hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

塾が怖い

回答数回答 1
有り難し有り難し 3

勉強への向き合い方の相談です。
私は通信制高校の二年生です。

国公立に大学進学したいのですが、勉強が出来ないため塾に通う必要があります。中学の時から通っている塾があるのですが、長いこと行けていません。というのも、中学のトラウマが蘇って死にたくなるからです。

とは言え、もう高2、レベルの高い大学に入りたいとなれば勉強にも向き合わなければなりません。
そこで今日、いこうと思っていたのですが、考えるだけで頭が真っ白になってしまいます。

周りは赤の他人ばかりですが、皆どうしてこんな問題も解けないんだと睨まれているようで、中学の授業の時の恐怖が蘇って涙が出てきます。

どうやったら塾が怖くなくなるでしょうか、勉強が恐ろしいです。

2020年5月18日 17:03

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

勉強というモンスターと勇者

拝見いたしました。
トラウマって本当に厄介ですよね。
どれだけ頑張ってもトラウマの思いが消えない…私も苦労した覚えがあるので共感できます。

私は国立大に進学したのであなたの未来の先輩です。
ですが先輩だからこそ、厳しい事を言います。落ち込まないでください。
塾が怖くなくなることはありません。
勉強がかわいくなることもありません。
勉強を選んだあなたは、酷なことに、勉強の恐ろしさを克服しなければいけません。

私が直接伝えたのは、受験勉強の厳しさを知っているからです。
先ほど国立大に進学したと言いましたが、日本の大学ランキングでトップ3に入っている名門です。
その熾烈な受験勉強をしてきたから言えることです。

勉強しなかったら成績表や模試の結果として、未熟さが容赦無く突き返されます。
勉強したとしても、出題次第では実力が発揮できないこともあります。
ここはかなり落ち込むポイントです。
ですが、その傷を負う覚悟がなければ、到底合格できません。
なぜなら、受験勉強は競争だからです。
傷を負うことから逃げることは簡単です。ですがそれでは強くなれない。勉強を後回しにして合格はできません。
競争に勝つには、勉強して実力を知り、傷を負って回復し、強くならなければならない。
それが受験勉強、克服しなけれないけない理由です。

私は3年の夏までD判定でした。
ですが秋にはB判定まで上がっていました。
底力がついていました。
傷を負いながらも地道に続けた努力が、それなりの大学を倒すほどの体力をつけていました。

傷を負う覚悟で勇者が立ち向かうのは、自分の体よりも傷つけたくない大切なものがあるからです。
受験勉強において、それは大学生活です。
あなたが志望した大学で、どのような日常を過ごすか想像してください。
苦しさを乗り越えて、大学生活をエンジョイすることをイメージしてください。
大学でやりたい事を紙に書くとなお良いでしょう。
目標を確立できたら、塾にいきましょう。
ここはあなたの冒険です。傷を負うかもしれない。でも経験値はたまります。
目標のために勉強というモンスターを倒しましょう。

勉強と立ち向かうことができたなら上出来です。
次に勉強をしていて、模試などで実力を突きつけられた時はまたハスノハで気持ちを吐き出してください。
その時は立ち直れるよう、全力でフォローします。

2020年5月18日 17:41
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


質問者からのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね……私は芸大志望で絵の勉強もしていますが、好きな絵でも苦しいことが沢山あります。今描いているF50号の油絵も、過去の自分の思いだとかを描いているのですが、とてもとても辛くなることがあります。それでも描き切ろうと思っているのは、昔の自分の苦しみをどうにかして救いたい気持ちがあるからです。
受験には実技試験がありますが、それに対して頑張ろうと思えるのは、死ぬまで絵を描いていたいから、絵について学びたいからです。
そういう、どういう結果を自分が望んでいるかを、勉強に対しては具体的に考えていなかったと回答を読んで気づきました。でも怖がってたら、ずっと勉強というモンスターは倒せませんね……
ありがとうございます。頑張ります。

