お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

お寺と神社の違い

ずっと疑問に思っていたことがあります。
それは『お寺』と『神社』の違いです。
それぞれ、どのような役割があるのでしょうか?
どのような時にお伺いすれば良いのでしょうか?

いまいち解らぬまま大人になってしまったので質問するのも恥ずかしいのですが…

よろしくお願いします。

その他
有り難し 71
回答 2

質問投稿日: 2016年6月8日 9:24

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

未来への祈りと過去の手直しです

yulietさまこんにちは。ご質問いただいた神社とお寺の違いですが祀られる対象が異なります。

神社は「神さま」を祀っております。そしてお寺は「仏さま」を祀っております。
神さまと仏さまはとても似ているのですが、お仕事をする領域が異なります。

神さまの職場は現在から未来への時間軸です。つまり今の自分にはないものを獲得したいときは神さまに祈りを捧げます。例・・・病気を治す力をください、健康な体をくださいなど

仏さまの職場は現在から過去への時間軸です。つまり既にあるものに手直しをしたいときは仏さまに祈りを捧げます。例・・・先祖供養やごめんなさいという反省

なのでお願いごとは神社、感謝はお寺と覚えてください。

3年前

お坊さんからすればお寺に来て欲しいけど

神社は神様を祀っている所で、家内安全や安産祈願などの現世利益を神様にお願いします。
神様といっても、いろんな自然の神様だけでなく、ご先祖様や戦争で亡くなった人も含まれます。

お寺は仏教の修行や布教をする所です。
仏教の修行とはお釈迦様の説かれた心を制御する訓練です。
そのために戒律を守るよう努めたり、坐禅や瞑想をしたり、念仏を唱えたり、読経したりします。
また、心を養うために、様々な仏様や、浄土に居られるご先祖様、あるいは心の中に居られるご先祖様を供養します。
また、神社のように様々な仏様やご先祖様に現世利益をお願いすることもありますし、さらに、阿弥陀仏などに極楽浄土に連れて行ってくださいと来世の事をお願いすることもあります。これも心を制御する一環です。

ですから、日本では神社とお寺は相反するのもではなく、共に親しまれているのですね。
私はお坊さんなので、やはり、お寺に来て欲しいと思います。

3年前

質問者からの有り難し - お礼

赤澤貞槙 様
わかりやすいご説明ありがとうございました。
長年の疑問が解決し、とてもスッキリしました。
お尋ねして良かったです。
本当にありがとうございました。

聖章 様
こ回答ありがとうございました。
神社とお寺は相反するものではなく、共に親しまれている…。
なるほどーと思いました。
今後、神社やお寺を訪れた時にはこのご回答を思い出し、いろいろなことを感じてみたいと思いました。

「お寺全般」問答一覧

「お寺全般」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