hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

言論の自由とは

回答数回答 1
有り難し有り難し 5

言論の自由とは何かを教えてください。

よろしくお願いいたします。

2020年6月2日 0:54

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

節度を持って何でも言えること

こんにちは、初めまして。

この質問がどのような意図、背景で発せられたかは分かりませんが、私の感想を述べます。

それは、このハスノハさんでの質問者と回答者のやり取りのようなもの、ではないでしょうか。

思ったことを何でも言える。

男女を問わず、老若男女を問わず、悩みの大小を問わず、悩みの適切不適切(一般社会から見て)を問わず、何でも言える。

しかし、その一方、自由は自他共存の上に成り立ちます。

質問者にも回答者にも一定の節度が求められます。

事務局さんの注意喚起にもあるように、
「荒らし、誹謗中傷、悪ふざけ、他者攻撃」などをしない、という節度が求められます。

質問者も、回答者も互いを思い合いながら、節度を持って、言いたいことを言う。

こういった環境のことを、言論の自由というのだと思います。

ご参考になれば

2020年6月2日 7:16
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます。
本来の正しい意味での使い方ができる、互いを思いやる気持ちを持ち続けたいと思います。

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

犯罪者はいつまでも犯罪者なのでしょうか?

芸能人や有名人が事件を起こし大きなニュースとなり新聞に載ったりニュースで報道されたりすることが度々あります。謹慎処分を受けたり引退したりする方もみえれば、一生懸命乗り越えて再復帰された方も大勢みえると思います。当時はあんなに大きなニュースになり大きく取り上げられた方でも月日が経ち世の中の人々の記憶からは薄れ、「そういえばそんな事件あったな」と思い出すことも皆さん多々あると思います。私自身が起こした事件もいつの日か周りの皆の記憶から薄れてくれるようなそんな日が訪れるのでしょうか?今の私は人目が気になり、私を知っている人と出会うのが怖く帽子やマスクを付け、うつ向いて下を見ながら出歩いています。誰かに出会ったらどういう顔をすればいいのか、そんな心配ばかりしています。今まで住んでいた所からそんなに遠くにいるわけではなく、私のことを知っている人にばったりと出会ってしまうそんな可能性はいつもあります。する気はありませんが、整形でも出来たらいいのにな、なんて思ったりもします。知り合いに会い白い目で見られ何も話しかけられず避けられる、そんな辛い思いをしたらまた絶望に落ち悲しい思いするのが怖いです。全てを失い自信もない状態で、これ以上傷つきたくありません。いつの日か帽子をとって前を向いて歩くことができる日が来るのでしょうか?いつまでも皆の記憶に犯罪者としての記憶が残り続けていくようなそんな気がして仕方ありません。うつ向いて歩かず、早く帽子を脱いで前を向いて歩きたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る