「勉強の悩み」問答一覧

疲弊する日々から逃れたい。

わたしは今大学に通っており、オンライン授業を受けています。わたしの所属している専攻が大学の学部内で一番忙しいと言われていることもあり、膨大な課題に疲弊する日々です。 そのため、部屋の隅で一日中パソコン作業を行う生活が2ヶ月半経ちました。 友達と会うことも出来ず、他人ともロクに合わない毎日です。そんな生活を続けて居るため、友達との唯一のつながりがSNSなのですが、友達が楽しそうにしている姿をみるとひどく恨めしい気持ちになります。 実家から通う同期が家族とご飯を食べている姿や充実した生活を送っていると本当に憎くて憎くて仕方ありません。わたしはこんななのにどうして貴方は幸せそうなの、とつい考えてしまいます。 こんなこと思う自分が一番醜く憎く、情けないです。 ほんとうに消化しきれない課題を抱えているため、寝ることにさえ罪悪感を覚え、最後に布団に入ったのはいつだったか思い出せません。 こんな生活からか、自分からか、わかりませんが何かから逃げ出したい、許されたいという感情が漠然と浮かび上がってきます。 もう許されたい、ゆるされたいんです。 逃げ出すことは無理であり、逃げは良くない、ことも承知しております。 支離滅裂な話ですみません。 わたしのようなものの話を吐き出せる機会をくださり感謝します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

こんな自分消したいです

私は現在オンラインで授業を受けている大学生です。 突然ですが、私は自宅で勉強することが集中出来なかったり、だらけてしまうため、苦手です。 受験生の時にはそれがわかっていたため、学校や塾、図書館など外で勉強していました。 しかし、今は状況的にも軽々しく外に行けないので、家で勉強しているのですが、やはり集中できず、学校から出される課題が思うように進みません。 でも外で勉強したいというのは私のわがままですし、外なら課題が進むというのは課題をやらないただの言い訳ではないかと思ったら、もう自分の傲慢・怠慢さに嫌気がさしてきました。 勉強したいものを勉強するために希望する学科に入学でき、勉強できる環境下に自分はいるのに、なんで頑張れないのか自分に怒りすら覚えます。 世の中には学校に通いたくても通えない子もいて、そういう子からすれば、私はすごく恵まれた環境にいるのに、課題をやらず、それに対して言い訳をしているクズのような人間です。 家だから集中できない、サボってしまう、のは全部私のせいなのに、オンライン授業のせいだ!と学校側に不満を抱いてしまう最低な人間です。 このように課題も思うように進まない中、先日から自動車学校にも通い始めました。ですが、初めて受けた技能の授業で、何度も失敗し、教員を困らせてしまいました。 その教員に迷惑をかけてしまったことと、教員に指導したくないと思われていたらどうしようという不安が大きく、そのせいか教員と話すことが怖くて、自動車学校に通えていません。 大学にも通い、自動車学校にも通わせてもらっているのに、些細なことでやる気をなくし、恵まれた環境に甘んじて、傲慢・怠慢な生活を送っている自分が嫌になります。こんな自分さっさと消えればいいとおもいます。 こんな私が生きててごめんなさい

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

学位を上げると人は変わるのか?

学生時代の38年来の友人で彼女は働きながら、再び勉強しDrになり大学で教授の手伝いをしながら、学生の指導に当たってます。 私は、結婚以来専業主婦でした。子供も社会人となり、やっと自分の時間が出来再び、大学で学び直したいと思い、通信でやりたいと思い夫も賛成してくれて、大病した後なので、私の体調も踏まえ首都圏で希望する科があり通信で勉強出来るところがたまたま、友人が指導している大学でした。 HPでは、卒業までのおおよそかかる費用や様子がupされてないので編入で卒業までかかる金額と勉強の事を聞くと、教えてはくれましたが、何故その学部なのか? どれだけ勉強が大変か延々と言って来ました。 そして、その大学でなくても良いのではないか…? 他大学の公開講座でも良いではないか…? 学位が欲しく来るのか? と人の気持ちをその大学から逸らすような事ばかり言い、進学する理由も説教されてしまいました。 昔からの友人が再び学生になり同じ大学の師弟の立場になるのは、そこまで嫌で しょうか??? 通信ですので仮に顔を合わせる事があっても、卒業研究の時ほんの複数回だと思います。 希望する学部は一緒でも希望する科は別ですし、応援してくれても良いと思うのは、私が甘いのでしょうか??? 友人の人間関係の中に入って行こうとは思いませんし、私は私で同級生になった人と人間関係を広げて行きたいと思ってます。 私が、その大学に通信でも学生になることは、友人に取ってマイナスなのでしょうか???

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る