hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

結婚してもいいんですか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 10

先日、親戚の法事に参列しました。
お経の後
和尚さんから有り難いお話があり、
とても感銘を受けました。
煩悩があるから
人間は思い悩むと。
自分の心が自分を苦しめるという
お説教でした。
会食の席で
和尚さんは我々と同じ料理を
食されていました。
食欲って煩悩ではないのですか?
てっきり精進だと思ってたので
少なからずショックでした。
お子さまの話しもされてました。
結婚してもいいんですね?
お説教とあまりにギャップがあります。
そのあたりを
分かりやすい教えて下さい。
よろしいお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

欲自身は悪いものではないのです

補)
出家も在家も日常を過ごす上では「同じ」と存じます。
社会やひとのために懸命につくして生活を送るのが在家であり、
いつも自分と向き合い、ほとけと向き合う生活を送るのが出家である
例えば「溺るる者 水に入れば 掬う者も又水に入る
 水に入ること同じうして水に入る所以は即ち異る」のごとくと
小生は考えます。

問題なのは欲というものをコントロールできるか否かです。
小生の回答でよく使わせて頂いているのですが、ウダーナヴァルガという
経典にておしゃかさまはこのように仰います。

愚人は快楽を求めて返って傷つく。
しかしこの世で自己を求める人は傷つくことはない。
快楽をひたすらに追い求めるが故に愚者は他人をも自分をも損なう。

自己を求めることも欲です。それが「過ぎる」のがよくない。
「快楽」を求めることを諌めるのが仏教です。

おしゃかさまはおさとりをひらく折に、スジャータ村の娘さんから
乳粥を供養され、それによって身体を調え、身体を調えたことで
こころの健康も得られたなかで、悟りを開かれました。

ですから食事は大切な行であり、頂いたもの、テーブルに上がったものは
有難く頂戴することがたいせつになります。
むしろ御用意頂いたものを食べないことの方が、いのちを「殺す」ことに
なります。いのちを「活かす」教えが仏教だと心得ています。

僧侶の妻帯は、それぞれ宗派などによっても考えは違うかとは思います。
小生自身は、妻帯は「えにし」と心得ています。
仏縁によって妻帯することとなれば、有難く縁を結び、子をもうけたらよい
と思います。ただし大切なのは、「自己を求める」ことをやめてはいけない
ということです。子どもや妻に捉われず、得た「えにし」を修行の糧として
務めるところに僧侶の妻帯があろうと思います。

煩悩とは文字通り「煩い、悩む」ことをいいます。
おしゃかさまは「一切皆苦」という言葉を遺しているように、すべては
思い通りにならないのが「いのち」であると示されました。
故に、思い通りにならないとぶち当たったときは煩悩が生まれます。

しかしその時に、念仏、読経、坐禅、作務(掃除とか)を務め励むことで
煩悩をコントロールして善い方向に思い悩みを運ばせ、やがては煩悩を
煩悩とも思わないようにするすべを、今に伝えているのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


質問者からのお礼

和尚さんのお話は
なるほどと思ったのですが、
矛盾だらけで…
星先生の説明だと、
それなら我々と同じ生活をさらてるってことでしょうか?
出家されてるのでは?
そのへんがモヤモヤしてます…

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

転身してお坊さんになられた方々への疑問

初めまして、この度自分では消化できない思いが芽生えまして。 お時間のある時に疑問に答えて頂けたらと思います。 先日、身内に「お坊さん方が相談にのって下さるサイトがあるんだよ」とこのハスノハを紹介したところ、身内が「なんか脱サラして僧になった人や元プロレスラーの僧がいるんだな……」となにやら神妙な顔で呟いたなと思いきや、 「この人らって僧になる前に大なり小なり犯した罪ってどうしたんかな?」 「人の悪口を言ってしまった、ネットで誹謗中傷してしまっただの相談に説教かましてる坊主がいるけど、この坊主らは今までやってきた前職でおかしてきた罪や行いはどう折り合いつけたんだ?」 「例えば元プロレスラーならそういう職業とはいえ汚い言葉で相手に暴言吐いたり殴ったりしただろうに」 「仏の道に入るんだから前に殴った相手だとか1人1人にちゃんと謝罪したんかな?それとも仕事だから別に悪い事じゃないとか思ってんのかな?もしくは過去は過去ってことでその事は切り捨てたり忘れたりしてるのかな?仏道に入ればそういう行い全部帳消しになったつもりでいたりするんかな?」 「なんにも過去を清算してない坊主が、ここで必死な思いでどうしたら良いか相談しに来られてる方々に説教してる姿に違和感がある」 「自分の事棚に上げて説教してるんならある意味偽善者よりタチが悪い気がする」 と、そのような事を言っておりました。 私はそれを聞いた時にギョッとしたものの、確かに…とちょこっと共感するところがありました。 お坊さんになられる前の職業でいろいろあった方々がいらっしゃると思いますが、過去の自分の行いにはどのように向き合っていらっしゃるか教えて頂きたいです。とても気になります。

有り難し有り難し 240
回答数回答 5

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る