お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

こんな私って結局こんな運命なのでしょうか?

最近自分を変えるために
一歩踏み出して飲食店の接客のアルバイトに行くようになったのですが、
仕事もいまいちできないし
迷惑かけてるし
いつもあたふたで自分が抜けてるような所もある上に人見知りで内気であまり言わないからか、責任者の人には私にはなんでも言っていいと思われてるのか
今日もバカにされるような事を笑いながら嫌味込めて言われて笑われたりします。でもいい事とか言ってくれたりもするので
矛盾してるのですが。笑
それに素早く動かないといけないのに
まだあたふたしてて把握もできてないので迷惑をかけてるばかりです。

でも、最近、気になる人がいてその人は
元々優しくて気さくで
私に話しかけてきてくてたりして
すごく気になっているのですが
自分から上手く話せないし
話もあまり弾みません。

でもその男の子の事を
他に気になっている女の子がいて
その人には私はうざがられてるような感じがしてあまり心開けそうにないけど
その女の子の方が仕事もできるししっかりしてるし可愛いからその子との方が楽しく話してる所の想像もつくし、
多分後々この2人が付き合う事になって
好意を持ってる人とも恋も実らないだろうなって感じてます。

私みたいな内気で上手く自分の意志も言えなくて仕事も上手くできない上に馬鹿にされるような事を言われて、笑われて
。しかも恋さえも実らせれそうにない。私みたいな人間は結局こんな運命なんでしょうか?

自分から話しかける勇気もなければ
意思表示する勇気もありません。
なんて言われるか不安だから。

後悔・自己嫌悪
有り難し 11
回答 2

質問投稿日: 2014年4月28日 17:17

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

運命?

そんなもんで人の一生が決められてたまるかぁーい!!

て、ボクはそう思います。

運命も寿命も後付の言い訳ですよ。

ハッキリしてるのはただ一つ。

生かされてある今、だけです。

すべてはご縁の成せることであり、そこから逃げずに真正面から向かい合い、受け入れることしかできません。

自分と言っている個は、その自分がまず受け入れ、愛してあげなければ、他が受け入れ、愛してくれるとは思えません。

ある先生はおっしゃいました。

「自己嫌悪ほどの地獄はない」と。

自分が自分を嫌うことほどツライことはないのです。ただし、やみくもに自分を全肯定し、悪しきことを他の責任とせよということでありません。

自分の言動のすべて、良いところも悪いところもすべて、まずその自分自身がちゃんと受け入れて愛してあげましょう。

人柄、美しさ、やさしさはそんな人の内面から出てきます。

周囲の人がそれを感じ、対応に変化が出るまでには時間はかかると思います。周囲の言動は納得できる部分は受け入れて修正する努力をし、理不尽なものは無視してもよいと思います。

そして、内気な自分、うまく表現のできない自分、それでもがんばってる自分を、まず自分が愛してあげてください。

合掌

4年3ヶ月前

善き結果を望むのであれば・・

aki様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まず、大桑様もおっしゃられてるように、運命は(実体的に)決まっているものではありません。因果の理の中で様々な縁によりて変わっていく、あるいは変えられるものであるとお考え下さいませ。

問い「運命には逆らえないのでしょうか?」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002956277.html

何事においても、「・・運命・宿命・決定付けられていることだと言って諦めてしまうのであれば、これからも何をどう生きようが、努力しようが、悪いことをしようが、善いことをしようが関係なく、何もかもがもう既に決まってしまっているとして、あらゆることが否定されて無意味となってしまいかねません。これは一つの虚無・悲観主義に陥り、仏教において退けるべき極端な考え方、断見となります。・・」

仏教で因果の理を重視するのも、善き結果のためには、善き原因・条件が必要であり、その善き原因・条件を然るべくに調えていくためでございます。

aki様が望まれておられる善き結果を得たいとなさられるでありましたら、当然にaki様ご自身が努力し改善していくことによって、それが可能となる次第でございます。

ご自身を変えられたいという思いの中で、接客のアルバイトをなさられ始めたことも、善き結果を得られたいことの動機の一つ、そして、実際に始めたことにより、出会いもあって、気になる方もでき、恋なされることにも繋がっており、この「縁」によって、可能性が少しずつでも広がっていることは実感できておられるのではないかとは存じます。もしも、アルバイトを始めていなければ、出会う縁はなかったのですから。

誠に善き結果を望まれる可能性を更に繋がれていかれるかどうかは、aki様次第、後ろ向きに自己嫌悪に陥られたままでは、善き結果を得ることは尚更に難しくなってしまいます・・

結果は因・縁次第、結果は始めから(実体的に)決まっているものではありません。何もしないでは可能性は限りなくゼロに近づくだけです。自分から何気ないことから少しずつでも話しかけていかれることで、もしかしますと恋も前進する可能性があるかと存じます。いかがでしょうか。。

川口英俊 合掌

4年2ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