何か良くないことが起こった時

悪いことが自分や他人の身に起こった時、それぞれの宗派ではそれをどうとらえますか?

僕は、犯罪や事故のニュースを見ると被害にあわれた方がどんなに辛かったか想像して悲しくなってしまいます。

また、悪いことが起こるのは前世から今までに悪いことをしたからだと言う人があったんですが、
これは仏教の教えとは違うものですか?

たたり・悪霊
有り難し 24
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

観音寺

大鐵

前世の因縁は仏教思想ではありません。

 前世の因縁は皆さん言われておりますが、これはインドのバラモン教の思想でカースト制度の正当性を伝えるために用いられたもので仏教はそこから逃れるためにお釈迦様が唱えられた宗教であります。ですから、仏教の世界には実力や人徳、人間関係により形成されるものであり、そこには差別は皆無と言っていいほどないに等しいのです。ちょっと言い過ぎですが、目指すところはそこですので悪しからず。
 そこを踏まえて、事故や犯罪は様々な合理的な要因によって起されるものであり、決して、前世は関係ないのです。只人に恨みを買えば、仕返しをされることもありますが、もし自分が仕返しをする立場になっても思い留める力もまた、仏教なのです。念仏や坐禅もその気持ちを抑える1つの手段です。
 最近、家族が殺されて、犯人が捕まった時、必ず死刑にしろと訴える遺族がおります。気持ちは本当に分かりますが、自分が死刑のスイッチを押してもいいとなった時に本当に押せるでしょうか?
 言い放し、他人任せ、いざ自分がするとなるとひるんでしまう。ここにあなたは疑問を感じませんか?ワシはここが宗教者(僧侶)の力を試されていることだと思います。前世なんぞ見たことも無いものに惑わされているより、よっぽど考えるに値します。どうでしょうか?

3年2ヶ月前

善し悪しを交えずに

科学的に観ても、出来事というものは出来事です。
そこに良し悪しは初めはついていない、という視点を持ってみましょう。
誰にとって良いことなのか悪いことなのか。
ひょっとしたら、その良いこと悪いことって、安易に悪いことと、不運としておられますが、それは善悪の価値判断を加えて観た世界ではないでしょうか。
勿論当事者にとっては、不運と言わざるを得ないような出来事は多々あります。
私も❝不運❞と思いたくなるようなことは沢山経験いたしましたが、現在に至っては、当時不運に思われたことであっても、自分を成長に導いてくれた経験です。
そこに良い悪いの評価、価値判断を付け加えない様に捉えるように心掛けています。
それが精神衛生上も一番苦しみがありません。
「出来事は出来事には変わりはない。だが、それが良いことか悪いことかは必ずしも判断を下すべき事ではない」というのが私個人の考えです。
良いことか、悪いことかというのは、自分を中心としたものの見方です。
これは悪いことだ、と思うと、本当にその出来事が悪いこととして自分の中で取り扱われてしまうのです。
質問者様の答えにはなっていない部分がありますが、あなたが心底救われたいと願われるのであれば、善悪、良し悪し、幸運不運という人間的なものの見方に縛られない生き方、仏道を学ばれることを強くお勧めします。そもそも、仏教とはそういう考え方から救われていくための教えでもあるからです。
不運にも災害や、事故に見舞われました方々には、心より哀悼の祈りを捧げます。
そして、共に善悪、苦楽の迷妄の思いを断ち切って共に安楽な心に目覚めるべく精進してまいりたいと思います。

3年2ヶ月前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