hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

藤本晃(慈照)

有り難し有り難し1763
回答数 回答 129

自己紹介

初期仏教というか仏教本来の教えを学びつつ、その在家信者のあり方から見た日本仏教、浄土真宗ということで活動しております。
先祖供養とか功徳回向とか、みんなお釈迦様が最初からおっしゃっていたって、ご存知でしたか。私たちも謙虚に堂々と日本仏教しましょう。

著書いろいろあります。『功徳はなぜ回向できるの?』、『お布施ってなに?』、『悟りの四つのステージ』などなど。

Amazonなどで検索してみてください。
2019年度より広島大学客員教授

Web

回答した質問

できるだけ正確な情報を

自ら聖典を原語で読む、無理なら信頼できそうな学者や僧侶の話を聞く、学者や僧侶の話に納得いかなかったらセカンドオピニオンを探す、など工夫して、できるだけ正確な情報を得るよう心掛けると良いと思います...

質問:仏教においての女性観・反逆者について

回答数回答 2
有り難し有り難し 10

尺度を変えてみますか?

 世間が愛(≒憎)という感情で動いて、うまくいったりいかなかったりする。
 仏教では、愛憎は欲と怒りの感情で、悪いもので、どちらも減らしてなくす方が良いと言います。
 では、仏教の理想の在家...

質問:周りとのズレを感じる

回答数回答 1
有り難し有り難し 3

功徳を廻向するのが良いかも

息子さんが本当に夢に出てきたと考えて:
仏教が言う先祖供養の法則をお知らせします。
故人には食べ物や、まして金銭物質は直接は受け取れない。それらが今いるところでは役に立たないから。お金を欲し...

質問:息子の夢

回答数回答 2
有り難し有り難し 5

欲と意欲

欲ラーガはとりあえず煩悩ですが、何かをやりたくなる意欲チャンダは、それ自体は善でも悪でもありません。善いことに意欲を出すとその意欲ごと善で、悪いことに意欲を出すと、意欲も悪になります。
善か悪...

質問:知識欲は煩悩なのでしょうか

回答数回答 4
有り難し有り難し 7

情報は右から左まで、上から下まで、あふれています

世の中は単純ではありません。仏教では、人さえも、そんなものはない。ただ体と心の働きが瞬間ごとに働き続けているだけだと見ます。一瞬ごとの感情や考えはころころ変わります。あまり変わらないようだと、や...

質問:隣国が怖い

回答数回答 3
有り難し有り難し 8

見、慢、我

①人はなぜ、自分自身によって「よいもの・正しいもの」と判断したものを否定されると、自分という存在が否定されたのだと思ってしまうのでしょうか。

自分の判断は自分の見解(見)で、それは自分では...

質問:仏教による感覚及び主体の分析

回答数回答 3
有り難し有り難し 10

真理を知らないから生きていたくて

必死に生きている(必ず死ぬのに生きている)。
真理を知ったら、生きる目的はない、本能で生きたいだけだったと分かる。

質問:仏教的にはなんのために生きるの?

回答数回答 6
有り難し有り難し 10

気休めが良いか事実が良いかわかりませんが

死後のことなど不確かなことについては、いろいろな人がいろいろなことを言うので、こちらもいろいろ聞いてみたうえで、自分の好みに一番合うものを「これが真実だ(といいなあ)」という気持ちで選んでしまい...

質問:死後の事についてお薦めの本を教えて下さい

回答数回答 2
有り難し有り難し 9

感情抜きにして犯罪として毅然と対応しましょう

高校生のあなたと大学生のあなたは別人です。もう、高校生の時みたいに我慢する必要はありません。
 やっているのはおそらく高校の時のイジメた人で、当時のいじめや今やっていることが犯罪だと思ってもい...

質問:学校にいきたくないです

回答数回答 3
有り難し有り難し 11

求不得苦と願いは別のカテゴリー

ですので、とりあえず分けて考えましょう。
 求不得苦は、生老病死の四苦と怨憎会苦、愛別離苦、求不得苦、五取蘊苦(五蘊に執着することが苦。五蘊が盛んなことが苦という五蘊盛苦は少し変です)を加えた...

