり、そのまま私や家族とも会っていません。
出掛ける朝は、機嫌が悪く、やおら押し込むように車に乗せました。
今となっては、あれが最後です。
チビの頃は、表情も豊かで可愛い子でした。『てんかん』の病気を持っていても、みんなに愛され優しい子でいた娘は、最近は顔の表情は、いつも険しい顔で、笑う事も少なく、睨みつけるような顔も多くなりました。
どんどん変わっていく娘の姿に悲しくて、昔が恋しくて、ただ『てんかん』を治したかっただけなのに、病院で出される薬を、あれやこれやと、いろいろ飲み、いつしか元々の病気より精神的病の方が比重が大きくなって、薬も強くなって来ました。
まだ娘とは、面会は出来ませんが、今は無気力な娘の姿を見るのが怖いです。可愛がっていた犬も、別れてからは、娘の姿を探しません。
主人は、「きっと、〇〇(犬の名前)は、娘と残された家族4人の未来を考えて、家族を優先したのではないか?」と言っていました。
一生会えない訳ではありませんが、別に暮らしても、逢いに行けば元気な昔の娘に戻っていてくれたらと思い、不安や葛藤を今抱えて苦しいです。子供を手放したこんな不甲斐ない母親に、御助言頂けたら幸いです。

心構え・生きる智慧
有り難し 18
回答 1

質問投稿日: 2019年8月11日 0:44

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたの深い愛情、親心は、娘さんに届いているわ。親子だもの。

そうですか、そんなことが。。。
一つの原因が、いろんな方向へ、変えていったのですね。
愛するわが子に、変わりはないのにね。
娘さんのこれからのためにと、頭では理解しても、見放したように感じてしまうのですよね。昔を思い出しては、胸が締め付けられるのですよね。あんなことさえなければ と。
今も、娘さんを騙してしまったようで、苦しいのではないですか。

それだけ、大事な子だからですね。
愛しているからこそ。
抱きしめてあげたいのですよね。

娘さんは、一人で泣いているわけではありませんよ。
みんなで相談して、娘さんにとって より良い環境を整えたのです。
笑顔を守るために。

あなたの深い愛情、親心は、娘さんに届いているわ。
親子だもの。

私からも、
娘さんのために、ありがとうと言わせて。
手放しただなんて、自分を責めなくていいのですよ。
あなたは、今でも、これからも、
お母さんなのだから(﹡´◡`﹡ )

1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

御住職から受けた言葉は、安心致しました。ありがとうございます。
これで良かったのか、私や家族の努力が、足りないのではないか?、まだ方法はあったのではないか?といろいろ模索してしまったり、迷いも出て来てしまったりと不安で一杯でした。お会いした事もない私に、温かい言葉を頂き、心から仏様って、有難いなって感じました。本当に、ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