hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

ある言動が欲深く思えて、不快です。

回答数回答 2
有り難し有り難し 27

私の勤める会社に、何かと欲張りな人がいて、その人の言動に嫌な気持ちが起こります。

その人は40歳くらいの男性で、奥さんと子供3人がいて、住宅ローンや子どもの習い事と家計が大変らしいです。奥さんは働いていません。

家計が大変なのは察するところですが、何かにつけて会社でもらったものを多くもらおうとします。いつも会社の備品ももらおうとして、この前会社の業務で使っていた家電が不要になったとき、勝手にもらおうとしていました。

先日、会社の得意先からくじ引きを沢山もらって、他の人は行けないので、私とその男性でわけました。私はもらった景品の内から、少しだけど行けなかった皆におすそ分けしました。その男性は会社に持ってくるどころか、自分のママ友たちにあげたそうです。

その男性にも少しお菓子をあげたのですが、『これもっとちょうだい』と言われました。どこまで欲しがるのだろうと思い、絶句してしまったら、『冗談、冗談』と言ってました。

そしていつも『給料あげてほしい。少ない。』と言います。
お金って大事だと思います。お金がないと生きていけないし、一家を支えてるのも、きっと大変なのだと思います。
でも、そんなに欲張って、物乞いみたいに人や会社にたかって、そのくせお給料をくれる会社には不満しか言わず、私は見るのも聞くのもつらいです。
そんなに苦しいなら、生活ランクを落としたり、つつましやかに暮らせばよいだけのことなのに、周りから利益を取ろうとして賤しいと思います。

他人のこと悪く言ってすみません。
こういう人に対して、どう思えば心が安らかになると思いますか?

どうか、よろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

彼の土俵から降りましょう

>他人のこと悪く言ってすみません
この一言に凝縮されていると思います。
男性がちぃちさんのご家族やお友だちならアドバイスをしたくもなるでしょう。しかし、やっぱり他人なんです。

きっと、そんな方なら、その本性はちぃちさんの他にも分かる人には分かっています。
見るのも聞くのもつらいですから、せめて同じ土俵から降りて差し上げてください。一人で相撲は取れませんので。そして悪く言うのも悪く見るのもやめて、みんながのぼりたくなるような、ちぃちさんの素晴らしい土俵を作り上げていきましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

問題にする自分の心が問題。

他人の行を気にするのもあなたの心。
他人が気になっているという状態のあなたの心。
「問題は相手ではなく、相手を問題にするあなたの心なのです。」
「治すべきは、相手ではなく、相手の行いに是非現悪の心を起こして、苦しみを生じさせているあなたの心なのです。」
ここを今回、課題にしてみてください。
「ああ、私は、あの人を気にして、それによって心を苦しめている。何と愚かしいことか、相手を問題にする、自分の心を問題にして、人や物を❝わたくし❞しないように心をおさめよう。」と。

単にその人の浅ましさをやめさせたいのであれば、その旨を上手に伝えればよいかと思いますが、物欲の塊のような無宗教、不道徳な人間はこの世にはワンサカいます。習癖なのでなかなか変えられるものではありません。
そういう人の為にも本当は宗教が存在するのですが、そういう人は誰かに言われて心底恥ずかしい思いをしない限りはなかなか自分の行いの愚かしさに気が付かないものです。
仏教は他人を変える事ではありません。
自分が自分の心をおさめる事です。
あなたの望む答えではないことは重々承知ですが、この点を熟考なさっていただきたいと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

質問者からのお礼

増田様ご回答いただけて嬉しいです。ありがとうございます。その人に対してイライラしてたのは、同じ土俵に上がっていたからなのですね。正直言うと、私もそれ欲しいなっていう気持ちがどこかにありました。書き込みが終わった時、少しその人に対する嫌な気持ちが無くなりました。例えるなら『枯れた』感じです。そして、土俵から降りなさいって教えていただいて、今は枯れた感情を海や川に流したイメージです。私の土俵は汚れなく、美しくしたいです。御嶽山で小学生をかばって上着をかけてあげた男性の心のように、温かいものにしたいです。素敵なイメージを湧かせてくれて、感謝します。 ちぃち

丹下様
いつも深い仏教的なお言葉をありがとうございます。確かにそうですね。例えば相手の行動を変えさせたいと思っても、沢山の労力が伴って、それでも変えられないかもしれない。変えられたとしても恥をかかせたりして、恨みを買うかもしれません。わざわざ心に波風を立てているのは自分自身なのかもしれません。私は自分で自分の心をおさめると言うことですね。皆様に共通することですが、このような迷いも一旦受け止めたうえでお答え下さり、本当に救われます。仏様の懐の広さに、只々感じ入ります。自分の小ささを思い知らされ、何だかすごく清々しいです。もっと優しくなりたいな、と祈るばかりです。本当にありがとうございます。 ちぃち

