お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

周りが気になって仕方ありません。

私は周りが気になって仕方ありません。

自分の外見がとてもコンプレックスです。
また、そのせいでいじめられたこともあります。

そういうことがあってから、
周りの人が話してたら、自分の悪口を言ってるんじゃないか
とどうしても思ってしまいます。

周りが気になりすぎて、常に下を向いて歩いたり、タオルで顔の半分くらいを抑えて歩いたりしています。

周りの声に敏感になってしまいました。

どうしたら周りが少しでも気にならなくなりますか?

有り難し 10
回答 2

質問投稿日: 2014年9月17日 17:47

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

他人を問題にする自分の意識を問題にしよう

「あの人がこんな事を思っているのではないか」
「あの人私の事を悪く言っているのではないだろうか」
「こんな風に思われたらどうしよう」
まず、結論から申し上げれば
「人には思わせておけ」
「人の事を問題にしているアナタの思いが自分を苦しめているだけ」
「人から嫌われても平気になりなさい」
あなたが❝そう❞思われたくないという思いAというを起こしています。
そのAという精神ガスの性質が毒性を帯びていることを見極めてください。
Aの思いがよぎった時、自分に対して攻撃的な性質であるために苦しい。
だから、他人を気にする思いが浮かんだ時に、打ち上げ花火のように、心の中で打ち上げてしまえばよいのです。
もっと、厳密に言えば、Aの思いが浮かんだ時、その思い自体は悪いものでも、煩悩でもないのです。
その0.0000001秒後にラインの乗っ取り詐欺のように、あなたの心が乗っ取られているのです。
「あなたはあなたの思いに乗っ取られてしまう」事があるのです。
乗っ取られないためには上述の打ち上げ花火スタンスです。(^

4年2ヶ月前

私は妖怪と呼ばれていました

10代の乙女が自分の容姿が気になるのは当たり前です。

ましてや顔の事でいじめられたりしていたら、顔も隠したくなる気持ちになっても仕方ないと思います。

私は小学校の頃は『オバケ』と呼ばれ中学校では『ハニワ』と呼ばれ高校では『妖怪』と呼ばれました。
特に鼻が無かったり口が無かったりしたわけではありません。
表情が大変暗かったのです。
人から何を言われるか…小学校の時はビクビクしていました。
中学の時は(剣道の道場に2つ通って鬼のように練習していたので)何か言われたら叩きのめそうと身構えました。

想像してみて下さい。私の小中学生の頃…。良い顔しているわけ無いんですよ。
ドラマなどの悪役の顔です。

人間は顔の造作より表情の方が印象が強いと思います。

「どろかぶら」という劇をご存知でしょうか?
このブログにあったので引用します。

http://mugikiri.exblog.jp/8440885

読んでみて下さい。
その中にある

  ・自分を恥じない。
  
  ・人に笑顔で接する。
  
  ・人の立場になって考える。 

試してみてはいかがでしょうか?

4年2ヶ月前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