hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

他の宗派の否定?

回答数回答 4
有り難し有り難し 45

こん〇〇わ!
日蓮さんの言葉で、真言亡国、禅天魔、念仏無間、律国賊、という言葉がありますが、他の教えを批判するのはどうなのだろうかと思います。
日蓮さんは、虚空蔵求聞持法をして、法華一乗の教えにたどり着いたという話を聞いたことがあります…
お世話になった比叡山は全て兼学できるお山であるのに否定をする、お釈迦さんに失礼ではないのでしょうか?、日蓮宗の法華懺法法要の奉送は大日経から来ているという話を聞きました。
律国賊、
戒律を守る人たちに対して国を壊すというのはどういうことでしょうか?
はっきり言って理解不能です。
さらに龍神の娘が男に変かわって成仏したという法華経の下り。女性の私は現世での成仏は不可能ですか?
来世は男に生まれないといけないのでしょうか?
皆さまどう思われてるのでしょうか。

2016年8月3日 23:08

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

四箇格言は正統派日蓮宗さんが訣別しているから過去の話題

う〜ん…日蓮さまを批判すれば「他の教えを批判する」ことになります。輪廻とはよく言ったもので、争いは追及すればするほどクルクルと連鎖していくものです。日蓮さまがそう言ったという事ではなく、今の正統派の日蓮宗さんがこの四箇格言とすでに訣別している事に目を着け、輪廻から抜けましょう。

現代の取り扱い方としては被害が出続けていますので言及せざるを得ませんが、例として不立文字・教外別伝ゆえに天魔とされた禅宗を挙げるとします。現代でいう禅宗は臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三宗です。

ここで日蓮さまの頃の三宗はどうだったかと言いますと、臨済宗は禅密兼学の道場であり、禅一本に絞るのは江戸時代の白隠禅師を待つことになります。曹洞宗は禅宗の呼称を拒絶し、『正法眼蔵』には「不立文字・教外別伝をうたって経典を一切読まない輩はお坊さんでは無い。ただの禿頭だ」と明記されています。黄檗宗に至っては江戸時代の伝来ですから無縁です。

実は当時の日本で禅宗と言えば大日坊能忍の達磨宗を指し、すでにタブーとされていました。そして達磨宗が断絶した時点で禅天魔は過去の話題です。むしろ今の禅と日蓮さまは敵の敵は味方という間柄だったとさえ言えます。

ゆえに今の時代に四箇格言を信じて他宗を批判するのは、完全にデマを垂れ流すことになります。
まさかそんな人達がいるかどうか私は全然まったく微塵も存じませんが、もし仮に組織的に流布して教団拡張に利用したなら、この一点だけでも社会悪と見なさざるを得ないでしょう。

さて、女人成仏。龍神が男に云々の話は法華経発祥ではなく、やや古い経典から存在するようです。南伝仏教ではいまだにこれを引きずっている地域が多く、比丘尼の制度が認められていない地域も多いです。ぶっちゃけ女性差別です。しかし、さらに古い最古層の経典になると女性もどんどん悟っていますよ。簡単に読めるものとしてはこれです。
(中村元『尼僧の告白―テーリーガーター』岩波文庫-青-327-2)

経典とは結集に始まり、2500年にわたって積み重ねて来たものです。だからこそ精査されてきた部分もあれば、不純物がまぎれ込んだ部分もあります。特に差別に関わるものは慎重に扱い、受け継がないべきものは受け継がないという姿勢をとる必要があります。2500年の歴史とはゴールではなく、今現在も走行中であることを意味するのですから。

2016年8月4日 14:59
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

日蓮上人の真意

実は日蓮上人の言う通りなのです。
ただし!
それは当時堕落しきっていた仏教界のようにいい加減であったらいかんぞ!という愛ある尻叩きをした、と読み取るべきものなのです。
悪くとらえる者は、日蓮上人の言葉で争いの心すら生ずる。
悪くとらえればどんな賢人聖人の言葉も毒にすらなる。
本当の亡国の精神はどこにあるか。
人の言葉やニュースを悪くとらえて物事を逆さまに眺めるような迷妄の観方こそ!でしょう、
あなたも僧侶同志を争わせる迂闊なことを言えば亡国天魔。ご用心。
ではどういう意味か。
真言亡国…真言も真意を会せずに訳も分からず唱えるような不勉強な真言では鎮護国家どころか国が亡びましょう。
禅天魔…徒やみくもにブッ座っていても何にもなりゃせん。
野狐禅、邪禅、ポカン打座。禅もはき違えれば天魔のヤカラ。
つまり、これらは皆、各宗派が日蓮の言葉に恥じて襟元正す機縁として善意に受け取れば良いのです。
念仏無間…カラ念仏や空想・絵空事の浄土世界に誘えば無間地獄に落ちて当然。人間の都合の良い思考世界の浄土に泳がせるような念仏では現前の浄土を見失わせる。
律国賊。いくら戒律を他者に説いても己が律せられない律ならば役立たず。戒とは何か律とは何か。達磨大師の一心戒文と現代の戒律と大いにズレがあるのは何ゆえか。
戒も律も解釈を誤れば、この日蓮上人の言葉の真意を悪く解釈するように僧同士で戦争すら起こしかねない。

