hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

水子供養をしたいのですが、、、、。

回答数回答 3
有り難し有り難し 39

私は、今から12年ほど前、当時交際していた彼氏との子供を中絶しました。本当は産みたかったですが、経済的な理由で周りから大反対され、最後は子供の幸せのためと言い聞かせて、中絶の道を選びました。

その後彼とは別れてしまい、忙しさや体調不良を言い訳に、永代供養をしていませんでした。

8年前、1年間の交際を経て今の夫と結婚しましたが、結婚して8年になる今もまだ子供ができません。

世間では、水子を出すと水子が子宮に住み着いて、二度と子供ができなくなるという説もあれば、水子に祟りなどないという説がありますが、結局はどちらなのだろう、、、、。確かに供養を10年以上しなかった私は酷い人間だと思います。でも、必死に前を向いて努力してきたのに!それでも幸せになってはいけないの?!私は自分の子供を産むことさえ許されないの?!どうして私の幸せになりたい気持ちを邪魔するの?!どうしていつまでも私の側を離れてくれないの?!と、あろうことか水子に対して怒りを持ってしまうような私は、供養に行くにはふさわしくないですよね。

自分の都合で子供の命を消すような私は、一生罪を背負わなくてはいけないのですか?

2020年5月4日 5:58

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

因果関係を見定める

はじめまして。ご相談拝読しました。

12年前のことは大変お辛く、悔しく、悲しかったですね。何とも言葉にできないほどの思いをされた事と思います。
供養はしていないとは言っても忙しさや体調不良の中でもずっとあなたの中でこのことが課題としてあったからこそ、今回のご質問として表れてきたのでしょう。

本当は産みたいのに産まないという決断をくだすこと、これは人間の社会ではあることだと思います。あなただけを責めることなどけしてできません。でもその事実を正しく見定めるならば厳しい言葉になりますが、それは大人の都合なのです。

その事実に「子供の幸せのため」という考えを重ねて対処しようとしても、事実を受け止められていないからこそ、今度はその考えによって逆に「(幸せを願っての決断だったのに)子どものせいで…」というようになってしまうのです。
つまり、あなたは産んであげられなかった子どもに振り回されているのでなく、自分の考えに振り回されているのです。

供養するのにふさわしいとかふさわしくないとかありません。むしろ自分の都合に振り回されてしまう弱い存在の私たちだからこそ、亡き命からの問いかけ・促しを聞かせていただくために供養の場に身を置くのではないでしょうか。そして供養を通して厳しい命の事実と真向いにさせていただくのでしょう。

さてさて、物事の原因と結果の因果関係を正しく見定めるのが仏教の教えです。お子様を授からない不妊の原因は亡き命ではありません。
不妊には不妊の原因があるはずです。もちろんそれは人知…つまりは現代の医学をもってしても分からない場合もあります。
しかし大切なのはきちんと病院で調べることです。既に受診済みかもしれませんがそうでなければご夫婦お二人で受診しましょう。不妊の原因は男性側にある場合も、あるいは夫婦の血液型(Rh因子)不適合の場合もあります。必ず検査をすることをオススメします。

もちろん供養よって事実に真向うことで、心の区切りが精神的に良い作用をして妊娠につながることも万が一つにないことはないかもしれません。しかしそれはあくまでも副産物であって、供養の目的は命の事実に妊活こと、妊娠のためにすることは受診と正しい妊活です。

罪を背負うとは不幸がもたらされることではありません。自分の弱さに向き合っていくことです。
あなたのこれからを念じております。

2020年5月4日 9:10
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

おはようございます。

質問文拝見しました。

私は水子そのものは祟らない立場の僧です。水子は恨んでませんよ。
ご質問文を読ませていただく限り、水子さんのことを十分気にかけていらっしゃいますし、何より、水子さんとお別れしたときは八重桜様もお辛く悲しい思いを持たれていらっしゃたこともご質問文より伝わります。
大丈夫。水子さんは責めてませんよ。

とはいえ、不安になる気持ちもわかります。

水子さん一人が八重桜様の人生を振り回している訳ではないですが、頑張りが報われていないとき、不安になるのも致し方ない部分もあります。

明日はこどもの日。
今年はお勤めをします。
これから世に出る備えをしている子、生まれた子、生き辛さを感じている子、すでにこの世とお別れした子、さまざまな子のことを思いながらお勤めします。
子どもだけでなく、親の健やかさも願うとともに、八重桜様ご夫婦の願いが成就されるよう、微力ながら念じます。

深い呼吸、睡眠、生活リズム、うまくアドバイスできずすいませんが、健康な心身を願います。

2020年5月4日 8:03
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


あれこれ指図されるのは苦手です。 誰かが責められたり、傷つくことも悲しい...

