お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

再婚、こどもを手放したことを後悔

恥を承知でご相談させてください
私は43歳 女です
3年前に私の不貞で離婚してバツイチです
子供2人(現在17と20歳)
親権は元夫です

現在は
一度は別れた不倫相手と再会し
5ヶ月前に 再婚。遠い彼の故郷での2人暮らし。
その現夫は23歳 初婚です
ーーーーー
前回の結婚は
9年ほど前には私の実家の地つづきの土地になんとか家を建てました
(現在も土地は私名義。
家は元夫名義。
家を建てる際、土地は銀行の抵当に。
家ローンの保証人も現在 私のままです)

その家には
子供たちと元夫が引き続き住んでいます

元夫の浮気や酒癖、仕事嫌い、などあり
次第に愛情も薄れ、
仕返し? のつもりで
私も不倫してしまいました(SNSにて)
次第に本気になってしまい、元夫にバレ、
当時、中学と高校の子供の親権を取られ、
離婚しました
結婚18年目でした

一度は 不倫した彼とも別れ
ひとりで暮らしていましたが
母が暮らしている実家へ
引っ越しました
実家の後ろには 元夫、子供たちが住んでいるため あまり話はできませんでしたが
子供の姿を見るだけで 幸せでした

元夫は離婚して すぐ彼女ができた様子です
(ブログで見かけました)

母と暮らして一年程たち
不倫相手と再会してしまい
今現在は その彼と再婚して5ヶ月です
今考えれば
彼も私も 寂しさで 覚悟もないまま
籍を入れてしまったのだと思います
しかし、
彼と一緒にいると  常に不倫の罪悪感から抜け出せません
子供の近くに居たいと毎日 後悔しながら
一日が過ぎてさ行きます
この何十倍も辛い思いをしたのは元家族で
 考えると 申し訳なく、自責の念が増すばかりです
現主人は 23歳で 私よりずっと若く、
とても優しいのですが
私でなければ
彼はこの先、結婚し、子供も望めるかもしれないと考えると彼にも申し訳ないです

私の母には
「やはり子供の近くに居た方がいいかも?」
「地元に帰ってくれば?」と言われます
今頃になり、何が大切だったか
わかりました
わたしの失敗は 取り返しがつかないほど
愚かでした

遠くに居たのでは一生 子供たちに会えないのではないか?
子供たちに何ができるのでしょうか?

自業自得なのは重々承知の上ですが

ご相談させて下さい

生きる意味
有り難し 19
回答 1

質問投稿日: 2016年12月2日 21:37

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

正念寺

日顕

選択には必ず後悔が生まれる

元夫と子どもたちのいるところ、そして現旦那といるところ。
肉体は1つしかありませんので、居場所はどれか1つだけしか選べません。

今、たくさんの後悔をしているようですが、
少しIFの話をしてみましょう。
仮に、元旦那と子どものいるところを選んだ場合…。
元旦那と結局相容れられず、後悔していたかもしれません。
不倫相手でもある今の旦那を思い返して寂しさを募らせたかもしれません。
子どもたちも県外へ行ってしまうかもしれません。

何かしらの後悔はきっとしていたと思いますよ。

そして、どんなご縁でも、今一緒に暮らしている旦那さん。
それを選択したのはやよいさん、そして旦那さんです。
今いる家族は旦那さんです。
ならば、今大切なことは、2人の時間をかけがえのない充実した時間にしていくことではないでしょうか。

不倫の罪悪感はスンナリ抜け出せないでしょう。
ですが、後悔を重ね、日々心を病ませていくことによって、自分だけでなく周囲も不幸にします。
後悔するなら、ちゃんと懺悔しましょう。
懺悔とは、罪をきちんと見つめ、二度のことような事がないように誓い、今自分ができることを一生懸命に励みますと、仏様の前で宣言し、前を向くことです。
その時に、子どもたちの身体健全をご祈願してあげてはどうでしょう。
それも立派な母親の役目ではないでしょうか。

会いたい気持ちはすごくよく分かります。
でも、だからといってその感情のままに会いに行ってしまうことは誰も望まないでしょうし、迷惑をかけてしまいます。
会うならきちんと、現旦那さん、母親、元旦那さんと話をしてから会わせてもらいましょう。

そのためには今の場所で、今の旦那さんと自分をしっかり幸せにすることが大切ですよ。

2年7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答心から感謝致します。
お礼が遅くなりましてすみません。

何度も何度もご回答を読み返し、考えました
ご回答の通り、感情のままに動いていては
周りに迷惑をかけることが見えます
if……もしも
考えました…
確かに、どちらにせよ
後悔していたかもしれません。
そして また悩んでいた…のかもしれません

現主人との出会いは 間違っていたのかもしれないとの罪悪感は 恐らく 一生 2人が背負って生きて行くのだと思います
ですが、今 この時 現実を受け止めて生きなければ 何もできません
何も前に進まない。
とても納得しました。

母として 本当に反省しなければなりません
会いたい気持ちは 今でもありますが
子供たちが 私に会いたいと言ってくれるまで
子供たちの健康と これからの幸せを
心から 心から 祈って行きたいです

それまで 今の大切な家族の主人と
前を向いて生きて行こうと思いました

大切なもの 増やせるように
生きて 生きて 生きてみます

ご回答ありがとうございました
感謝致しております

「結婚生活の将来が不安」問答一覧

「結婚生活の将来が不安」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