hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

器の大きさとは

回答数回答 2
有り難し有り難し 104

私は些細なことが気になったり、小さな事で怒りを覚えたり愚痴も多かったり。もっと器の大きな人間になりたいはずなんですが。
そもそも器が大きいとはなんでしょう。細かいことを気にしない、鈍感な人が器が大きいとは思いません。何でも許す寛大な人っていうのも違う気がします。
お考えがありましたら是非、お教えください。参考にさせていただきます。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分の器をわかっていること

そうですね、確かに言葉として「器が大きい」とは聞きますが、厳密にはどういう人の事なんでしょうね? おっしゃる通り、鈍感な人や寛大な人=器が大きいではないような気がします。

私自身は些細なことが気になり、すぐ腹を立てたり愚痴を言ったりと器の小さな人間なのですが、一度「器が大きい」と似たようなニュアンスのことを言われたことがあります。

それは後輩に対して「私はあなたのこういった部分を尊敬しているよ」と言った時でした。
素直に「スゴイな、尊敬出来るな」と思ったからストレートに伝えたのですが、彼は驚いたようです。

後輩や同年齢に対して尊敬の念を示すのは、相手が自分より優れていると認めることですから、それは自分の能力の低さを認めることです。
しかしそれが「器が大きい」と認識されるのでしたら、器の大きさと能力の高さはイコールにはならないのでしょう。

タイトルにも書きましたが「自分の器の大きさをわかっている」ことがひとつの条件かもしれませんね。
いかがでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

大きさとは、受いれてきた軌跡

地下室のメロディーさん、こんにちは。

加島祥造さんという方が、

「受いれる

すると
自分の心が
意外に広いと気づく

心が広いから
受いれるんじゃあないよ
受いれると
広がるんだ」

ということをおっしゃっています。
いい言葉だとぼくは思います。

この言葉のなかの、器、とはどういうものでしょう。
受いれることで小さい器から大きい器になっていく、という方向性があるようです。
また、いきなり巨大なものを受いれようとすると、器が割れてしまうかもしれませんね。
そして、器がひろがったからと言って、それがどういうことか・・・について言及されていません。

器が大きいとは。
受いれることで器がひろがった結果です。
・・・1+1は?と聞かれて、1+1ですと答えたようになりましたが、大きさについて言及することはないようです。この言葉の上では。
ただ、「何を受いれる」がポイントになるかと存じます。

「器が大きい」という言葉をきくと、大きいことはいいことだ、懐が深いとすごいよね苦労してきたのかな・・といった印象を持つかもしれませんが。受いれるにもキャパシティがあるようです。

キャパを超えるものを受いれざるをえないとき、楽勝だと思っていたら器のなかで大きくなっているとき。無理するときも必要かもしれませんが、取り返しのつかないことになる恐れもあるようです。
「器が大きい」とは、なにものかを受いれるとき、受いれられるほどの器を持っている・・ということでしょうか。

また、大きければいい・・わけでもないのは、地下室のメロディーさんはご存知のようです。
”些細なことが気になったり、小さな事で怒りを覚えたり愚痴も多かったり”しながらも、受いれているのではないでしょうか?受いれなくてもいいことも、あると思いますが。

なりたい自分になれるといいですね。

以下、加島祥造さんについての参考リンクです。
http://kajimashozo.com/
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784093882491

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

質問者からのお礼

浦上さま、向井さま
親身なご回答大変感謝しております。改めてお坊さんって人生というか生きるためのアドバイスがとても参考になり、偏った視点ではなくさまざまな視点からのご回答でためになるなと思います。
さて、器の大きさですが、キーワードとしては受け入れる寛大さと受け入れなくてもいいもの、自分で現状の器をわかっていることがポイントということですこし気張らずに楽になれました。大きさにこだわるのではなく、理解すること。しかも自分のペースでというか。
私は強く無欲で優しいようなそういう大人を目指していたはずなのにいつの間にかずるい大人になっている。のわりには細かいことで怒りを覚えたり、当事者じゃないはずなのに自分のことのように思えて小さいことに怯えたり怒ったり愚痴を言ったり。これからはそうした大きさという言葉に縛りに縛られることなく、ストレートに今の自分のペースで受け入れることが大きな優しさなのかなとご回答を見て感じました。受け入れなくていいものは受け入れないって考えるととてもいいですね。

