hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

愛犬の死が怖い

回答数回答 1
有り難し有り難し 35

20年近く一緒に住んでいる高齢犬がいます。その子の死がとても怖いです。
目も耳も悪くなり、横になって寝ていることが多く、撫でてあげたりしていると、その子の死が怖くて涙が出ます。離れるのがとても辛いです。
私が若かった頃は、遊びに出ていくばかりでなかなかゆっくり可愛がることも出来ず、凶暴な犬のため、小型犬ですが手をあげることもよくありました。そのことをとても後悔しています。
なんであの時たくさん可愛がらなかったのか。たくさん動けなくなった今になって、たくさん撫でてあげてももう遅い。今まで夜遅くまで一人にしてたことも、手を出したことも、記憶力の良い愛犬は忘れてなんかないと思います。
まだ死んでもないのに、先のことを思うのはその子にも失礼なのに、いつかは離れてしまうことを考えると辛くて辛くてたまりません。その時は私も一緒にいなくなりたいと、本気で思います。幼少期から一緒にいた子が居なくなる恐怖と不安。生きる希望が無くなってしまいそうです。

2017年1月4日 0:13

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

愛犬はあなたに感謝していますよ。

はなはなさん、初めまして。
川越で僧侶をしている千田明寛と申します。よろしくお願い致します。

愛犬の具合が良くないとのこと。心配ですね。
私も幼い頃より犬と猫を何匹もお寺で買ってきましたが20年も生きた子は
居ませんでした。とっても大切にお世話されたのですね。素直に凄いと思います。

私も愛犬が死にそうになった時に、その子が居なくなることが信じられなくて
恐怖し泣きました。犬猫も当たり前のように家族の一員として長い間生活していると
居なくなるということがにわかには想像し難いですよね。

仏教では生きているものは「生老病死」の苦しみから逃れることはできないと
説いています。もちろん、犬や猫の動物なども例外ではありません。
愛する者と別れる苦しみ「愛別離苦」というものもあります。
(これらを全て統括し四苦八苦と言います)

どんな人間も完全に一人で孤立して生きていくことは不可能ですので
誰しもがこの苦しみを多かれ少なかれ経験することになります。

愛犬に対する後悔があるとのことですが、ワンちゃんは昔のことを思い出して
決してあなたのことを怨んでなんかないと思いますよ。
犬はとっても愛着が深い動物です。むしろ、ここまで大切に育ててくれた家族との
楽しい思い出の日々に感謝しているのではないでしょうか。
だって、よっぽど大切に育てないと20年という長い期間はとても生きられませんよ。

構ってあげられなくて後悔している。その気持ちだけでも十分です。
はなはなさんのようにそう思ってあげられる優しさ。
そのような飼い主に出会えただけでもその子は幸せだったと私は思います。

どうか、その子のことをいつまでも忘れないであげてください。
その後悔の気持ち・反省の気持ちは愛犬があなたに教えてくれたことです。
犬や猫は口がきけない分、その身をもって私たちに色々なことを教えてくれますよね。
人間もペット達によって心が成長できるんです。もうどっちが飼われている方かよくわかりませんね笑

はなはなさんがもっともっと愛してあげたかったというその気持ちをいつまでも忘れないで
これからの人生に活かしてください。そうすることでその子も報われるはずです。
愛犬は亡くなった後もいつまでも心の中であなたと共に生きることができます。

どうか残された期間、精一杯の愛情を注いであげてくださいね。

2017年1月4日 1:04
{{count}}
有り難し
おきもち

天台宗・最明寺副住職。 法政大学法学部国際政治学科卒業後に比叡山にて修行...

