hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

どうしても今を生きたいと思えません

回答数回答 2
有り難し有り難し 10

現在30代前半で、将来的に結婚予定の方の元で専業主婦状態で暮らしています
ただし、彼だけの収入ではほとんど貯金ができないため、いずれは私も働いてと言われています
現在の生活はとても穏やかなもので、幸せな日々だと感じています
プロフィールと過去の質問も読んで頂けたらと思うのですが(長いので)
私は勉強が好きで学年で1番の成績だったものの、高校進学をしていません
虐待だけでなく、いじめも幼少からずっとあったため、中3の夏休み後1ヶ月休んでしまったのです
高校に行きたいと通学を再開したのですが
「もう地元の公立の1番校は行けないだろう、本人には言わないで」と言う学年主任の言葉を親は伝えてきて、どこも学力に合った高校には行けないかのよう思い込ませ、不登校と進学断念を選ばせたのです
当時父は単身赴任で東京にいました。母は専業主婦でしたが、父の稼ぎは高かったので引っ越しや私立の選択肢は十分可能だったはずです
実際、担任の先生は県外の私立を薦めてくれてたようで、つい最近その学校は偏差値70を超えることを知りました
高度な学びを得られる機会があったのに、自ら捨てさせられたとより悔しくなりました
中学卒業後は無職で独学で勉強し、国公立大学を目指すよう強いられました。塾はもちろん行かせてもらえませんでした(高卒認定試験は中学卒業後すぐ受かってます)
妹は中高大と全て私立で、学費も全額親が払いました
私は私立大学に行きたいなら奨学金を使えと言われましたが、父の収入が制限に引っかかりかねませんでした
私には勉学のためのお金を出してもらえない理由を、父本人が私の友人に「妹は姉よりも馬鹿だから塾と私立に行かせた、私は頭が良いからそれは不要」と以前言っています
結果を出していたことでより冷遇されたと思うとやるせません
あらゆる家庭内の出来事が私の責任にされる環境の中、結局心折れてしまい勉強も仕事もほとんどできませんでしたけれど
今も学ぶことは好きです。本当は、良質な授業を受けられる大学に行きたいんです
でもお金もありませんし、優れた学力も過去のものです
バイトを探そうとすると、彼らへの怒りでいっぱいになるんです
いざ実家を離れ、愛してくれる人を得て、彼らのおかしさや沢山騙されてきたことを確信したからこそ、怒りや絶望で前向きになれません
どうしたら、今を大事に頑張りたいと思えるのでしょうか

2022年7月4日 7:29

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたの学びたい道へ

拝読させて頂きました。
あなたが今迄本当に辛い思いをさせられて理不尽な扱いを受けて育てられてきたことや今でも学びたいと心から思っておられることを読ませて頂きました。
その当時の状況やご両親の考えやあなたの思い詳細はわからないですけれどもあなたのその辛いお気持ちを心よりお察しします。
あなたが今からでも学びたいと思っておられるのであるならば様々な方法で学んでいかれてみてもいいかと思います。
大学に直ぐに通うことは現実的にはなかなかハードルは高いかもしれませんが、放送による教育や通信教育やオンラインでの講義やオープンカレッジによる公開講義も沢山あるでしょう。そしてこれからの時代は地域を超えて国を超えて様々な障壁を超えていろんなことを学んでいき機会が増えてくると思います。
大学でもオンラインによる講義は多く実施されていますし、それぞれの専門分野でも学会の講義はオンラインや録画配信もされています。
どうか決して諦めずにあなたの学んでいきたいことにいろいろな形で方法でトライしていきましょう。学んでいく中であなたの世界は大きく広がっていくでしょうし、新たな興味や関心が一層増してくるでしょう。そしてあなたを一層成長させてくれるでしょうからね。
あなたには様々な学ぶ世界が広がっているのです。両親からの様々な冷遇や抑圧のことはしばらく置いといてあなたの求める世界に可能な範囲で進んでいきましょう。
あなたがこれからの未来をあなたの目指す道や学問にあなたのペースで精進なさっていかれて心から豊かに人生を歩んでいくことができます様に心から祈っています。そしてあなたを心より応援しています。

今でも抱えているあなたの思いをお話なさって頂きながら少しずつお気持ちを整理していくことができれば自ずと先も見えてくるように思います。あなたを心よりお待ちしています。