「欲望・欲を抑える」問答一覧

密教における欲、怒りについて。

昔、私が学生だった頃、大学でインド哲学を学んだ人から、こう教えられました。「初期仏教では人に属する欲は全て良くないものと全否定されるが、時代が経てだんだんと欲は肯定されていって、仏教の最終段階である密教では「セックスは菩薩の境地だ!」と教えられるのですよ。そうやって密教では性も含めあらゆる欲が全肯定されるに至るのです!」と。 また同時に、弘法大師を信奉するある僧侶の方が「日本人は怒れないないからダメなんだ!」と仰り、その言葉を持って、先の人からは「(人に対して社会に対して)もっと怒れ!怒れ!」と、私は言われ続けました。 私は{密教では怒りの感情も人間に属する<聖なる属性>として肯定されるのか。。}と思い、それからというもの、私は何かと「怒り」を持って親や世間の人たちに接し、それが故に大きな軋轢を家族や人々との間に作ってきました。 今はそのようなことすべてを後悔しています。 私も老齢を迎えつつある今、お釈迦様の言葉や弘法大師の「四恩十善の教え」を知るなかで、実際のところ、密教では「欲」や「怒り」はどのように扱われるのだろうという疑問が頭から離れません。 彼らが言ったように、欲や怒りは密教では「善きもの」なのでしょうか? そのように肯定されるものなのでしょうか。 お釈迦様の教と密教はそれほど違うものなのでしょうか。 どうぞお教下さい。

有り難し有り難し 39
回答数回答 3

新しい刺激を得たい欲求との付き合い方

ストレスが溜まると新しい刺激が欲しくなります。(週1ぐらい) 同じ毎日に嫌気が刺し新しい楽しいことがないかと考えます。 しかし、それのせいで先日夫と喧嘩をしました。 少し前から私はこの人生を鮮やかにするには新しいことを習慣化し自分の特技を作ろうと語学の勉強をしていました。 勉強をしていくうちにペラペラになりたいと思い、なった方々を調べるとネイティブの方と喋るに尽きるとのことでした。 私は留学はできませんしお金もあまりないので、海外の方と交流できるコミュニケーションアプリの利用を考えました。もちろん女性とだけ関わるつもりでした。 しかし、夫は元々SNSを酷く嫌がるタイプの人間なのでやはりダメでした。 自分からすれば刺激のない日々の対策を自ら見つけ、コツコツ頑張って来たので腹が立ちました。何も男の人と関わるとは言ってないからです。 とはいえ、夫がそう言うだろうとはわかっていました。自分は夫の方が大事なのでそこは自分が諦めました。 しかしながら、じゃあその代わりになる物があるかと言うとそうじゃないです。 今まで散歩や、新しい料理、掃除、読書などをやってましたがどれも物足りなかったです。 また何かを見つけない限り自分は生きてるのが苦痛になると思います。 このストレスを得ると新しい刺激を得たい欲求とどう付き合うのが良いのでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

「欲」との向き合い方が分かりません。

いつもお世話になっています。 タイトルの通り、欲とどう付き合うべきなのか、より正確には「無欲」とどう対峙すれば良いのか悩んでいます。 私は基本的に、様々な物・事に対する欲や執着が薄い傾向にあります。 物欲はもちろん、金銭や名誉への執着も大してなく、娯楽や趣味も没頭するほど興味の強いものが特にありません。 人間である以上、欲が皆無という事は有り得ませんし、あくまで「欲が薄い」のだろうと自身では思っていますが、実際それを周囲から指摘される事がたびたびあります。 例えば物欲ですが、生活必需品(消耗品)以外の物について「どうしても欲しくて堪らない」と感じる事がほとんどなく、自ら買いに出かけるような事はまずありません。 流行に疎く、新しい物・珍しい物への関心も薄いです。 毎年誕生日にプレゼント交換をする友人がいますが、これと言って欲しい物も思いつかず「じゃあこれ適当に使って」と仕方なく現金でもらった経験さえあります。 しかし、そのお金に関しても「欲しい物、したい事があって貯めている」わけではなく、「使う予定がなく必然的に貯金に回っている」状態です。 他にも、人と会ったり遊んだりする際、行きたい場所、したい事がパッと浮かばず、基本的にプランは相手任せです。 (表現が適切か定かでありませんが) 「意見がないに等しい」ので、仮にどこで何をする事になっても、それを苦に感じたり嫌に思ったりは特にありません。 ですが周りからは「それで本当に楽しめてるの?」と逆に疑われる事があります。 また、私はどちらかと言うと「〜したい」より「〜したくない」という欲が強いです。 自身の経験上(※詳細は過去の質問をご参照願います)、常に思考の根本に「周りを巻き込みたくない」考えがあり、結果的に「相手に合わせる」、より正確には「相手任せ」という展開が大半です。 自分自身に関しても、「今以下にはなりたくない」、強いて肯定形にするなら「せめて現状維持でいたい」です。 欲の無さは同時に自信や向上心の無さだと聞きますが、やはり欲が薄いのは総じて良くないのでしょうか。 欲の薄い自分はまともに自己主張すらできない弱い人間という事なのでしょうか。 欲が薄い事は「恥ずべき」事、「改めるべき」事に当たりますか。そうである場合、それを直していくためにどのような事を心がけていくべきか教えて頂きたいです。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る