「ペット・大切なものの死」問答一覧

ハムスターを踏み潰してしまいました

大事に飼っていたハムスターをうっかり踏み潰して死なせてしまいました。 飼育ケージから出して10分ほど自由に遊ばせるのが日課でした。その日はいつもきちんとしていた逃げ出し防止の柵を適当にしてしまい少し隙間ができていたけどちゃんと見ているから大丈夫と変な自信がありました。 ふと、姿が見えないので膝をついた格好で探しお尻を下ろした途端足のくるぶしのあたりに何か感じてみたら潰れていました。 痛かっただろう、苦しかっただろう、なんで殺されなければいけなかったの?って思っていると思います。恨んで呪ってくれてもいいです。 ただただ、可哀想で。私がバカで。 動物観音で火葬してもらい骨を持ち帰り毎日朝に好物の果物を供え朝晩手を合わせていますが、私の心は晴れるはずはありません。 もう1匹ハムスターがいます。その子は兄弟ではありませんが、亡くなったハムスターを探すようなしぐさをし、私の手に乗らなくなりました。大事な友達を奪った奴だと思っているかのように。 私は1匹の命ともう1匹の大事な友達も奪ってしまいました。 苦しいですが、私はうつ病を患って以来薬を飲んでいますが、薬で楽になりたくないです。罰せられるなら法律で罰してほしいぐらいです。 踏み潰した最後の姿が可哀想で許せなくて。一生罪の意識を感じて生きていくつもりです。今いる子のお世話を一生懸命やり天寿を全うさせたらもう2度と動物は買いません。 でも辛い。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

ペットを二度も殺してしまいました。

私は学生で、下宿先で二回シマリスを飼っていました。 一年前の五月からリスを飼い始めました。初めてということもあって飼い方も手探りの状態でした。そのリスはなかなか凶暴な子でよく手を噛まれたり壁を齧ったりと少し手を掛けられていましたが可愛がっていました。 しかし、自分の手でリスを殺めてしまいました。故意に殺したわけではないですが日常的に八つ当たりのような仕打ちをしていました。 言い訳にもならないですが不慣れな環境や人間関係、将来の不安など多くのストレスで全てに対して悲観的になっていました。今思えば自分の弱さを払拭したいがために己より弱い者にあたることで自分は弱くないと錯覚しようとしていたのだと思います。 リスが亡くなった時、本当に後悔し反省しました。毎日お線香をたき、手を合わせて謝り続けました。もう繰り返さないと誓い、許しを乞いました。 しかし半年後、懲りずに再度リスを飼いました。そのリスはとても懐いていて噛まれることもなく戯れて遊んだりとても可愛がっていました。ですが、やはりリスは犬や猫とは違い限りなく野生に近い動物で激しく動き回り時には物を倒して壊したり食べ物の封を破って食べたりと自分の思うように動いてはくれなくてそこが気に入らないと思う愚かな自分がいました。 そして先々日のことです、自分の彼女がリスを触っていた際噛まれ激しく襲いかかっていたので仲裁に入り、カーテンを登りながら逃げるリスを叱るというより脅かすように強くはたきました。自分でも思ったより力が入ってしまったと認識した頃には遅くリスはそのはたかれたのが影響か落下した際に打ち所が悪かったのか、どちらかわかりませんが私の理性の制御ができずすぐに手を出してしまったせいで命を奪ってしまいました。 本当にそんなことになるとは思っておらず殺意を持っていたわけではありません。しかし、大切な命を二度も奪ってしまい、前回の反省を全くもって活かせていないことに自分に対し激しい怒りと情けなさを感じています。 何をもってどう償えばいいのかわからず、今回までのことを心に刻みこれから命を大切にしていくことが償いなのかもしれませんが、事実既にできませんでした。後悔と自己嫌悪しかありません。私はこれからどのようにして償いどういう生き方をしていけばよろしいのでしょうか。こんな愚かな私にどうか教えてください。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

喪に服している時にケンカするとどうなりますか?

犬とはいえ、生きていて苦労、亡くなってからも苦労をさせて本当に悔しいです。 愛犬のラムちゃんはペットショップで売れ残り、虐待をうけていました。 母の牡の愛犬(ジャッキーさん)のお嫁さんとして買取り、いつももう一頭の愛犬と仲良くしていました。 飼い主の母が亡くなり、私も障がい者への介護によるストレスやもめごとによる睡眠関連摂食障害を引き起こして、夜中に目をぶつけてしまう事故がおきてしまいました。 それ以来見えない恐れか、牡の愛犬とも不仲になりました。 新しい彼女も家に住むようにましたが、目が見えない警戒心や犬種の性格からか、あまり近寄りませんでした。 7/1にラムちゃんが亡くなりましたが、7/2の夕方までは声や鼻がすする音が寝室から聞こえていました。 しかし、7/2の夜中に彼女が私とケンカして、彼女に寝室のガラス戸が割られてしまい、亡くなった愛犬の声が聞こえなくなりました。 ラムちゃんは気が強いのですが、寂しがり屋でとても臆病なのです。 目を怪我する前までは、お兄ちゃん娘と言われていたぐらいです。 ケンカしてガラス戸が割れてしまった事により、ラムちゃんの成仏や供養に悪影響になっていませんか?苦労をさせていませんか? ご教示を何卒宜しくお願い申し上げますm(__)m

