お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

ある言動が欲深く思えて、不快です。

私の勤める会社に、何かと欲張りな人がいて、その人の言動に嫌な気持ちが起こります。

その人は40歳くらいの男性で、奥さんと子供3人がいて、住宅ローンや子どもの習い事と家計が大変らしいです。奥さんは働いていません。

家計が大変なのは察するところですが、何かにつけて会社でもらったものを多くもらおうとします。いつも会社の備品ももらおうとして、この前会社の業務で使っていた家電が不要になったとき、勝手にもらおうとしていました。

先日、会社の得意先からくじ引きを沢山もらって、他の人は行けないので、私とその男性でわけました。私はもらった景品の内から、少しだけど行けなかった皆におすそ分けしました。その男性は会社に持ってくるどころか、自分のママ友たちにあげたそうです。

その男性にも少しお菓子をあげたのですが、『これもっとちょうだい』と言われました。どこまで欲しがるのだろうと思い、絶句してしまったら、『冗談、冗談』と言ってました。

そしていつも『給料あげてほしい。少ない。』と言います。
お金って大事だと思います。お金がないと生きていけないし、一家を支えてるのも、きっと大変なのだと思います。
でも、そんなに欲張って、物乞いみたいに人や会社にたかって、そのくせお給料をくれる会社には不満しか言わず、私は見るのも聞くのもつらいです。
そんなに苦しいなら、生活ランクを落としたり、つつましやかに暮らせばよいだけのことなのに、周りから利益を取ろうとして賤しいと思います。

他人のこと悪く言ってすみません。
こういう人に対して、どう思えば心が安らかになると思いますか?

どうか、よろしくお願いします。

有り難し 23
回答 2

質問投稿日: 2014年10月20日 13:06

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

彼の土俵から降りましょう

>他人のこと悪く言ってすみません
この一言に凝縮されていると思います。
男性がちぃちさんのご家族やお友だちならアドバイスをしたくもなるでしょう。しかし、やっぱり他人なんです。

きっと、そんな方なら、その本性はちぃちさんの他にも分かる人には分かっています。
見るのも聞くのもつらいですから、せめて同じ土俵から降りて差し上げてください。一人で相撲は取れませんので。そして悪く言うのも悪く見るのもやめて、みんながのぼりたくなるような、ちぃちさんの素晴らしい土俵を作り上げていきましょう。

3年7ヶ月前

問題にする自分の心が問題。

他人の行を気にするのもあなたの心。
他人が気になっているという状態のあなたの心。
「問題は相手ではなく、相手を問題にするあなたの心なのです。」
「治すべきは、相手ではなく、相手の行いに是非現悪の心を起こして、苦しみを生じさせているあなたの心なのです。」
ここを今回、課題にしてみてください。
「ああ、私は、あの人を気にして、それによって心を苦しめている。何と愚かしいことか、相手を問題にする、自分の心を問題にして、人や物を❝わたくし❞しないように心をおさめよう。」と。

単にその人の浅ましさをやめさせたいのであれば、その旨を上手に伝えればよいかと思いますが、物欲の塊のような無宗教、不道徳な人間はこの世にはワンサカいます。習癖なのでなかなか変えられるものではありません。
そういう人の為にも本当は宗教が存在するのですが、そういう人は誰かに言われて心底恥ずかしい思いをしない限りはなかなか自分の行いの愚かしさに気が付かないものです。
仏教は他人を変える事ではありません。
自分が自分の心をおさめる事です。
あなたの望む答えではないことは重々承知ですが、この点を熟考なさっていただきたいと思います。

3年7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

増田様ご回答いただけて嬉しいです。ありがとうございます。その人に対してイライラしてたのは、同じ土俵に上がっていたからなのですね。正直言うと、私もそれ欲しいなっていう気持ちがどこかにありました。書き込みが終わった時、少しその人に対する嫌な気持ちが無くなりました。例えるなら『枯れた』感じです。そして、土俵から降りなさいって教えていただいて、今は枯れた感情を海や川に流したイメージです。私の土俵は汚れなく、美しくしたいです。御嶽山で小学生をかばって上着をかけてあげた男性の心のように、温かいものにしたいです。素敵なイメージを湧かせてくれて、感謝します。 ちぃち

丹下様
いつも深い仏教的なお言葉をありがとうございます。確かにそうですね。例えば相手の行動を変えさせたいと思っても、沢山の労力が伴って、それでも変えられないかもしれない。変えられたとしても恥をかかせたりして、恨みを買うかもしれません。わざわざ心に波風を立てているのは自分自身なのかもしれません。私は自分で自分の心をおさめると言うことですね。皆様に共通することですが、このような迷いも一旦受け止めたうえでお答え下さり、本当に救われます。仏様の懐の広さに、只々感じ入ります。自分の小ささを思い知らされ、何だかすごく清々しいです。もっと優しくなりたいな、と祈るばかりです。本当にありがとうございます。 ちぃち

関連する問答
このページの先頭へ