お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

考えが止まらない

先週に引き続き申し訳ありません。
マイナスな考えが止まりません。
具体的には、この先に対する不安などです。マイナスなことしか浮かばずに、一度始まると止まらないので苦しくなってきて、電車でも学校でも家でも泣きそうになります。
授業にも集中できなかったり、寝る前にも考えたりしてしまって眠れなかったり何度も起きたりしてしまいます。
生きてても、こんな私じゃどうしようもないと考え始めるといっそ消えてしまいたいと考えてしまいます。本当に苦しいです…

有り難し 27
回答 2

質問投稿日: 2015年6月18日 5:41

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

考えたってイイのですが、ただし

(^<^)考えたってイイのです。ただし自分を苦しめるネガティブな考えだけはやめましょうよ。そこは自分で自覚しないといけません。
あなたの好きな歌手がいるとします。
プロのミュージシャンは何をもってプロかと言えば、自分が出しているものを冷静に観る力があります。自分が今出している声色がどんな感じかを見る力。ビブラート、ハネ、カット、かすれ感、間(ま)、全部自分の持ちモノですから、今自分の出している声も、自分で聞いているのです。そして、自分が心地よい音を出すから、観客も心地よい。
会場のオーディエンスに聞かせがたい声、サウンドはNGですから、出しません。
私はシロートですから、辛口辛口で誰も見向きもしません。(笑)
あなたは自分のプロになるべきでしょう。
自分のプロになるのが仏教です、
自分が、自分の心の中で、どんな思いが出てきたか。
それだけ注意して自分をみていることです。
ヒントをここにあげておきます。
三つの火(ひ)と言います。
「否定、批判、悲観。」
これだけやらないように気を付ければ、ネガティブな思いは無くなります。
考えは出てきて当然のモノ。
ただし、
1自分を苦しめる自己否定につながる思い、
2自分や相手を攻撃する批判的な思い、
3自分をネガティブさせる悲観的な思いのガスが発生したら、
即座にそれをストップさせることです。
考えをストップさせるためには、考えではできません。
あなたは今、考えをストップさせる手段、アプリとして考えを使っています。
そのアプリを即、削除して、事実を生きるアプリをインストールしましょう。
見る、聴く、意識的に息をする、歩く、走る、感じる、食べる、動く、何かを行為する。
これが事実のアプリです。
事実のアプリとは、思いの世界から抜け出すのに必要なアプリです。
誰もが持っているのですが、重宝されていないだけです。ぜひ、活用してみてください。

3年2ヶ月前

大声で泣け。

紫苑さん、はじめまして。
前回のQ&A読ませていただきました。

きっと紫苑さんは、誰よりも正直で優しいんです。

優しいからこそ自分で抱えて悩んでしまう…。

でもね。
ためすぎると爆発してしまいますよ。
爆発すると、自分だけでなくまわりも傷つけてしまいます。
だから、早めに溜めたものを外に出さないと大変です。

あなたは今、自分だけと思っているかもしれませんが、これはまわりも同じなんです。
みんな、大なり小なり自分に不安を抱えながら生きているんです。

それを表に出すか出さないか、発散できるか出来ないか、それだけなんです。

本当は、楽しいことで発散できることが一番です。
でも時には、他人の前で泣くことも大声を出すことも必要ですよ。

信頼できるお友達にこのことを話しましたか?
ご両親に話しても、期待を含んだ言葉は、今のあなたには重荷かもしれませんね。

心の内にあることは声に出すことでかなり発散できます。
他人に打ち明けるだけでもかなりスッキリするはずです。
一人で泣くと溜まる一方ですが、涙を見せられる人がいるならその前で思いっきり泣きましょう。スポーツでも何でも、とにかくエネルギーを外に出しましょう。

パソコンのキーでは発散にはなりません。

声に出す、涙を流す、身体を動かす、悩みを内にためる。
実は、どれも同じエネルギーを使っているのです。

とにかく今は一人で悩まずに、誰か悩みを聞いてくれる相手を探すことです。
そして、思い切って悩みをぶちまけることです。

あなたが少しでもスッキリして、ほんの一瞬でも笑顔になることの方が先です。

少しでも笑顔が多くなれば、まわりの方が変わってきます。
そこでまた、一から積み重ねていけば良いのです。

マラソンを想像してみて下さい。

はじめてマラソンを走る人はみんな完走だけが目標です。
時間内に間に合おうが間に合うまいが、ゴールまで走りきったらそれで目標達成です。
自分のペースで、途中で転んでも、歩いても、とにかく進んでいればゴールに着きます。
42.195kmなんて長い距離を最初から走れる人なんて誰もいません。
タイムとか順位とかというのは、それを積み重ねた人が目指す目標です。
最初から順位を競って無理をしたら、途中棄権で完走すら出来ません。

失敗しない人は成功もしませんよ。

3年2ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