hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

記憶を消したい

回答数回答 4
有り難し有り難し 59

何十年も前に受けた性暴力の記憶が今もよみがえって苦しいです。
私の身体は不浄だという思いにとらわれます。
もう人生も半分以上過ぎているはず。このままこの記憶に苦しめられるのは辛いです。
記憶を消したい。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

体は、蓮の花のように、いつでも生まれ変わって咲いている。

記憶から自由になれる禅の修行がありますのでご安心ください。
以下の事を参考に、記憶から自由になりましょう。
まず記憶というものは、忘れている時は記憶といってもまるで心身には機能していないものなのです。
どんな記憶も、今の現実を生きている中で、思い出してさえいなければ、影すらないし、どこにもない。影響すらないことをまず知っておきましょう。
記憶を3つに分けます。
①自然にふわっと出てきてしまう記憶(フラッシュバック)
②その記憶が自動再生され継続してしまう状態(記憶のリプレイ)
➂その記憶を嫌がったり、悪く考えたりしてしまう(記憶へのジャッジ)
人が記憶に苦しめられるのは②③の時です。
つまり①の時は、苦しみは生じていないのです。これは本当です。よーく見抜いてください。
坐禅や瞑想をするとこれが理論ではなく、本当にそうだと実感できるようになります。
今後①が生じた時こそ、あなたの人生が生まれ変わる瞬間です。
①の時、嫌がらずに冷静に、目と耳を使って、3つの物事、対象物に意識を注ぐだけでいいのです。
目の前の事実に意識を注いで、記憶②③の世界や想念=シンキング・マインドに旅立たないようにするためです。
例 台所なら1冷蔵庫 2ゴミ箱 3キッチンペーパー … と、事実に眼を向けるのです。
それだけで①は消滅します。
ここで、あなたは記憶に勝利します。
自分が不浄であると思っている姿も実はあなたの②③のなせる業です。
①が無くなるということは、②③もなくなるのです。
貴女は何も汚れていません。
手だって洗えば綺麗になります。髪の毛だっていとつでも生え変わってます。皮膚も体の組織も科学的にもいつでも刻々と古い細胞は死滅しています。20年前のあなたもとっくに消滅していて、あなたはもうすでに今の新しい貴女なのです。
今も新しくいつでも瞬間的に体の全てが細胞レベルで生まれ変わっているということが、確かな真実です。
思いを通して物事をみることは、事実を枉げてみることです。
記憶は、消す必要はありません。
出てきた時にだけ、①を相手にしなければ貴女は救われるのです。
数回、実践してみて、自分が記憶から自由になった事に確信を持ってほしいです。
今、あなたは生まれ変わりました。もう、どこも汚れてなんかいません。
今から、いつでも新しい今を、もう、新しく生きる生き方を選択しましょう!

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

今のあなたが大切です。

鬼子母神という神様を知っていますか?
鬼子母神が仏教の神様になるまでのエピソードとしてこんな話があります。

鬼子母神には500人とも1000人ともいわれる子供がいて、その子らに乳を飲ませるために人間の子供をさらって食べていました。
困った人々がお釈迦様に相談に行くと、お釈迦様は鬼子母神が一番可愛がっていた末っ子を神通力で隠してしまいました。
可愛がっていた末っ子がいなくなって慌てた鬼子母神は、ありとあらゆるところを探しましたがどうしても見つかりません。
困った鬼子母神は半狂乱になりながらお釈迦様のところに行きました。
「我が子がいなくなって困っています。」
それを聞いたお釈迦様は、
「1000人もの子供がいながらその中のたった一人がいなくなっただけでそれほど悲しむのなら、1人しか子供のいない親の悲しみはどれほどか。」
と鬼子母神をいさめました。
それを聞いた鬼子母神はこれまでの自分を悔い改めて仏法に帰依し
「これからはすべての子供を護ります。」
と誓い、今では仏法の守護神として名を連ねています。

さて、鬼子母神は今でも悪鬼でしょうか?

確かにしたことは悪いことかもしれません。
一度したことは取り返しがつかないのかもしれません。
罪は罪として認めなければいけないことは確かです。

ですが、子供を食べていた時の鬼子母神と、改心してすべての子供を護ると誓った鬼子母神は同じ人各なのでしょうか?