質問:仏さまなどへのおねがいについて

回答数回答 2
有り難し有り難し 7

忘れることはむつかしくても

こんなこと何度もやってきたのかもしれないと思うと少しは楽になるかもしれません。
 たいてい、この一生涯のことしか覚えていないので、まじめな人は、なるべく立派に完璧に人生を歩みたいと計画を立てま...

質問:後悔と自己嫌悪がとまりません

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

戒律の意味は項目を守ることではなく

心が汚れないようにすることです。一瞬たりとも。悟るまでは、体や言葉で出さなくても、心の中でどうしても欲や怒りがサッと湧くので、そのたびになるべく早く気づいて欲や怒りを止め、懺悔します。
 上座...

質問:お坊さんの戒律に関する質問です

回答数回答 3
有り難し有り難し 6

死後のことについて一番簡単に分かるのは

スマナサーラ長老の『死後はどうなるの?』(角川文庫)でしょう。文庫本だから安いし、アマゾンですぐに出てくると思います。
 インドの同時代の他の宗教でさえ漠然と「この世とあの世があるかなあ?」く...

質問:死ぬのが怖い

回答数回答 3
有り難し有り難し 7

違和感の正体は分かりませんが

悟るまでは無限の輪廻を繰り返すと平気で言う仏教では、縁あって家族になった人々同志がうまくかみ合わないことは、まあ、当然あると考えます。前世が違うし、来世も違うかもしれませんし。
 ご家族全員が...

質問:実家との関わり方、仏教の教えを知りたい

回答数回答 1
有り難し有り難し 5

ブッダは女性差別をしませんが

ブッダの同時代のインド社会と、ブッダの後の仏教徒たちはそうでもありません。
 まず、五障説などは、ブッダの五百年後頃から出始めた大乗仏典には出ますが、仏陀釈尊が語ったままと言われるパーリ語仏典...

質問:仏教と女性差別について

回答数回答 4
有り難し有り難し 9

美しいのですが、本当はこうではありません

経典が漢訳され、現代の日本ではこのように伝わっています。日本人の心情によく合うのだと思います。
 しかし、元の言葉や意味とだいぶ違ってしまっています。少なくとも、今、挙げられた言葉は、もともと...

質問:世界は美しい 人生は甘美である

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

雑行雑修自力の心?

現在の真宗では「真宗だけやりなさい。他も交えたら雑行雑修ですよ」と言われるかもしれません。
 一方、念仏の教えだけにたどり着いた親鸞は、それまでに天台で様々な修行を実践した上で、念仏一つにしま...

質問:念仏の信心と瞑想について

回答数回答 3
有り難し有り難し 6

ヴィパッサナー瞑想で瞬間瞬間を捉える

のが(初期)仏教の修行法です。その時感じる感覚に似ているかもしれません。
 肉体がとりあえず一つ、それと、そこからの感覚を感受しながら判断・思考し、さらに肉体を使って言葉や行動に変換する心がも...

質問:「超客観的」な感覚になってしまいます

回答数回答 3
有り難し有り難し 6

見解はその人の重要な一部

ある宗教を信仰するというのは、その人の見解がそれに沿っているということです。
 政治でも世の中に対する見方でも同じように、誰もが見解を持っています。
 見解は、欲の煩悩だと仏教では見ます。自...

質問:新興宗教一家の彼女との今後について

回答数回答 1
有り難し有り難し 10

藤本晃『浄土真宗は仏教なのか?』(サンガ)

(編集部より。規約により投稿の一部を変更削除しています。)

という本を以前に書きました。浄土真宗独特の世界を仏教共通の視点から再解釈したもので、宗派ガチガチの人々から、そのやり方に文句を言...

質問:浄土真宗の「悪人正機」の意味について

回答数回答 3
有り難し有り難し 14