2022年7月4日 11:13
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

資格より能力を使って

なんだか、過去の業のせいか、いろいろ理不尽な幼少、学生時代でしたね。
 今から何をするにしても、能力はあるので、資格よりも能力を生かせるようにしたほうが良いと思います。
 大卒とかなんとか士みたいな資格だと取得するのにお金や年月がかかり過ぎます。、今すぐでなくて、ある程度余裕ができてからでも、と別の道を探してはいかがでしょうか。英検とかは自分の勉強だけでも費用少なく受験できます。
 働く場合、派遣に登録とかパートとか、最初はそれが糸口でもいいのですが、働き始めて、雇用者に、「こいつは能力があり過ぎる。直接雇って給料を直接増やしたい」などと思ってもらえるとよいですよね。こちらも、給料が安いままなら勉強と割り切って、業務が理解できたら別の職を探すとか。
 やがては雇われよりは自分でできる仕事を探したりやったりしてみてはいかがでしょうか。
 そういう目でいれば、パートに出て時給をもらうのも、その仕事や周りの仕事の内容を学ぶ勉強にもなります。事務仕事もそのまま学びにもなります。実際に仕事とはこういうものだと学びながら、では自分で何ができるだろう、とやってみるとうまくいくのではないでしょうか。その場で結果を求め支払いをそれに応じるいわゆる外資系は、日本系の職場よりやりやすいかもしれません。
 今のパートナーとの信頼関係を壊さないように、ということも気をつけましょう。お金は少なくても何とかなっているのなら、あなたが外に出過ぎて危険になったりパートナーが心配したり、など、無理をしないようにやれればよいと思います。

2022年7月5日 8:19
{{count}}
有り難し
おきもち


初期仏教というか仏教本来の教えを学びつつ、その在家信者のあり方から見た日本...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

以前お返事くださった時もとても励まされたので、またお言葉をいただけて本当に嬉しいです
ありがとうございます

ここに書いても仕方ないのですが、妹は大事にしているかと言うとそんなことはなかったと考えています
妹に関しては、受験でヤキモキしないことが最優先だったため全てエスカレーター式の私立で済ましただけ
そして私は、塾は行ってませんが、いわゆる教育虐待もされてました
小学生の頃は3〜4学年上の算数のワークをスラスラと解けないと怒鳴り続けられました
彼らにとって、子はアクセサリー、自分の付属物、従属物でしか無かったのだと思っています
地元のその1番高以外に行っても彼らの周囲への見栄は満たせないから、通学し続けていじめられたと泣き叫ぶ方が迷惑だったのでしょう

通信制大学でも深いことが学べそうなところや、費用のあまりかからないところ等は自分でも調べてはみたのですが…どうしても気持ちが前を向けないのです
ようやくちゃんと支えてくれる人と出会えたのだから、これ以上時間を無駄にしないのが合理的なのはわかっているつもりです
まずはお金のためにバイトをと考えても、過去に大学生と大きく差別をされたのですごく気が重くなっています
漠然と良い環境で学びたかったと言う未練があるだけで、具体的に何を詳しく掘り下げたいと言うものが分からない(し、見つけるために行くのが高校大学だと思います)ので、過去に囚われ怒り悲しんでしまうのだと思っています
いつかは何を学びたいか明確に見つけ、バイトは割り切って淡々と働けるようになるものなのでしょうか

>>Kousyo Kuuyo Azuma様
追記ありがとうございます
どうしても金銭の事を気にしてしまっているのですが、今まで書けていない全てを聞いてもらわずにはいられなくなったら、是非頼らせていただきたいと考えています

>>藤本晃様
ありがとうございます
実は目の疾患を持っていて、幼少期に適切な治療も受けれず今も不便をしている事柄があるのですが、学生時代はそれが原因で不得意なことでも努力して人並み以上の結果を出してきたという自負はあります
ただ、過去いざ働いたらうっかりしたり、勘違いをしたりで、はっきり言ってしまうと他の人よりも無能と感じることが多くて
家庭環境の悪さからくる余裕のなさ(暴言に傷つき眠れず徹夜で務めたこと多々、1度も遅刻したことはありません)が原因であったのなら良いのですが
なので、人に勉強を教えるのも得意にしていましたし、家庭教師や塾講師ならまだ適性が高いと思うのに就けないことへの苛立ちがバイトを探していると湧いてしまいがちです
同じく得意としている機械の扱いも、学校に行ってないため流石にエクセルの関数やマクロは学ばないとわからないため、事務系への応募も消極的になっています
こちらは独学でもさほど問題はないでしょうし、支出も大きくはないためいずれ学んでいきたいとは思っているのですが…

いくら使えない人間とはいえ、あからさまに差別をされると思うとなかなか踏み出せずにいます
能力があるとおっしゃってくれた言葉を励みに、少しずつでも挑んでいけたらと思います
改めて、ご回答ありがとうございました

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

自分なりの頑張り方の見つけ方

仕事において、自分なりの頑張り方を見つけることが出来ず悩んでおります。 現在私は、精神疾患(適応障害)が原因で休職しており、近いうちに復職または新しい職場に転職する予定です。 それにあたって、再発をしないよう無理をしない頑張り方を見つける必要があると感じております。 恥ずかしながら、私はこれまで無理をした(あるいは気を張り詰めた)働き方しか知らず、無理をしないでどのように働けばいいのか分からない状態です。 友人等からは「無理しないでね」と声をかけてもらえるのですが、心の中で「じゃあどうすればいいんだよ」という声がします。 会社員である以上、ある程度の成果は出すことは必要だと思います。 無理をするのは私にとって必殺技のようなものでしたので、それを失った喪失感みたいな感覚もあります。 また、しようと思えばきっと無理をすることが出来てしまうので、その結果でまた体調を崩すことへの恐怖心もあります。 サボっているのではなく、無理をしているわけではない、でもやるべきことをこなすことが出来、たまには結果も出せる。そんな「頑張り方」を自分のものにしたいです。 悩みは以上となります。 皆様のお知恵をおかりできればと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