いいえ。
同じ姿形をしていても、心が変われば「全くの別人」です。

たとえ、生まれてこのかた貞操を守り続けている人がいたとしても、その人の心が不浄ならば、その身体も不浄なものになってしまいます。

その逆もまたしかり、心が清らかであれば身体もまた清らかです。

あなたの過去は存じませんが、あなたが性的暴力を受けた側ならば尚のこと、あなたには何の落ち度もありません。

あなたが不安を感じながら誰かに接すると、その相手にも不安が伝染してしまいますよ。

あなたに愛する人がいるならば、純粋に思いを向けてあげて下さい。

あなたは決して不浄ではありませんよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


「不垢不浄」

真魚月様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まず、仏教においては、心身ともに、「浄であり、不浄であり、浄であって不浄でもある、浄でもなく不浄でもない」というものであると説くこととなります。また、例えば、般若心経では、「不垢不浄」とも説かれています。

ただ、このことだけでは、仏教はなんといい加減な教えかと、不定主義に捉えられかねない恐れが出て参ります。そのため、仏教をしっかりと学ぶことで、その誤解も払拭させていかなければならないこととなります。

とにかく、少し先どって簡単に結論を述べさせて頂くならば、それらは、「浄」、「不浄」とも、実体としてあるものではないということを示すための方便としての教説となってございます。

真魚月様の身体も心も、もちろん、実体として存在しているものではありません。かと言って、何も無いわけではありません。現に真魚月様のお身体、お心は今まだまさにございます。ございますが、そのありようは「縁」によるものとして成り立っております。もう少し詳しく申しますと、モノ・コトは、全て因縁(原因と条件)により成り立っている「縁起」なるものということになります。

「縁」によるものである以上は、善き縁、あるいは善き因によることにより、善き赴きへと向かわせることもできるものである次第でございます。

残念ながら性暴力という悪い因縁により、今現在も真魚月様はそのトラウマに苦しまれている結果になられてしまわれておりますが、しかし、それも実体として、永久永遠に変わらない何かとして成り立っているものではありません。

つまり、逆に善き因縁をしっかりと調えていければ、その結果はこれからいくらでも変えてやることだってできるということでございます。

その最善の因縁とは何になるのかと申しますと、やはり、仏教的にはもちろん、仏教を学び修していくこととなる次第ですが、とにかく様々な苦しみにも必ずその因縁があるため、その因縁を見極めて、しっかりとより善くこれからの因縁を変えてやることができていければ、しかるべくに苦しみも無くすことができるということになる次第でございます。

どうか、その苦しみを乗り越えていくための智慧を仏教から少しずつでも学び修して頂けましたら幸いに存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


身体は不浄です。

仏教では、身体は不浄であると気付くことが修行の一つです。
ですから、身体が不浄だと思えるのは、仏教的には才能の一つと言えます。
残念ながら、記憶を消すのは難しいでしょう。
もはや、その記憶もあなたの身体の一部なのですから。
あきらめてください。「明らめる」ことは不幸ではありません。明るくなるコツです。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

願誉浄史さま。
早々にありがとうございました。
記憶にとらわれ、この先も生きていくのかと絶望的な気持ちになっておりました。
それでもいいと認めることが自分を認めることだとしたら、私は生涯自分を認めることはできないのではないかと。
そもそも身体は不浄だと、あきらめてしまえたら、それはそれですごく気持ちが楽になるように思います。

丹下覚元さま。
ご回答ありがとうございます。
①と②と③はほぼ同時に来て、同じものだと思っていました。
不意にくるフラッシュバックと、憎しみと、絶望感。です。
①では苦しくない。とのこと、やってみたいと思います。
続けることで何か変わっていけたらそれでいいかと。
この身体をもってなんとか生き続けることができたとしたら、それで充分と思えます。

小原観慈さま。
ご回答ありがとうございます。
鬼子母神の話、存じておりました。心の持ちようとゆうことでしょうか。
この記憶が苦しいのは、加害者への嫌悪と恨みと消えない感触への絶望感があるからです。
どこに救いを求めても、この心の持ちようは変わることはありませんでした。
これからも変えられる確信は持てません。
ですが、どこの誰かもわからない私の吐き出しに、不浄ではないと言い切ってくださったことが、とてもありがたいことでした。
人と深く接することは恐怖でしかありません。そう見られないようにしていますが。いつか恐怖心なく人と関わることができるといいと思います。