「自分とは・自分を何とかしたい」問答一覧

どうしたらいいかわかりません

自分のしたいことより、すべきことをするべきだと考えて近頃行動してます。 自分のすべきことをしないと、まちがっていると思います。常に正しい行動をとらねばならないと思っていますが、ときには、まちがった行動をしてしまうようです。 今日は、たまたま早く晩御飯が済んだので、旦那が、お茶をしようと誘ってくれて紅茶を飲んだのですが、それがまちがっていたおもいました。みなければいけないテレビがあったので、それのために紅茶を飲むのを断って、早くお風呂に入ればよかったのです。それはわかっていたのですが、私が私のすることより旦那のすることのほうが正しいという考えがあり、旦那の提案に乗ってしまいました。でも自分を信じればよかったです。 でも努力はしました。間違いにすぐ気付いて、テレビを見るために時間気にしてお茶飲んでいつもより早くお風呂からあがりました。番組には間に合いましたが、お茶を飲んだという行為が、間違ってたようで、その後、やはり私が悪いと感じることがありました。 けれども、本来人間は自由なはずですよね。人に迷惑をかけない限りは、何をしても自由だと、憲法でも保証されていますよね。 いつも自分の行動がまちがっていないか、正しい行動ができているか、自分自身を監視することに疲れました。 間違ったことをしたと思ったときに人に相談すると、それはおかしなことではない、と言われるのですが、その後に眠れなくなったり、悪いニュースがあったり、人からひどい扱いを受けたりするので、信じられません。 何が正しくて、何がまちがっているのか、もうわかりません。 病院にはすでにかかっていますので、医者に相談したほうがいいなどというご意見は求めておりませんのでよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

私の意識とはなにか

 以前、死が怖いと相談させて頂いた者です。ご回答を頂いて以来、それを胸に、心の持ち様や認識を変えたりして、素人ながら試行錯誤しつつ、死をどうにか受け入れる練習をしています。  しかし、死について考えると、私の今ある命や意識は、そもそも最初はどこからきたのだろう?と考えてしまうのです。肉体は勿論母から生まれましたが、生まれる前、私の意識(精神)はどこにあったのでしょうか?生まれる前、というのは、死んだあとと同じなのでしょうか?  これを考えだすと、生きていること(意識があること)それ自体が気持ち悪いように思えてしまうのです。なぜ今、私に意識があるのか?と考えてしまいます。なんというか、常に、ゲームの世界の住人のような気分?なのです。私は、誰かによって作られた世界の中に放り込まれ、意識が芽生え、それ故に死の恐怖に苦しみ、そして必ず死ななくてはならない。宇宙規模で考えれば些末な出来事であるけれど、私という個人にとっては、その事実がとても怖く、苦しいのです。こんな理不尽耐えられない、と思って、どうしてもこの世界の仕組みを恨んでしまいます。  私の意識とは一体なんなのでしょうか。そして、生まれる前はどこにいて、どこに死んでいくのでしょうか。私の意識はどうなるのでしょうか。  そして、そんな恨んでしまうようなこの世界を、どうしたら愛せるのでしょうか。大切な人と出逢っても、必ず最期に離れ離れになってしまう。私が愛した「私」も、必ず消えてしまう。日々の小さな幸せを感じるほど、死というこの世界との別れが辛くなり、恐怖で押しつぶされそうです。  それでも折角いただいた命を生きぬかなくてはならない、と思うのです。生きぬくために、どうかご助言をよろしくお願い致します。まとまりがなく、分かりにくい文章で申し訳ありません。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

自分が正しいかどうか判断ができません。

はじめまして。 はじめて質問させていただきます。 相談内容はタイトルの通り、 自分の意見が正しいのか、そうではないのかわからなくなってしまうことです。 たとえば、 人と意見が食い違った時、 自分の意見を大切にすることができず、自分が間違っているんだと思うことがよくあります。 その場で思っていることを言う時もあるのですが、あとからよく振り返ってみると、自分の至らなかった点、私が知らないであろう相手の気持ちや背景、理解してあげられない自分のせこさなどを考え、とことん自分のことが嫌になり、結局相手の意見を飲んだり、どうにかこじつけでも相手の意見を理解しようとしてしまいます。 ですが、友人に話してみると「いや、あなた(私)が怒って当然でしょ」と言われる時もあり(もちろん私サイドからの一方的な話だからと言うのもありますが)、そのように味方が一人でもできると、「やっぱそうだよね?」と自信が持てるのですが、情けないことに私一人だと判断ができません。 たぶん、このように思うようになったのは、数年前に大好きだった彼と上手くいかなくなってしまったあたりで、嫌われたくない、別れたくない一心でそうやって心を押し殺していた癖がついたのでは、と思うのですが、そればかりを言い訳にはできません。 私は私なりにできるだけ、相手の気持ちに寄り添うようにしているつもりなのですが、何かの拍子にその相手から「こんなこともしてくれないのか」「何でわかってくれないのか?」と言われると、私は私で努力してるつもりなのに、何がそんなにいけないんだろうと、悲しくなります。 そして、その度に、正当な理由と意見を持って、堂々と立ち向かいたいのですが、自分の意見が間違っているのでは、私の心が狭いだけなのでは、相手が傷ついたらどうしようという気持ちから結局黙りこんでしまいます。 どうしたら良いでしょうか。 いろんな質問があるなか、お忙しいとは思いますが、どなたかアドバイスを頂けると幸いです。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る