大切なのは純粋な思いと祈りです。

初めまして、お早う御座います。

御供養とは、お金を掛けて立派にする事や、立派なお仏壇やお墓を購入する事では御座いません。純粋な心と祈りが一番大切です。

この身体には、幾度となく試練を乗り越えて来た先人方やご先祖様の生き抜いた証であり、さらに父母の願いと想いが重なって宝くじが当たる何百倍という確率の奇跡の命であり奇跡の中に生かされています。

お母様とお子さまそれぞれの絶妙なタイミングやチャンスが重なり・・この世に生が受けられます。仏さまがどちらかのタイミングなどが調和されていないと判断されると・・生が受けられないのです。人は亡くなると終わりではありません。彼岸(あの世)で、傷ついた魂が癒されて、新たなストーリーに向けて描き歩み出します。そして・・生まれ変わるのです。水子様は、しがらみも苦しみも辛さもなく、本来の姿でそのチャンスに備えているのです。

あなたの事を決して恨んだり、憎んだりはしていません。大切な気付きを与えて頂けましたね。その気付きを決して忘れずに、心と身体が癒された今・・しっかりと立ち止まって瞳を反らさずに人生と言う冒険旅行のもう一人の自分と向き合って、それぞれが新たなストーリーを歩み出す為に、御供養をされてください。

命の時間は制限がありません。お互いがもう大丈夫・・そう思った時に、大切な一歩を歩み出すのです。そして、笑顔で新たな家族と日々を過ごされる事を水子様も望んでいます。願っていれば・・あなたの元に生が受けられます。タイミングとチャンスがいつ訪れても良いように、掴んで育んで行って欲しいです。

人生も運命も自分自身も、いくらでも変えられます。結果をすぐに出そうと急がずに、大切な心を惑わされたり奪われずに、あなただけしかない良さがあります。その良さを活かして、この問題も留まる事なく動き出します。笑顔で、お子さまを抱っこして家族で微笑む姿をイメージされて、過去でもない、未来でもない、二度とないこの瞬間をあなたらしく人生と言う冒険旅行を仕合せに歩めますように、お祈り致しております。

水子様に心から・・南無大師遍照金剛

合掌

2020年5月4日 8:00
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


永寛
皆様、初めまして。ストレスの多い現代・・お寺とはご葬儀や法事のみではなく、...

質問者からのお礼

厳しいお言葉、温かいお言葉、全てにとても感謝いたします。自分の気持ちに整理がつかず、悲しさやイライラを周りにぶつけてばかりだったのですが、相談して本当に心がすっきりと落ち着きました。

本当にありがとうございます。
いただいたアドバイスをこれからの日々に活用します。

「水子供養」問答一覧

水子への想い、供養、自分の欲

先日、稽留流産の手術を受けました。 私の中で確かに生きて、精一杯の命で一生懸命に生きてくれた我が子のことが大好きだし、これからもずっと私達夫婦の宝物です。 数日前まで私の中にいて、ずっと一緒に過ごしていたのに、もう私の中にはいないのだと思うととても悲しいです。でも、私の中にはいなくても、今もずっと側で一緒に過ごしているような気がします。 供養もちゃんとしたいのですが、どのようにするのが一番良いのかと、今考え中です。自分が心から安らぎを感じられるようなお寺でしたいと思っているので、探すのに時間がかかってしまうかもしれません。 ここでしたいと思うお寺が見つかった時に、水子のことを思ってそこで手を合わせるだけでも供養になるのでしょうか? 自分の欲についてですが、こんなに悲しい中でもお腹は空きます。妊娠中つわりで食欲がない中でも、お寿司だけは食べたい気持ちがあり、でも妊娠中なので我慢していました。 今はつわりがなくなり、お寿司を食べたい気持ちが一層強くなってしまいました。 また、もうすぐ結婚記念日で、私にとって大切な日で、毎年主人と二人の時間を作って過ごしています。 まだ水子の供養もちゃんとできていない中で、悲しい想いもある中で、でも私にとって特別な結婚記念日も特別な日として過ごしたいと思ってしまいます。 水子の供養がちゃんとできるまでは、自分の欲も我慢するべきでしょうか? こんな中で、こんなことを考えてしまうことにも罪悪感があります。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

何度も何度も赤ちゃんを失っています

初めまして。 宜しくお願い致します。 結婚6年目の今年4月、2回目の死産をしました。 お腹の赤ちゃんが突然心臓を止めてしまいお腹の中で亡くなっていたのです。 これで連続2回目です。 プロフィールにも書いてありますが、天国に4人の赤ちゃんがいます。 4人も授かったのに私の腕には誰1人といません。 死産の原因は私の不育症です。 今回しっかり不育症の対策して薬も飲んでいたのにダメでした。 対策しても亡くしてしまい、もう絶望しかありません。 人生子供だけじゃないのは百も承知ですが1人だけでもいいから生きてる我が子をこの手で抱き締めたいんです。 健康で元気な赤ちゃんを抱き締め笑顔で病院を退院したいんです。 人生は修行。 旅行先で訪れたお寺の方の説法で聞きました。 人生が修行なら私の人生辛すぎます。 どうして私だけ当たり前の事が出来ないのでしょうか? 明日への希望、生きる活力が沸いてきません。 「どうして?なぜ?」を考えても仕方がない事は分かっていてもどうしても考えてしまいます。 私は元来明るい性格だと思います。 日々に感謝し生きる喜びを感じたいのです。 でも今までの経験からもうそれが出来そうにありません。 真っ暗なトンネルを歩いてるようです。 どうしたらいいのでしょうか?

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る