部活を引退された先輩のことです

はじめまして、高校2年女子です。
男子バドミントン部のマネージャーをしています。
質問なんですが、少しストーリー性のある書き方をしてしまっています...理解できなかったらすみません( .. )

私は1年生の五月に、マネージャーとして部に入りました。
当時高校2年生だったキャプテンさんはすごく真面目で、誠実で、寡黙で、でもさりげなく優しくて...。
つまり、ものすごく私の理想とする人でした。
なので私がキャプテンさんのことが気になりはじめるのに時間はかかりませんでした。

入部して数ヶ月、マネージャー業にも慣れ、同級生部員とも仲良くなれたころ、事件は起こりました。

キャプテンさんが、不登校になりました。

ちょうど今のような、夏真っ盛りな頃です。
夏休み中で授業はありませんでしたが、部活にも来ませんでした。
不審には思っていましたが、それが確信に変わったのは9月半ば。他の先輩や先生は知っていたようでした。
後々先生に理由を聞いてみると、「部長の重責」や「周りの過度な信頼による疲労」、「自分に厳しすぎる」などが述べられました。
どれも、先輩の真面目さからきたもののように思います。

その後、部活にだけは顔を出すようになり、大会にも出ていました。
ですが、ひどく痩せ、表情もなく、何も喋らなくなりました。
最後の県大会では、自分から団体メンバーを外れたものの、私と一緒に行動し、それなりに会話もできました。

今年の六月に先輩が引退し、しばらくは学校にも行っていたようですが、遊びに来た先輩や先生に聞くと、また不登校になってしまったようです。
引退のころはマシになっていた目つきや無口もひどくなり、目も合わせず一言も発しないそうです。

私は、先輩の力になりたいです。後輩の分際でおこがましいかも知れませんが、まだ先輩が現役の時、他の先輩方に混じってお手紙を書いたり、LINEも適度に送っていたので、今更何もしないなんて、嫌なんです。

先輩と私は中学校も違いますし、ましてや向こうは自転車通学で私は電車通学という接点の無さです。
自分が後輩であることがすごくもどかしいです。
私は今後、先輩にどのような行動をとればよいでしょうか?
やっぱり、ほっといてほしいんでしょうか...?

先輩には、笑顔でいてほしいです...。

長文失礼しました。(><)

他人・友人関係
有り難し 7
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

抑えて、抑えて

美蕾さま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。

質問文、順を追って丁寧に説明して頂き、とてもよく状況が理解できました。
タイトルにある「部活を引退された先輩」はバドミントン部のキャプテンで、美蕾さんはその方に恋心を抱いているご様子ですね。

またそうでなかったとしても、真面目で誠実で優しい先輩が、不登校になったり精神的に不調になっているのであれば、力になりたいと思うのは自然なことだと感じます。
力になりたいと思うのに、中学校が違ったり、1年後輩であることなどは、あまり関係の無いことだと思いますよ。

では具体的にどうしたら良いか。ここは注意が必要だと思います。
おそらく先輩は精神的な不調を抱え、苦しんでいます。真面目な人ほど、そういう状況になりやすいのです。いま先輩は、真面目に一所懸命に頑張りたい、でもそう出来ない自分にイライラし、もどかしく思っていることでしょう。

ですので「頑張って下さい」などの「励まし」は避けなければいけません。今までの先輩の頑張りを認め、しばらくは安んで欲しいという気持ちで接するのが良いと思います。

もうひとつ注意しなければいけないのは、美蕾さんが(おそらく)先輩に恋心を抱いていることです。もし会ったり連絡を取るようになったとして、先輩への強い気持ちが知らず知らず表面に現れることもあるでしょう。

その気持ちがプラスに向かう可能性も無くはありませんが、今の先輩の心境では煩わしく感じたり、プレッシャーに感じる可能性が高いでしょう。

励まさないこと。説得しないこと。
良かったら話をお聞きしますよ、という一歩引いたスタンス。
ご自分を抑えて接することが出来そうでしたら、コンタクトを取ってみてもよろしいかと思います。

★追記
そうですね、そっと力添えというのが良いですね。
あまり頑張り過ぎないよう、頑張って下さい(笑)

1年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

とてもよい回答を頂けて感激です...!
そうですよね、私が焦っても今ないですもんね!
今後の先輩との関わり方が見えたような気がします!
先輩が苦しい時、本人にもわからないくらい、そっとお力添えできるようになります(><)
本当にありがとうございました!

関連する問答
このページの先頭へ