事実は一つ誤った解釈は無限。
よって自分中心の物事を枉げてみる見方こそが亡国、天魔、無間地獄、国賊を生みだすのです。
あなたもこれを諭されるまでは日蓮上人は悪い人間にすら感じられていたでしょう。
それが事実を自分中心のものの見方で枉げて曲解する我見という亡国の見。
それは誰にでもある。
私なんかこのようにリアルぶっちゃけですから、言葉が過激過ぎてフェイスブックでもブロック!ブロック!便座ブロック!丹下天魔!丹下亡国!丹下国賊!です。(笑)
ですが、本当の私は私でテン魔ならぬ、このマンマ。
解釈で曲解すれば、いくらでもイチャモンがつけられる。
今のインドやイスラム国をご覧ください。みんな女性はどうして女性に生まれてきてしまったのとばかり涙を飲む状況。当時もそういう時代背景があったのでしょう。そういう人たちに希望を持たせる救いの方便だったのでしょう。

2016年8月5日 3:16
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

お坊さんにもプライドの煩悩がある

プライドの煩悩があると、自分はすばらしい存在だと思いたいのです。
自分の所属しているグループがすばらしい場合、自分をすばらしいと思いやすいので、人は、自分の所属しているグループを誉めたいのです。
で、そのときに、他のグループと比較して評価した方がてっとり早いので、人間は、他はダメダメでうちはスゴい、という図式を好むのです。

日蓮さんにもプライドの煩悩があったから、ちょっと口が滑ってしまったのではないでしょうか。
鎌倉仏教の特色として、煩悩を消す修行にこだわらない、というのがあります。
仏教は、プライドを含めた煩悩を消して悩み苦しみを消そうとするのが基本ですが、平安鎌倉時代の日本の宗教革命では、煩悩をそのままで幸せを感じられる信仰しかたが重視されましたので、日蓮さんは、プライドの煩悩を反省する気持ちが薄かったのかもしれませんね。

2016年8月4日 0:10
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

皆お釈迦様の弟子ですから

拝読させて頂きました。大変学んでいらっしゃるご様子ですね。あなたのその様な姿勢頭が下がります。
ご存知の通り仏教には八万四千の法門があります。つまりお釈迦様が様々な仏法をお説きになられており、後世のあまたの修行者学者偉人が体系化したり解釈しています。人の世の時代背景や世相も大きく反映していますし、人それぞれの生まれた状況やどの様に成長なさっていったか或いはその方の資質も学ぶ上で影響して参ります。
おそらくご存じでしょうが成仏する道すじを高い山に例える場合もありますね。険しい崖を自分の力だけで登り切る方とひじょうに長いゆるい道のりを歩まれる方。又例え話で或いはあちら側にたどり着く為に荒波を突き進む方もいれば大きな安定した船で連れていって頂く方もいるわけです。
宗門にはそれぞれの宗祖様の生まれや成長過程や時代背景や生き様がその学ぶ内容をも反映されております。
宗教の他を誹謗中傷して自分以外の道すじを否定することは今の世の中でも見受ける光景です。私はそれは良くないことだと思います。人のふり見て我がふり直せです。私も皆さんも同じお釈迦様の弟子ですからね。共に相和して正しい仏教を学んでいきたいと切に願いますね。

2016年8月4日 11:40
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして8年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

皆様ありがとうございます。
一つ質問なのですが、丹下様、この回答を見ていると理解をしなければ、題目無間や題目亡国というふうにも捉えられるのではないでしょうか?

「仏教宗派について」問答一覧

仏教に様々な宗派がある理由

いつも拝見し、様々な方のご質問やお坊さん方のご回答を読ませていただいては多くを学ばせていただいており、ありがとうございます。 初めて勇気を出して質問させていただきます。。。 少しずつ本を読んだり話を聞かせたいただいていますが、まだまだ初心者です。 本来ならばいずれかの宗派に特化して学ぶべきなのでしょうが、まだそこまで絞れておりません。 少し学んだレベルなのですが、自力の仏教も他力の仏教も頷かされることが多々あります。 どちらの仏教も並立するんやないかなと思うこともあるくらいなのですが、他方、それぞれで相反する考え方もあります。お経さんでも同じです。 元はお釈迦様から始まった同じ根っこなのに何故なんやろう…と不思議でした。 これは、対機説法、応病与薬が具現化した結果だと理解するべきものなのでしょうか? そうであるとするならば… 浄土真宗では、煩悩はなくならず、自力では決して救われず、悟ることはできないと聞かせていただいています。 他方、禅宗では、煩悩を減らして行き修行を重ね悟りに至ることを目指すものと認識しています。 ということは、人それぞれによって(対機)、自力で救われる人もいれば他力で救われる人もいる、 煩悩のままで救われる人もあれば、煩悩を減らして(なくして)救われる人もいるということでしょうか。 どの様な人に、どの様な説法=教えが適切なのでしょう⁇⁇ 屁理屈の様な、ド素人の、アホな質問で大変恐縮ですがご教示頂けますと有難いです。 もしかして過去にどなたかが似た様な質問をされて回答がある様でしたら申し訳ありません。 宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 35
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る