hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

愛犬の死をつぐないたいです

回答数回答 1
有り難し有り難し 21

先日、愛犬を自宅で家族と看取りました。
13歳の小さなかわいい子、うーたんといいます。

土曜日に異変を感じ、その後容態が急変し、月曜日の朝に息を引き取りました。
脳腫瘍でした。
土曜日曜と連日で病院に行ったものの、病名の候補をいくつか告げられ、はっきりとした診断はありませんでした。つらい検査だけで、大変なストレスだったことと思います。ふらふらする足元で階段から踏みはずすこともありました。自分のせいで、死期を早めてしまったに違いありません。
あのとき病院に行かなければ、あのときゆっくり寝せておけば、、あのときちゃんと見ていれば、、あのとき獣医さんが、、あのとき、、あのとき、、と後悔と懺悔ばかりです。
私に出会わなければもっと幸せだったのではないだろうかと、出会ったことさえも否定してしまいます。
小さな命をまもることを心に、これまで大切に大切に育ててきましたが、最後の最後で取り返しのつかない、命にかかわる過ちをおかしました。
あんなに優しくて愛のかたまりだった子が、なぜあんなに急に苦しい死となってしまったか。
自分のせいで。自分が性急に病院に行ったりしたから。あんなに病院が嫌いな子だったのに。もっと冷静にうーたんの気持ちだけを考えて行動したらよかった。

悪夢のように土日のことが繰り返し繰り返しループし、自分の人生があの2日間だけになったようです。このループが、脳腫瘍による旋回の症状と重なります。

悲しみを癒すとか乗り越えるなんて、そんなおこがましいことは考えていません。
うーたんにとって一番よいことを教えていただけますでしょうか。
お話を聞いてくださってありがとうございます。

2020年5月2日 11:10

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

命の事実

はじめまして、ご相談拝読しました。愛するワンちゃんのご命終に謹んでお悔やみ申し上げます。

愛するペットとの別れは辛いもの。私も大学生の頃に愛犬を亡くしました。実家で親が看取ったのですが電話で話を聞き涙し、あとから動画をみてまた号泣したものでした。

さて、

>最後で取り返しのつかない、命にかかわる過ちをおかしました。

とのことですが、本当にそうでしょうか。命の領域ですから神のみぞ知るというか、人知では分からない部分が大きいです。それにわかったところで思う様にできるものでもありません。
結果論から激しく自責し後悔なさっていますが、その時のあなたとしては責任をもって出来る限りのことをしたのではないでしょうか。

また、亡くなり方やその時の様子の印象も大変お辛いものであった様にお察ししますが、ワンちゃんの生きてきた命の時間の全てが、いわゆる死に様の一点をもって全てその評価に覆されてしまうとしたら悲しい事です。

ワンちゃんがあなたと幸せな時間をこれまでずっと過ごしてきたことは間違いのない事実ではないでしょうか。そのことを忘れずにいてあげましょう。

命あるものはやがて命終えなければいけない。どんな命も、老い、病み、死すことは避けられません。そしてそのタイミングや有り様も思い通りになどできないものです。

別れの悲しみは辛いものですが、その悲しみに目が覆われて視野が狭くなり、自分の思いだけにとらわれてしまうことをワンちゃんは望むでしょうか。ワンちゃんはどんなあなたが好きだったでしょうか。

けして無理に明るくする必要などありません。悲しい時は悲しいままに、寂しい時は寂しいままにでもいいのです。自然な気持ちの中で亡き命に手を合わせ、そこから問いかけられてくるものを受け取っていきましょう。

ワンちゃんだけではありません。私もあなたも毎次毎秒こくこくと老病死する命を生きています。
ワンちゃんは先立ってその事実をあなたに伝え、そしてその限りある命をあなたはどう生きる?なぜ生きる?と問うてくださっているのです。

その問いに性急に答えを出すのでなく、問いを引き受けていく歩みが大事です。そこに亡き命と共に歩むということがあるのではないでしょうか。ワンちゃんはもうあなたを離れては存在しません。あなたに問いかけ、促すはたらきとなってずっと共にあるのです。

2020年5月2日 13:04
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

質問者からのお礼

吉武文法様
この度はあたたかいご回答と問いかけをありがとうございます。
どんなわたしが好きだったか。いつも愛犬のために即興の歌を歌って、楽しい時間を過ごした自分。楽しそうに笑っている自分。そんな自分を好きでいてくれていたと思います。
愛犬が歳をとっていくのをどこかで否定して、この時が永遠だと現実逃避してしましたが、愛と命を教えてくれた愛犬に感謝して、少しずつでも愛犬に恥じないように行きていければと思います。
まだまだ落ち込んでは、いただいたコメントを何度も読むと思います。
本当にありがとうございました。