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

愛犬の魂が心配です。

2019年7月6日、愛犬のラムちゃんが亡くなりました。 12月9日で13歳になるはずでした。。。 夜、散歩から帰宅する直前、玄関の前で斃れました。 死後硬直したので諦めて彼女に花を買いに行かせたら仏花一束だったので、私は大声で泣き叫んで彼女を叱って、もう一度買いに行かせて、花で飾ってあげました。 そして葬儀業者に来てもらって、お葬式を行い、近所の駐車場で火葬して頂いて帰宅したら、甲高いラムちゃんの鳴き声が寝室から何度も聞こえました。 7/2、お別れのあいさつに来た友達がきたら、鼻をすする音、鳴き声が聞こえました。 でも、その夜、彼女に早く寝ようと説得したら口論になって、彼女がパニックを起こし彼女がガラス戸の窓を割ってしまいました。 それ以来、ラムちゃんの声が聞こえません。。。 ラムちゃんはペットショップで売れ残って虐待されていた所をたまらず購入した愛犬です。 気が強いですが、とても怖がりで、コローゼットが倒れた時は、別の愛犬がよく休んでいる仏壇の間でおしっこを漏らしている事もありました。 彼女は知的障がいなのでこういう事はわからないので仕方がないにせよ、比較的若くて失くしてしまった事や、私を寝かしつけたり、私の睡眠関連摂食障害による不注意で目を怪我させてしまって以来、 別の愛犬とも不仲になったり、ペットショップでの虐待もあって本当に苦労を掛けたのに、本当に悔しいです。 私はまたラムの声が聴きたいです。成仏せず私の傍にいててほしいと思っていますが、傍にいるにせよ、天国に行ってしまうにせよ、彼女がガラスを割ってしまったという一件で、 ラムちゃんは怖がって震えて彷徨っていませんか?亡くなった後も不幸だと本当に悔しいです。切ないです。どう思いますか? ご教示を何卒宜しくお願い申し上げますm(__)m 

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

私のミスで愛犬を死なせてしまいました。

16年間ずっと可愛がってきた愛犬を、私のミスで死なせてしまいました。 子どもがいない私にとっては、自分の命よりも大切な存在でした。 ある日、散歩の途中で急に具合が悪くなり 休日だったので救急病院に連れて行き処置してもらい、 その後かかりつけ医に入院したのですが、2日後に亡くなってしまいました。 散歩の前に犬の体に優しいという、ヒバ油の虫よけを作って体にスプレーしました。 後から気づいたのですが、既定の2~3倍位の濃度だったようです。 救急の先生は「虫よけが原因とは考えられない」とのことでしたが かかりつけの先生は、前例はないけれど他に原因が見つからない以上、それとしか考えられないと。 自分が余計なことをしたせいでかわいい愛犬の命を奪ってしまったこと しかも、2日間も苦しませてつらい思いをさせてしまったこと 申し訳なくて申し訳なくて、いくら悔やんでも悔やみきれません。 後悔と自己嫌悪でいっぱいです。 それまで元気だったのであと数年は一緒にいられたのではないかと ついつい考えてしまいます。 寂しくて寂しくてたまりません。 出来る限り長く一緒にいたかったし、いつかは亡くなるとしても 老衰で苦しまず眠るよう安らかに逝ってほしいと願って 毎日一生懸命お世話していたのにこんなことになってしまい 自分に対しての失望が大きいです。 よく死んだあともその子の気配を感じると言いますが、一切なく 昨日見た夢も愛犬が他の犬に襲われていてとっさに愛犬をかばって噛まれる夢で・・・ お別れに来てくれたという感じではありませんでした。 ひどい目に遭わせた私のことを恨んでいると思います。 こんな目に遭わせて申し訳ないのと、自分の罪を直視するのが怖くて逃げてしまい、 入院中の面会時もあまり撫でてあげられず、それも後悔しています。 苦しい死に方をしたり、うらみがあったりすると、 成仏できず地縛霊になると言いますが、この子は大丈夫でしょうか? 私は、この子のために何をしたらよいのでしょうか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

