hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

西遊記に出てくる羯諦という仏様

回答数回答 2
有り難し有り難し 22

以前、西遊記を読んだ時、「羯諦さん達が守ってくれる」という表現があったという思うのですが、羯諦という仏様はいらっしゃるのでしょうか?
色々調べても分からないので質問しました。

2020年9月13日 16:57

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

こんにちは。回答がつきませんね。「羯諦」という仏様というのは、私は聞いたことがありません。

 「羯諦」という言葉でまず思い浮かぶのは、「摩訶般若波羅蜜多心経」の最後の方に出てくる真言「羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶」の一部ですね。
 
 「摩訶般若波羅蜜多心経」は、西遊記にも出てくる、三蔵法師(玄奘)が訳したお経で、大乗仏教の神髄が説かれているとされています。そして、その中でもこの真言部分は特に大切な部分と言われています。

 ですので、ピンチの時には、仏教の力が助けてくれる、というような意味合いで「羯諦さん」という登場人物(神様?)が生まれたのだと思います。

 よくわからずごめんなさいね。

2020年9月16日 9:55
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

憶測の域を出ませんが…

 祥鳳さん こんにちは

シマダイッセイと申します。西遊記のご質問に回答します。

「羯諦さま」という神様についてですが、僕からの回答は2つあります。
①は深沙大将(じんしゃたいしょう)という神様説
②経文による守護を期待した説
どちらも憶測の域を出ませんが、宜しければお付き合いください。

先ず①の、深沙大将についてのお話です。
深沙大将は三蔵法師(玄奘三蔵)が、天竺からお経を授かり唐へ帰る道中の砂漠で出会った神様です。
深沙大将は三蔵法師に以下の事を告げます。
・三蔵法師が過去世6回にわたって仏教の布教の旅をした事。
・深沙大将はその6回の旅でことごとく三蔵法師を殺した事。
・この旅は7回目である事。
・三蔵法師の不屈の志に感激し、悔い改めたい事。
・過去世6回の殺害の罪を許して欲しい事。

これを聞いた三蔵法師は過去世で自分を6回殺した深沙大将の大罪を、あっさりと許します。深沙大将は喜びのあまり感涙し、三蔵法師の旅に同道して護衛に努め、ついには三蔵法師が命を懸けて運んだお経(般若経典群)の守護神(護法神)となったのでした。

…というのが、羯諦さま=深沙大将のあらましです。

ただし、この説には大きな問題があります。この深沙大将は、沙悟浄のモデルにもなった神様なのです。ですから辻褄が合わないのです。
(もちろん西遊記という物語そのものに、色々なパターンがあるのですが…)

さて②の説です。この羯諦ですが、般若心経の中で大神呪や大明呪と呼ばれるパートの経文です。この「呪(しゅ)」という言葉は「呪文」などというように、それを唱える事でご利益(神仏の加護など)を得られると信じられてきました。
いわば、お経の中に登場する「呪文」なのです。
西遊記の中で「羯諦さん達が守ってくれる」という台詞があったのであれば、この呪のご利益を期待しての事だったのかも知れません。

…難しい話をしてしまいましたが、①②の説の中で祥鳳さんの中で合点がいくものを選んで頂く形で、私からの返答に替えさせていただきたく思います。

また、このhasunohaには様々な僧侶の方が返答を書いてくださいますので、
ぜひ、他の方の意見も聞いてみてください。

それでは、失礼します。

【参考文献】
早川いくお『カッコいいほとけ』
藤丸智雄・鈴木健太『「般若経典」を読む』

2020年9月18日 8:40
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


嶋田一成
副住職をしています 敬称略で「いっせいさん」と呼んでください。 カ...

質問者からのお礼

光禪様、回答有難うございます。
スッキリしました。♫♫♫♫♫

シマダイッセイ様、返答有難うございます。①と②の話があるのですね。勉強になりました♫
自分は①の深沙大将の話が面白いと思いました

「仏像・仏様・阿弥陀・観音」問答一覧

仏様のお水は毎日変えたほうがいいですか?

こんばんは。 私は不動明王と他多数仏様を家で拝んでいます。全て開眼されたものです。 私には発達障害と精神疾患があり、日によって具合が違います。 読経できるほど元気があるときもあれば、もう何もしたくないというときもあります、 私は仏様が大好きでお招きしました。 自分の病気平癒や、夫の仕事の大成などを祈ってます。 そこで質問なのですが、仏様のお水やお菓子はやはり毎日変えるべきでしょうか? お菓子は、毎日変えるとお金がかかるのとたぶんやっていたらたべきれなくなってしまいます。 お水は元気のある読経時に変えたりしています。やはりお水だけは毎日お取り替えした方がいいでしょうか? 仏様をみているととても心が癒されて。 読経もするととってもすっきりします。 自分でもお招きしたからにはちゃんとしないとは思っているのですが、なかなか心と体がついていかず。 一応懺悔文なども読経しております。 また日々の感謝も読経時させて頂いてます。 そういうお祀りの仕方ではやはりダメでしょうか?もし毎日じゃなくてもいいならだいたい何日に一度ぐらい変えればいいでしょうか? 稚拙な文章ですみません。ご教授の程よろしくお願いします。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

小屋から出てきた仏像について

先日、祖父の家の物置小屋を探検していました。私が知っているのは、祖父の家は江戸時代から13代続く家です。 そのため、小屋にはなんか凄いの入ってそうだな、という木箱や竹籠が沢山あります。 色々見ていたところ、主に朱塗りのお膳セットや陶器でした。 しかし、父がふと この木の棒なんだ? と、足元の樽の上にあったものを手に取ると。 仏像でした。私は仏教は好きでお釈迦様の教えなどは好んで知ろうとするのですが、仏像に関しては分かりません。 その仏像は30センチくらいの立像で観音様でしょうか。 スラッとしていて右手は人差し指と親指をくっつけて上を向き、左手は下を向いている美しい仏像でした。 仏像の乗っている台の下には 先祖代々永享元年 と書かれており、調べてみると室町時代だとか。 もうひとつも立像で、胸の下あたりに法界定印(調べました)を組んだ お地蔵さま?お釈迦様?です。 これは、年代は不明です。10センチから15センチくらいです もうひとつは、20センチくらいの扉のついた彫り物です。3センチ程の人物が3人いて、御一方は不動明王様でした。 長くなりましたが、無造作に埃まみれの小屋において置くのも嫌だなと、見つけたのも何かのご縁かと思い、汚れを拭き取り綺麗にしました。 これらは、仏壇で一緒に手を合わせていいものでしょうか。 良ければ教えてください。曹洞宗です。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る