吉武文法様
今日も読み返しています。ありがとうございます。

「ワンちゃんはもうあなたを離れては存在しません。」
という箇所を
「あなたを離れて(しまって)存在しません。」と読んでいたので、そこだけとても悲しい気持ちになっていたのですが、今日きちんと読み返して、共にあるということをかみしめています。

あらためてお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

「ペット・大切なものの死」問答一覧

愛猫の死について

いつも、心温まる回答をいただいて救われています。本当にありがとうございます。そんな中、また相談したいことがありご連絡しました。 先日、愛猫が急死しました。15歳で猫の中では平均寿命より長生きはしましたが急なことで未だに心にぽっかり穴が空いたようです。腎不全が見つかったのが昨年の12月、そこから腎臓に負担のかからない食事と水分補給を心がけ、ご飯もよく食べよく動き1ヶ月に1回の血液検査も悪化してる訳でもなく「まだまだ一緒にいれる」と思ってました。 それが突然7月末から食べなくなり、動きも鈍くなり食欲増進剤を打ってもらってもご飯を食べず、仕事中も心配で心配で四六時中その子のことを考えてました。 亡くなった日の朝も、急な嘔吐・お漏らしで動かなくなり「もうダメだ」と思いました。しかし、しばらくして水を飲み始め普段通りの様子に戻ったので少し安心し、念の為病院に連れていき点滴をしてもらいました。しかし、病院から帰りしばらくすると舌を出した状態で息が荒くなり脈が早くなり目が見開き、これはいよいよだと思いました。その状態になってから30分くらいで私に抱っこされながら息を引き取りました。 私は、自分のエゴで病院に連れていき、美味しくもないご飯を食べさせしたくもない点滴をさせていたのではないかと、どうせならもっと美味しいものを食べさせてあげたかった、痛い思いもせず自由にさせてあげた方が良かったのかと今になりモヤモヤとしています。あの子の為に果たしてなっていたのか、言葉も分からないからもっともっと注意深くしてあげれなかったのか… 未だに涙を流さない日はないですし、家に残っている抜け毛を見つけては保存しています。家にいてもどこか寂しく虚無感が絶えません。遺骨も土に還すことが出来ず、私の部屋にあります。 このやるせなさや空虚感は時間が解決してくれるものなのでしょうか。それとも、私自身が自発的に気持ちを整理する必要があるのでしょうか。正直、自分から楽しいことしてみようとか美味しいもの食べようとか考えてもどうしても頭から離れず塞ぎ込んでしまいます。 これから、私はあの子の死とどう向き合えばいいのでしょうか。長々となり大変申し訳ありません。お時間ある時にお目通し頂ければと思います。ここまで読んでくださりありがとうございました。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

お盆に亡くなった愛猫の意味

昨日お昼に、14年連れ添った愛猫が旅立ちました。 数分前に大好きなおやつを食べたり、お気に入りのソファへジャンプしたりと、まさか亡くなるとは誰も思っていなかったです。 今思うと、暑さに体力がついていかず、力尽きてしまったのかと思います。 直前には、私をじっと見つめ、寄り添い、挨拶をしてくれたのが頭から離れません。 数時間後には火葬・読経を終え、御骨をペットの共同墓地に納めてもらいました。 今はやっと気持ちの整理がつき始め、仏様にうちの猫をよろしくと伝えております。 しかし、ひとつ気がかりなことがあります。 それは、お盆に突然亡くなったのは、果たして善いのか悪いのか?ということです。 ネットで調べたりもしましたが、お盆には鬼?がこの世に来るなどの言い伝えがあったり、その一方で、先祖が生きているものを迎えに来てくれたなど様々でした。 私の愛おしいあの子は、果たして正しく導いてくれる方が迎えに来てくれたのでしょうか。私が生をまっとうした後、仏様のもとでまたあの子と会えるのでしょうか? 心配でなりません。 お坊様方、どうか無知な私どもに ・お盆に亡くなるという意味 ・あの子が今どうしているのか お教えくださいませんか。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

愛犬を殺してしまった?

