hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

聖天様の開眼供養された香合仏について

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

色々思い詰めて、開眼供養された聖天様の香合仏をお迎えする事になりました。

キャンセルにも結構なお金もかかりますし、これもご縁だ、と小さいお仏壇等も手配する所です。

所が、私はただのなんの縁もない一般人ですので、香合仏を普段はお仏壇に入れて祈願も含めてお祈りしようと思っていますが、エッポウにならない範囲での正しい拝み方や時に祈念したい時はどの様に向き合えば良いのか解りません…

ご真言を唱えて感謝などの気持ちで居る程度なら大丈夫なのでしょうか?
またその場合、正しいご真言が解りません…

私の安易な気持ちでのお迎えが良くなかったのは反省しておりますが、これもご縁と思い、活かしていきたいと思っています。

また、スペースの関係で横並びで大日如来様と愛染明王様の香合仏様もお祀りして、日にご真言を上げ、その時の気持ちで神様を持ち出すのは失礼に当たらないでしょうか??

お供え物も毎日はキツイので、腐らない様にお水のペットボトルとお酒の小さなカップ、時にお菓子(個装)を1日と15日にお供えしたいと思っています。

トンデモなおまつりのしかただと怒られるのは怖いので、こうした方が良い、や問題がない範囲のご真言などを教えて頂けたら幸いです

また、専門的に教えて頂ける場合は、圧に凄く弱いので圧の強くない方の元で謝礼を払い、ゆっくり学んで行きたいとも思いますので、名乗りをあげて頂けたら幸いです

それでは一所懸命何とかしようと足掻いているので、ご慈悲の中で助けていただけたら幸いです

よろしくお願いします

2022年9月7日 6:31

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

“かっこよく”祀りましょう

私は日蓮宗の僧侶であり、現在の真言宗さんの見解はわかりませんが、私が知る限り、少なくとも越法とは授戒した身、つまり出家したお坊さんへのルールです。

日本仏教には大きな火を起こす護摩行や、険しい山に登る修験と言った危険な修行がありますから、越法をしないことが大事なのですね。
ですからあまり気にはしなくていいのかな、と思います。

聖天様、つまり歓喜天のお祭りの仕方は
https://butsuzolink.com/kangiten/
こちらのページに詳しくありますのでご参照ください。
真言は「オン・キリク・ギャク・ウン・ソワカ」です。

大日如来と愛染明王を勧請されているということですが、
この二体の御尊像と歓喜天を並べるなら、大日如来を一段上にするくらいがよろしいでしょう。
横並びでも構いませんが、分かりやすく言うと大日如来だけは格が違うと認識した方が良いでしょう。
厳密言えば多少誤解はありますが、おおむねそのような認識で構いません。

2022年9月8日 13:58
{{count}}
有り難し
おきもち


けいじょう
日蓮宗の僧侶、啓誠(けいじょう)と申します。 修行に失敗し、一度は腐...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

なかなかお応えにくい質問かな…と思ったのですが、早くにご回答頂けて本当に助かります、有難うございます!!
成程、では書物に載っている限りの範囲なら問題ないって感じでしょうか?

金剛合掌にて真言を7~21回唱える程度にして行こうと思います。

またお供えですが、お水は毎日取り替え、お酒は1-15日の月2回ワンカップで蓋を開けず、固包の優しい甘さの豆菓子等がある日はそれをお備えする、という形でも大丈夫でしょうか??

お米やお茶、お香なども出来れば良いのですがなかなか難しいのです

あとは子供のベッドの位置が足を向ける位置になってしまうので悩んだりもありますが、それは毎日感謝を持ってお祈りする事で少しは許されたりしますでしょうか??