感謝されて逝きたい

いつもありがとうございます。緊急度低めの質問なので、他の手助けをもっと必要とする方がいましたらその方を重要最優先でかまいません。 少し前までは、両親は愚か、娘や夫を許せなかった私ですが、ハスノハを見て、しょうもないことに腹を立てても、煙たがられて良いことはないなと気づきました。 怒りっぽくて、度々人と衝突し、時間にルーズ、ミスだらけ、忘れ物なくし物の多さに、毎日毎日後ろ向きなことばかり呟いていた性根は、 お経やお寺参り、仏様の顔を観て自分を見つめる時間とともに、ずいぶん円くなったと自分でも不思議なぐらいです。 年を取れば体もオツムも弱くなり、逆に子どもや若い方の力に頼らざるを得なくなります。 最近は、周囲に心から長生きしてね、と言われる歳のとり方をと願う今日この頃です。 と思うと、せめて周りの困りごとの種にならないよう、今から日々の行いや習慣をちょっとずつ改めなきゃとも思います。 三十代まで構ってちゃんの村八分だった私ですが、お寺での奉仕員を経てから、今では嘘のように休み無しに仕事が来ます。 (大きな声では言えませんが、当時ハスノハにも嘆きの質問をし、目の敵にしていたお局様よりも、諸々3倍くらいには…これもお寺の皆様の智慧のおかげです) 願はくは一生現役で、死ぬ前まで働いて、世の中の役に立ち、感謝とともに逝きたい。 老いることも、いずれ死ぬこともありがたいのですが、どうか世話・厄介にはなりたくないです。 『今ここを生きる』仏教の考え方からすれば、未来を勝手に思い煩うことは、煩悩そのものだとは思いますが、まだまだ未熟な、家の中ではサボり魔の私が、心を入れ直してちゃんと、娘からも認められるような大人の母親となれるようお諭しいただけましたら幸いです。 最後に一言。ああ、片付けが、苦手です! 本当に、外ならまめまめしく動けるのに、なぜ家だとこんなに愚かな母親になってしまうのでしょう…お空のお母さん、ごめんなさい!

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

家族の自殺後、前向きになるには

弟が自殺してから二ヶ月が経ちました。事件後の家庭での振る舞い方について悩んでいます。 私自身も、小学生の時から自殺を意識するような陰鬱な人間で、「あなたの欠点は暗いところ」と複数の人に指摘されてきました。 弟が自殺した直後はアドレナリンが出たように"家族を支える気持ち"や"新しい人生に向けた希望"などがあったのですが、少し時間が経った今は虚無感と絶望が濃くなってきました。 私自身、自殺に共鳴するところがあり、弟がなぜ自殺したかったのか共感できるし、弟が亡くなった当日、首を吊って病院に搬送されたと聞いた時も”中途半端に救命されるよりは逝かせてあげたほうが本人の為になるのでは”とすら思いました。 結局、似てるんです。人間関係、社会進出がうまく出来ず、うまく生きられず、絶望する性格が。 弟が亡くなり、家族が深い哀しみを抱えている中、唯一子供として残った自分が家族を支えなければならない、家族の希望にならなければならない、と分かっているのですが、私には命や人間の営みが良いことだと受け入れられません。 最近、長年情熱を注いできたことで挫折したことも重なり、自分の人生を前向きに考える余裕がありません。昔からの癖ですが、どうしても人生を終わらせる方向、または生まれてきたくなかったという願いに収束してしまいます。 家庭が暗いと、上手くいくものも上手くいかなくなる気がするし、前向きな考えや人に憧れるのですが、自分には性質的に向いていない、生きることにも向いていないように感じます。 これからの生き方について、私には助けが必要だと思い質問させていただきました。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

今までの怠慢とこれからの生き方

来年4月に入社を控えた、学生の者です。 来月以降、どう過ごすか悩んでいます。 というのも、自分の自己中心的な考えで、家族、友達、大学の先生方、 その他周囲の人たちの思いやりを何度も踏みにじってしまい、 現在孤独な状況になってしまいました。 入社を控えているというのも建前の話で、事実上は入社後数ヶ月で 退職になることが目に見えています。 大学の研究は続けてはいますが、途中で集中が切れ、どうしても頭が働きません。 今まで学びを怠ったせいなのも、自分なりに気づいています。 親に家賃や学費を払っておいてもらいながら、このような不甲斐ない結果になり、 その上さらに、残りの分も払ってもらい、安全な場所にいようとしている自分が情けないです。 このまま大学で研究を続けるべきか、来月までに大学からいなくなり、 別のことで経験を積むなりするべきか、どうすべきか悩んでばかりです。 二十数年間の人生に対して、自分は本当にもったいないことをしました。 世間一般から見て、今の自分は社会的にいらない存在だと感じています。 未来で利益を生まないこんな自分に、これからを生きていく資格はあるのでしょうか。 乱文、長文、未熟な文章で、大変失礼しました。 厳しいご意見でもお聞きします。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