「性暴力・性虐待」問答一覧

辛いのに忘れられません。

少し前に、ちょっとだけ付き合っていた男性についてです。 付き合った初日に、精神的に耐え難いことをされました。あとからいろいろと調べて、性暴力に値すると理解したのですが… 基本的には優しかったし、ほんの少しでも楽しい時間を過ごしたことも確かです。本当に好きになりたかったし、好きだと思った瞬間もありました。 でも付き合っていてもその時の事が頭からず離れず怖くて相手を信じられなくて、精神的に不安定になるばかり。相手はそんな私の状態が受け入れられなかったらしく、突然いなくなって音信不通に。その後、諦め半分で本音を書いたLINEを送りましたが、即ブロックされました。 その前にも1度だけされたことが怖かったと打ち明けましたが、理解して貰えなかったこともあります。 もしかしたら、もっと早く伝えていれば分かってもらえたのかもしれません。でも出会ってすぐに嫌がる事をされて、相手を信じられなかったし、怖い気持ちはずっと拭いきれませんでした。 「ああいう嫌なとこがあった」「こういう行動が嫌だった」と思い返すのですが、私が不安定になっていたから相手も冷めていてあんな行動をしていたんじゃないか、私さえ我慢していれば、もしくはもっと早く打ち明けていれば幸せになれたんじゃないかと、私が悪かったんじゃないかと、毎日悲しさと悔しさと後悔に苛まれています。 嫌いになりたいのに、忘れたいのに、優しい思い出ばかり蘇って、それと同時に怖かったことも思い出して…頭の中がぐちゃぐちゃです。仕事も手につかないような状況で、怒られてばかりいます。 過去は取り戻せないので、せめて自分の気持ちを整理したいです。アドバイスをいただけないでしょうか。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

同性からの性暴力

同級生から性暴力を受けました。 被害を受けたことが他の友人に知られてしまい、そのことにより二次被害を受けていて、生きていることが辛いです。 「女性同士なんだから許してあげるべき」「まだ気にしているのか。忘れろ」 私が悩んだり、相談したり、助けを求めようとするたびに、事情を知っている友人から心無い言葉を言われるので、傷口を深め、被害を受けた日から傷に上乗せするような苦しみが継続しているような感覚です。 性被害は男女関係なく心に大きなダメージを受けます。同性同士であれば罪が軽くなり、苦しんでいる被害者が過剰反応していると見なされるのは異常だと思います。 私は、学校で加害者の気配を感じるだけで吐き気がします。不眠や摂食障害なども起きて普通の生活さえできていません。 それでも「罪を憎んで人を憎まず」と思っているので、加害者の反省と更生、私の目の前からいなくなってくれれば加害者の罪の追求はしないつもりです。それが私が思う謝罪です。誤ってるんだから許してやれといって加害者が通常に生活できている状況を良しとしている周囲の人の許しは違うと思います。 友達だと思っていた人から暴力を受け、友達と思っていた人から言葉での暴力を今も受けてもう本当に生きていることが嫌になります。 私は間違っていない。強く生きたい。私に心の支えになるような言葉をください。 周囲に頼らず、自分で切り開く力やヒントがほしいです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

過去に受けた性暴力について

13年ほど前の話になりますが、長期間にわたり、家族ぐるみで仲の良かった友人の兄から性暴力を受けていました。 性暴力は、友人宅に遊びに行った際に、彼の部屋で行われていました。 当時は小学生だったため、何をされているか分からず、逃げもできない状況でした。 でも、友人と遊びたかったため、我慢して兄からの性暴力に耐えていました。 しかし、小学校の高学年になり、友人と遊びたいという想いより、性暴力に対する嫌悪感が大きくなった頃から、一切、友人の家に行かなくなりました。 しかし、家族同士は仲が良いので、母親同士で遊びに出かけたり、私の親だけで、友人の家に遊びに行ったりしています。 私にも、「一緒に行く?」と声をかけてくれますが、全て断っています。性暴力を受けていたことを、誰にも相談せずにいるので、私の両親は、私が彼の家に行くことを拒否する理由を知らない状況です。  もう十数年経ちましたが、彼が私に性暴力を振るっていたことを、忘れているはずは無いと思います。 だから、スーパーで彼の家族に会ったりすると、動悸が激しくなり、避けるように外に走り出してしまいます。彼は、私が避けていること、またその理由を認識していると思いますが、それ以外の人からは、おかしい人だと思われていると思います。 彼のせいで、男性は苦手になったし、地元で落ち着いて買い物もできなくなったし、心が不安定なことが続きます。 しかし、今後一生彼と出会わない生活を送るのは無理だと思っています(友人の結婚式等で、出会わなければいけないのではないかと思っています)。 私は、彼から受けた性暴力を引きずっている自分も、彼の家族にすら嫌悪感を抱いてしまう自分も、とても嫌いです。 また、誰にも相談できずに生きてきた自分も嫌いです。 これらの出来事をどう捉えたら、楽に生きていけるでしょうか。 長い文章で、言いたいこともまとまっておらず分かりにくい文章ですみません。