小学生の頃から12年間 飼っていた犬がいました。 その犬が、ある日の夕方土砂降りに うたれ小屋にも入らず外にいたので おかしいと思い玄関に入れると、 しばらく経ってから下痢と嘔吐を し始めました。 既に動物病院は閉まっていて、 自分の住んでいる所で 夜間動物病院は1件しかありません。 その病院は他の病院の倍額以上 支払わなければならないため、 翌日の朝イチでかかりつけの病院に 行くことにしました。 ネットで調べた情報で、 下痢や嘔吐をしている場合 病院に行く前は水分も食べ物も 与えない。と書いてあったため その通りにしてしまいました。 翌朝、愛犬は死んでいました。 庭に土葬し、その日から毎日 愛犬の写真と遺毛の前に 欠かさずお水とお線香を上げています。 愛犬が死んでから1ヶ月経って ふと思ったのは、 愛犬は脱水症状で死んでしまった のではないかということです。 病院に行く前に飲食物を与えないと 言うのは、当然すぐ病院に行く場合 であるはずです。 水も与えずに下痢や嘔吐をしている犬を 夜から朝まで放っておいたら 死んでしまうに決まっている と思いました。 私はなんてことをしてしまったんだと なんであの時そんな簡単なことに 気が付かなかったんだと なぜ高いお金を払ってでも 夜間病院に連れていかなかったんだと 後悔と申し訳なさでいっぱいです。 私が愛犬を苦しめ 殺してしまったんじゃないかという 気持ちが重く心にのしかかったまま 過ごしています。 私は愛犬にたくさんの愛を貰ったのに 自らの手で愛犬を苦しめ殺してしまった。 愛犬は私を恨むような子ではないけれど それが更に辛いです。 いっその事罰してくれたらと 思ってしまいます。 愛犬は天国へ行けたでしょうか? もう苦しみや痛み、悲しみ、寂しさなど ネガティブなものからは 解放されたのでしょうか? 死んだペットたちが飼い主を待つと 言われている虹の橋で、 自分を殺した飼い主を 待っていてくれるでしょうか? 私は彼をもう一度抱きしめたいです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

亡くなった愛犬に謝りたいです

1ヶ月ほど前に11歳のゴールデンレトリバーの飼い犬を看取りました。 てんかん発作で脳腫瘍が発覚して寝たきりになってから、短い間でしたが最大限可能な 限りの介護を行うことで少しでも恩返しをする事ができたと思っていました。 亡くなる時は昏睡して安らかに逝くか、てんかん発作が止まらなくなりそのまま苦しみながら逝くかのどちらかだと獣医に言われており、亡くなる5時間ほど前からは意識もなくなり、何度も呼吸が詰まっては息を吹き返すような状態を繰り返していました。 しかし、息を引き取る数秒前に突然目を開き、動かなくなっていたはずの前足を懸命に動かして上半身だけでも起き上がり、体を捻り、大好きだった母親の方へ顔を向けようとしたのです。 私はその行動が最期の力を振り絞ったものではなく、てんかん発作が起こってしまったと勘違いしてしまい、獣医から言われていたことを思い出し、倒れて怪我をさせてはいけないと咄嗟に抱き抱えてしまいました。 私は普段から愛犬が起きあがったり、後ろ足で顔を掻いたりするときに体を支えてあげていたので、そのとき抱えられて安心したのか愛犬は私に体を預けるように力を入れるのをやめ、私は支えるつもりで抱えたわけではなかったため、そのまま愛犬は母親の方を向くという最期の願いも叶えることができずに横たわり、亡くなってしまいました。 愛犬の最期の行動の意味を理解したのは亡くなった後で、そのときに私が最期の行動の邪魔をしてしまったことに気がつきました。 信頼して体を預けてくれた愛犬の思いを汲み取ってあげることができず、挙げ句の果てに邪魔さえしてしまったことに後悔が尽きません。愛犬のこれまで生きてきた犬生の全てを否定してしまったような気分です。 生前の楽しそうな写真や動画を見ても、最期には私に邪魔をされて無念のまま亡くなってしまうのだと考えてしまって、やるせない気持ちになってしまいます。 私はどうしたらよいのでしょうか、どうにかして愛犬に謝罪の念を伝えることはできないでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

大好きだったペット死なせてしまった

もう、今から8年ほど前です。  懺悔させてください。 大好きだったうさぎを私の不注意で熱中症で死なせてしまいました。 その子は、とても人懐っこい子で飼い主私の心の不安などをよく気づいてくれる子でした。 掃除が終わった後、いつも日陰においていました。しかしいつもは、誰かがいて、日陰がなくなれば日陰にとうつしていました。しかし死なせてしまった日は私はおろか家族もだれもいずに日陰にうつしてあげる事ができず死なせてしまいました。 暑い中苦しませてしまいました。 大好きで、私が元気になれるよう助けてもらっていたのに私は最悪なことをその子にしてしまいした。 そして、その大好きな子には番の大好きお嫁さんがいてその子からも奪ってしまいました。 そして数ヶ月後最悪なことに、番のお嫁さんも死なせてしまいました。 私がもっと強く家族に掃除が終わったあと外にださないでと言えず熱中症で死なせてしまいました。熱中症で、大好きな子を死なせてしまったので、家にいれておいてと訴えたのですが、何故か外に出されていました。私がもっともっと強く家族に伝えていればお嫁さんだけでも助かったのにと後悔しています。 それなのに私は、いつまでも生きていて、自分だけが幸せになるのが許せなくて死にたくなります。私がかわりに死ねばよかったとおもい本当に代わってあげたいです。 毎日、毎日心が締め付けられるような痛みになります。誰も怒ったりしないで罰をうけていません。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る