物凄く手狭なところに身を寄せあって日々何とかやっている生活なのでもし良かったら教えて頂けたら幸いです

今後のお返事が難しくても、今回のご回答に物凄く心が楽になっております、感謝です

有難うございます♪

「お経・経典の種類、意味、唱え方」問答一覧

生老病死

 数年前、願誉浄史ご住職様から「阿含経典」を勧められましたが、驚いたことに此処にすべて仏教の真髄が集約されていました。  ご住職様には、深甚な感謝と共に厚く御礼申し上げます。  そこには、仏教の目的である「輪廻転生からの解脱」が唯一仏教の教えに尽きることが書かれていました。  般若心経に「照見五蘊皆空度一切苦厄」とありますが、「一切苦厄」の主体が生老病死の事でありましょう。  生老病死は仏教の専売であると思っていましたが、阿含経には仏教に関係なく「自然の摂理」で釈尊以前から定まったものであると述べられています。  「自然の摂理」に対しては、釈尊も手の施しようがなく只管死を待つほかありません。  即ち、生きている総ての生物には生老病死はつきもので、仏教の救いは何もないという事です。  従って仏教の救いは死後にあることになります。  しかし死ねば生老病死は消えますから何も問題はありませんので、仏教の救いは必要ない筈ですが、再び誕生することを釈尊は悟りで明らかにしました(過去世)。  それが輪廻転生です。そこから解脱することが仏教の救いであり、仏教の存在価値です。  そのことを阿含経は下記のように述べています。 城邑(南伝 相応部経典 12.65. 城邑)  前略  その時、世尊はかように仰せられた。  比丘たちよ、わたしは、まだ正覚をえなかった修行者であったころ、このように考えた。(この世間はまったく苦の中に陥っている。生まれては老い衰え、死してはまた再生する。しかもわたしどもは、この老いと死の苦しみを出離するすべを知らない。  まったく、どうしたならばこの老いと死の苦しみを出離することを知ることができようか)と。  後略

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

自分が汚らわしいです。ヒントはお経にも?

 いつもお世話になっております。こちらでご相談を重ねるうちに、 戦い疲れた私は他人への無闇な疑念という危険な武器を捨てることに しました。疑ってしまう自分、改善していくべき言動や行動ととことん 向き合って、まさに修行をしていこうと思いました。  そこで、新たな問題が生じました。自分が汚らわしくて仕方がない のです。空気が読めない自分、人との適切な距離感がわからない自分、 列挙に暇がないほどです。  通っている近所のお寺のご住職にそれを告げ、メモを握り締めご助言 を仰ぐと、 「僕の感想を述べるけど、それはカウンセラーさんに言ったほうが いいと思う。僕が言うと越教になっちゃうな」 とのことでした。  数日後のカウンセリングで相談する予定ではいますが、できない 自分が汚らわしくて、恥ずかしくて、やはり人の目が気になります。  そこで私はカウンセリングや日々の訓練と並行し、ヒントを仏典に 求めました。通販等であらゆる経典を購入し、読もうと思います。 カウンセリングや訓練のない日はお経で勉強しようと思ったのです。  しかしそこで、 「お経を読んで解決するのは、悩んではいるけれど、医者にかかるまで ではない健常な方なのでは?」 と考えました。  私は浄土宗の檀信徒ですが、死後思想的な要素の強い三部経だけでは なく(個人的な考えですが、一時期阿弥陀経ばかり読んでいたら希死念慮 が発生して自傷一歩手前まで行きました)他宗派の…例えば理趣経、 法華経などもうまく生きるヒントを得るため読みたいと思っています。  こんな時、今は亡き親たちがしっかりしていればとつくづく思います。 思えば私が発心したきっかけは、「家庭が崩壊しているので、人として しっかり生きるヒントを仏教に求めたから」でした。  仲良くしている近所の奥さんには、 「私たちはそんなの読まなくても生きてる」 と言われましたが、それは親御さんがしっかりしているからでしょう。 (自分でも「うちの親はいいよ!あんたんとこ、酷いもんな(笑)」と 言っていました。悪意はなく、いじられているだけです)  経典を読む際の注意点、私は経典を読むのに適するのか、お言葉を 頂きたく存じます。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 31
回答数回答 3

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