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

性虐待の影響がつらい

私は小学6年~思春期まで父親から性的虐待を受けていました。20半ばの時に再び触わられるまで私が性的虐待を受けた事は忘れていました。当時実家に住んでいたのですがそのことがあってから精神的におかしくなりそうで、地元から県外に出ました。初めての地なので友達は少なく孤独な生活をしています。周りが結婚、出産をするなかで恋愛が上手くいかず、性的虐待は恋愛にも影響を与えることを身をもって知りました。付き合っているときは楽しく過ごしたかと思うと不安定になり、ただ急に別れたくなる、別れると物凄く寂しく悲しく幸せな時間を思い出す度に消えたくなります。別れたあとずっと泣いてしまいます。自分から別れては嫌悪感の繰り返しです。周りは結婚を当たり前のようにしているのに付き合うこともできないのかと思うと消えたくなります。この事は家族や友達に言えていません。もし伝えたら母はおかしくなり、家族はバラバラになります。なぜ父は普通に生きて私だけ地獄を見なければいけないのでしょうか。死ぬのは大変だけど生きるのも辛い場合はどうしたらいいでしょうか。最近、私の症状が解離という症状だと知りました。尚更どう生きたらいいか分かりません。辛い人生を歩むとどんな人でも幸せにみえてしまいます。本当の地獄を経験した人はどうやって生きてるのでしょうか?この歳になって生き方が分かりません。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

後悔と自責の念に押し潰されています

夫と2人暮らしのヤギと申します。 結婚をしているにもかかわらず、以前私の軽率な行動から、ネットで知り合いはじめて会った男性から性暴力を受けました。 不倫をするつもりはなく、相手は私が結婚をしていることを知っていたのと、よい友達関係という相手の言葉に安心感を持ってしまっていました。 共通の勉強をしていることで知りあったので、それについて会って話してみたかったことが私の目的でした。 今思うと、相手の会話には不自然な部分がたくさんあり、それなのに信用をして口車にのってしまっていました。 どうして、もっと警戒をしなかったのか、あのような人を信用してしまったのか、夫がいるのに男性と会ってしまったのか、後悔でいっぱいです。 抵抗すると殺されてしまうのではないかという恐怖心で何も出来なかったことも後悔しています。 嫌だとしっかり言えれば、やめてくれたのか。 回避できるタイミングは沢山あったのです。その場面がずっと頭から離れず、あの時にあぁしていれば、と苦しみでいっぱいです。 自分の軽率な行動で自業自得と思うものの、自分自身が恥ずかしく、あのようなことをされたことから自分が醜く汚く感じて、こころが押し潰されています。 ちなみに、その後病院には行きました。 夫にはなにも話していません。 夫への罪悪感もいっぱいでこの事を話すべきなのか、話したら汚れた私を今までのようには見れないだろうか、夫を傷つけないためにもずっと内緒にするべきなのか分かりません。 このような私を、亡くなった母と祖父はどう思うでしょうか。 色々と考えすぎてしまってつらいです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

