hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

座禅について

回答数回答 1
有り難し有り難し 12

私は最近座禅にチャレンジしているのですが、座禅中呼吸がとても苦しくて困っています。息を長く吐けなくて、腹筋に力が入ってしまいます。座禅をしたあとは、する前よりも疲れています。どうしたらいいでしょうか。力まないようにやっているつもりなんですが・・・。

2013年3月4日 2:10

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

“りきまないように・・・”頑張りすぎ?そして、直接指導を受けてみては?

fumiyaさん、こんにちは。

最近坐禅にチャレンジなさっているとのこと、すばらしいですね。経験則ではありますが、お答えします。
『座禅中呼吸がとても苦しくて困っています。息を長く吐けなくて、腹筋に力が入ってしまいます。』

坐禅とは「ただ、いい姿勢で、いい呼吸に集中する」とも言えます。
あなたの思う「いい姿勢」はなんですか?「いい呼吸」はなんですか?

息を長く吐こう、と無理をしていませんか。普通に深呼吸すればいいのだと思いますよ。特別な呼吸法があるわけではないのです。
姿勢については、“腰が落ちないように、肩肘張らずにリラックス”しましょう。
坐禅!というと、ガッチリじっとしているイメージがあるかもしれませんが、それは違います。むしろゆったりと。まったく動かないなんて無理じゃないですか?

悶々悩むのもいいかもしれませんが、禅寺での坐禅会で直接ご指導願ってください。人に見てもらって、お話しを聞くのが一番ですよ。本を買って、自分だけでなんとかしてやろう・・という方がいますが、よからぬことです。本というのは、たとえばの話ですが。

仲間と一緒にすることです。
残念ながら、独りよがりになってしまいますから。

2013年3月5日 6:56
{{count}}
有り難し
おきもち

「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

「坐禅について」問答一覧

坐禅接心の警策で師から痛打された理由

接心会で老師が検単に回られた時に警策で痛打されたのですが理由が判りません。 もちろん坐禅における警策について承知しているので打たれた事を云々言うつもりはないです。ただ通常より強く打たれたので意味があるのでは・・と思っています。 30代女。坐禅歴約10年。 臨済宗の某寺の接心会に一日だけ参加させていただきました。 約10年ほど地元のお寺の座禅会に通ってますが、初めての接心坐禅の参加で戸惑い周りを見ながらも何とか一日が終わろうとしてました。 最後に老師が検単に回られた時に出来事が発生しました。 老師が禅堂内を回られる時に一人の若い雲水と私の前に札を置いて行きました。 何??と思っていると、一周回った老師が札を置いた若い雲水の背中に警策を押し当てると思いっ切り振りかぶって背中を何発も激しく痛打しました。通常の警策は左右二発でしたが十発以上は打ってたと思います(正確に数えてません) そして私の元にも歩み寄り「体にさわりが無ければあなたも強く打ちますがいいですね」と確認があり、頷くと私にもおそらく十発以上の強い警策が打ち下ろされました。背中が壊れるかと思うほどの強い連打に声が洩れて早く終わって欲しいと願う程でした。 帰り際に周りの人に聞いても「女性にあんな警策するのは驚いた」と話すばかりで肝心の理由は教えてもらえませんでした。 老師を訪ねて直接聞けば良いのですが勇気がありませんでした。 心当たりは「痛かろうが足はしっかり組みなさい」とお声掛けがあったのに坐禅の足を結跏趺坐にしたり半跏趺坐にしてたこと? しかし、結跏趺坐の指定はなく隣の人はずっと半跏趺坐で坐っていたので違う気がしますが心当たりはこれぐらい。 一般論で構わないので私の状況で強く打たれた理由を教えてください。 厳しい言葉でも構いません。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る