お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

両親のお墓に入るなら旧姓に戻さなければいけませんか?

離婚しようと思っています。

姉妹ふたりとも結婚し、現在は次女である私が両親の仏様をみています。夫の両親がいずれ亡くなったら、私の両親は永代供養することになります。

離婚したら、私がずっと供養を続けることができるし、私が両親のお墓に入ることもできる、とも考えています。

まだ学生の子供がいるので、離婚後も現在の姓を使うほうが便宜上よいのですが、両親のお墓に入るなら、姓が違っても問題ありませんか?

離婚の理由は両親の供養のこととは、全く別のことです。

どうか、よろしくお願いします。

お墓・仏壇
有り難し 16
回答 1

質問投稿日: 2014年11月23日 10:27

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

祖先の祭祀を承継していれば、お墓に入れると思います

 質問の意味が若干不明の部分がありますが、「両親のお墓に入れるか?」という点に回答させていただきます。
 まず、あなたの御両親が眠る墓地の「墓地管理規則」をご確認ください。私の寺の「墓地管理規則」では、墓地の承継について「 墓地使用者が死亡したときは、祖先の祭杷を主宰すべきものがその地位を承継するものとする。」と規定しております。あなたのところの「墓地管理規則」はどうなっていますか?おそらくほぼ同様の規定になっていると思います。「長子でなければ、承継できない。」とか、「祖先と同姓でなければ、承継できない。」とは規定していないと思います。


現在は次女である私が両親の仏様をみています

ということは、あなたの御実家の祖先祭祀はあなたが承継していると思われます。姓が違っても、御両親と同じお墓に入ることは可能だと思います。(親戚などが「結婚して姓が変わったら、駄目だ。」と何の根拠も無く横槍を入れるケースがよくありますが、その墓所に関して何ら責任も権限も有しない親戚の言うことは聞き流して構わないと思います。)

下記の文章は何かの勘違いから、書かれたのではないでしょうか?上記回答で不十分でしたら、もう一度あらためてご質問ください。

夫の両親がいずれ亡くなったら、私の両親は永代供養することになります。
離婚したら、私がずっと供養を続けることができるし、私が両親のお墓に入ることもできる、とも考えています。

追記
サバライスさん、以前、私がブログに書いた記事です。一つの仏壇に両家の位牌が有っても構わないと思います。一軒お家に両家の仏壇を置かざるを得ないこともあると思います。http://blogs.yahoo.co.jp/dorinji/1331247.html

4年8ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答いただき、ありがとうございます。
拙い文章で、わかりにくくて申し訳ありません。

今は私の両親の仏壇が家にあるのですが「一家にふたつの位牌があるのはよくない」との理由で、夫の両親が亡くなったら、私の両親は永代供養することになっていました。
離婚した際には、今後も私の手元に位牌を置いておけるということです。

性の変更については、墓地管理規則を確認してみます。
ありがとうございます。

「お墓」問答一覧

  • お寺の皆様へ質問です。 当方石材の洗浄をやらして頂いております。その中こ...
  • お墓について 女性 30歳代
    こんばんは。 お墓について心配事があります。私はお墓参りが好きで、よ...
  • 結婚して20年余、子供が2人います。 私の両親も高齢になり、お墓のことを...
  • お墓について 女性 40歳代
    無知でお恥ずかしいのですが ふと疑問に思ったので教えて下さい! 子ども...
  • 古いお墓について 女性 30歳代
    おはようございます! お暇な時に教えていただけると嬉しいです。 ...
  • 私と兄は一度も結婚しておらず、子どももいません。兄は仕事で転勤があり、私も...
  • お墓 女性 40歳代
    嫁ぎ先の親に心無い酷い事ばかり言われているので同じお墓に入るのが怖くて嫌で...
  • お墓の行方 女性 40歳代
    実家のお墓について教えて下さい。 現在、実家のお墓が2つあります。一つは...
  • お墓の設置場所について教えて下さい。 主人の実家は、先祖代々のお墓を...
  • お墓探し 男性 40歳代
    東京もしくは埼玉でお墓を作りたいと思っております。 先祖と育ての叔母...
「お墓」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