子供が取られました

病院で子育て相談したことがきっかけで、児相に子供を取られて施設入所となりました。もちろん虐待などしていませんが、児相は子供を返す気などまるでなく、数年間施設入所させたいようです。 子供への思い、愛情を散々児相に伝えてきました。何か親として改善することがあれば教えてくださいと児相に伝えましたが、「改善することは何もありませんよ。」とのらりくらり、何を言っても的外れな回答しかなく、正直宇宙人と話をしている心境です。何を言っても話しが通じず、最近では児相職員を思い出すだけで気分が悪くなり吐き気をもよおします。 児相の言うことを聞き指導に従えば帰ってくるとよく言われますがのらりくらりと的外れな対応で、もう1年以上が過ぎてしまいました。児相が善だと思っている人には理解して頂くのは難しい悩みだと思いますが、虐待の事実は一切ないのに、完全親子分離させられているのです。 施設内での職員による暴力、暴言、性暴力も酷いと聞き、子供が心配で気が狂いそうです。でも何故か面会すら許されないのです。まだまだ幼い子供、親の愛情が必要な年齢なのに、会うことすら許されないのです。何故なのか、理由を聞いてものらりくらり、全く理解出来ず苦しんでいます。私は毎日子供が無事でいるように祈ることしか出来ません。 行政相手ではまるで無力、子供を救うことすら出来ない自分が親として不甲斐なく、子供にも申し訳ない気待ちでいっぱいで、死にたい気持ちが治りません。毎日死にたいと思って過ごしていますが、子供が18歳になったら放り出されるので、それまでは生きていないと、と思うのですが、辛くて段々心も壊れてきました。精神的にも追い詰められています。 子供のためにも死んではいけないと分かっているのですが、死にたい気持ちがなくなりません。私はどうしたらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

家族ってなんですか

長くなります。すみません。 わたしが家族から離れて1年くらい経ちました。 16歳の時、わたしは児童相談所に一時保護され、シェルターという所で約2ヶ月半過ごしました。 義父からの性暴力が主な原因です。 約11年 母と私は暮らしていましたが、母は、 途中から現れた男を信じ、私を嘘つきだと言いました。 11年間一緒にいたのに母は信じてくれなかった。 1年半経った今でも、それが、苦しいです。 とても、辛いです。 しかし それでも、好きでした。 母は私に対してキツいところもありましたが それでも母が大好きでした。 だからこそ、わたしは後悔してます。 わたしが我慢すればよかったのに、、わたしが人に話したせいで せっかく新しくできた家庭に汚点を残してしまった。 普通の家庭とは言い難い家庭にしてしまった。 義父とは悪い思い出だけでは無くて 楽しい思い出もあるから 尚更。 私が裏切ってしまったんじゃないか、そう思ってしまいます。 ずっと この後悔が残っていて わたしが原因で家族に汚点を残してしまったことなどを思い返すと、辛くて申し訳なくて涙が出てきます。 わたしは今 家族とは暮らしていません。 だからこそおもいます。 家族ってなんなのか。 母親は そんな簡単に娘を手放せるものなのか。 11年、女手1つで育てた娘をどういう気持ちで手放したのか。 私は 愛されていたのでしょうか。 もうずっと この喪失感が消えることはないのでしょうか。 こんな不安定な自分が本当に嫌いです。 自己嫌悪もなくなることはないのでしょうか。 もう、わからないです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

嫌な記憶から逃げられません

こんにちは。初めて質問させていただきます。 私は今高校三年生の女子です。 最近、昔の嫌な記憶を思い出してしまうことが増えとても辛いです。誰にも相談できずにいます。簡潔に言うと父からの暴行と、兄からの性暴力なのですが、そういうことを思い出して、勉強にも集中できず夜も寝付けず困っています。 2年ほど前まで父が凄く酷かったです。ちょっとしたことで怒り、椅子を投げられたり頭から水を被せられたり、頭つかんで壁や床に打ち付けられたり。そのくせ、自分はいい父親だと思っているような人でした。最近はかなり減りました。 でもいつからか、父の夢を見て目が覚めたら息が切れてて泣いていたり、父の怒る前兆と言いますか、そういう表情や声で過呼吸になったりするようになりました。 そういう風になっている自分が惨めで悲しい気持ちになります。 兄のことも同様です。兄は3歳年上です。 小学校高学年くらいの時、2年間ほど兄に寝ている間に体を触られていたことがありました。寝ている間というか、私は目が覚めているけれど必死で寝たフリをしていました。 今ではもうないです。普段兄とはごく普通の関係です。 私が寝たフリをしていたので、兄はバレていないと思っているのだろうと思います。 当時から人に相談出来ずにいます。 恋人ができた時どうしようとかも考えてしまいます 今では直接の被害はないものの、一日の中で悶々としている時間が長くなり、勉強も身にならず、夜も寝付けないで泣いてしまうことも多くなり困っています。 どうしたら考えないようにし、過去の嫌な記憶に蓋をすることが出来ますか。どうしたら心を楽にすることが出来ますか。教えていただけると嬉しいです。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