愛犬の死

先日、愛犬を熱中症による多臓器不全で亡くしました。 その時は、私と婚約者は丁度仕事が休みで遠くに出掛けることになり、愛犬も私達が仕事のときは家でお留守番の為、休みの時は出来るだけ一緒にいようと思い、連れていきました。 天気は曇りでした。 私達は車のエアコンで車内を冷やし犬を置いて2時間くらい離れてしまいました。 車に戻るとぐったりとして身体がびっしょりと濡れ、発作状態の犬を発見。 すぐに近くの動物病院に連れていきましたがその日の夜に私達の目の前で息を引き取りました。 どうしてあの時エアコンで車内を冷やしたら大丈夫だと思ったのか、曇ってるから大丈夫だと思ったのか、わかりません。冷静に考えて6月でも曇っていても暑いです。2時間も車に置くと熱中症になってしまうことはわかっていたはずなのに。 その時の私達がしてしまった行動がまだ8ヶ月という短い命を奪ってしまったことに後悔しています。たくさん一緒にいたかったのに、もっと愛情を注ぎたかったのにどうして車の中に置いてしまったのかと後悔が残ります。 たくさん泣いても、その子は戻って来ません。火葬の時もその子に謝り、次は絶対にこのような失敗をしないと誓いましたが、まだ引きづる私がいます。 ちゃんと育てられないからもう犬は飼わない方がいいと言う人もいれば、その子の兄弟を飼って亡くなった子以上にたくさん愛情を注いであげればいいと言う人もいます。 その子に対してどのようにしてあげることが、その子の幸せなのか、私達も前に進めません。 長文失礼しました。 読んでくださりありがとうございました。

有り難し有り難し 7
回答数回答 2

愛犬を殺してしまいました

うちの犬が突然腰が抜けたようになり後ろ足が動かなくなりました。 こんなことは初めてで、どうしていいかわからなかったのですが、変なものを食べてこうなったと、絶食させると元気になる(卵が産まなくなった養鶏がまた産むようになると聞いていた)と思い込み、うんちしっこが垂れ流しになるのがいやだと、3日エサを与えませんでした。 4日目に祝日が開け、病院に電話していたところ、急に衰弱し、急いで点滴を打ちなんとか生き延びましたが、グッタリし餌も食べられない状態です。3日目にまた点滴、その3日目に点滴に行くつもりだったのに、栄養食などを舐めているからと過信してしまい、その次の日に亡くなってしまいました。 倒れた時にすぐ病院に行くべきだったこと(夜間祝日でも開いているとこはあった)、体勢を変えてあげるべきだったこと、餌をあげるべきだったこと、後から考えれば、当たり前のことを、ずっと側にいたのに、やらなかった自分が腹立たしく、毎晩毎朝苦しんでいます。 知人幾人にそのことをすぐ連絡したのに、誰も来ず何も教えてくれず(衰弱してからは来てくれましたが時既に遅し)、見殺しにしてしまったこと、その人達のことも内心恨んでいます。 とても大切なコでした。とても優しくて、何をされても一度も怒ったり反抗したりすることもなかったです。1人の時間も多く寂しい思いもさせていたと思います。 16才でしたが、とても元気で走り回っていて、夏用に毛も生え変わっていて、まだまだ生きることが出来ていました。 私はどうして、そんな酷いことをしてしまったのでしょうか?タイムマシンで戻りたいです。助けてください。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

愛犬の死

14歳3ヶ月で亡くなりました愛犬に後悔とごめんねばかりで毎日泣いています。自分の意思で早朝から夜遅くまで週末も会社の日々を7年、長時間の留守番、長年寂しい思いをさせていた上に一緒に居る時は日常の色々にいつも苛々し犬にあたってしまった事もありました。命を預からせて頂いた責任や命の重みを軽視してしまっていました。このままでは駄目と生活や考えを改め一緒に居る時間を増やし大事にしてきたつもりですが転居数回、一緒に居る人や環境変化多い生活に付き合わせ日々の中でも自分優先の考えや行動が多々でした。 3年前仕事をしながら資格を取る事に決め段々と余裕が無くなり私の中に消したいのに消えない自分がいました。犬を撫で微笑みかけながら「可愛いいい子何年も寂しい思いをさせてきた分も世話させてね、甘えてね、長生きしてね」と言いながら心か頭のどこかで「寝たきりになる前に、、、歩けなくなる前に、、、いつ死ぬの」という言葉が出てきて犬に見えない様に自分の頬を叩いていました。 1年前から2週間に1回の血液検査、私は獣医師の前で萎縮してしまい聞いたり言ったりが殆ど出来ず家族である自覚も足りず時々検査や処置に疑問を抱き転院を考えながらもその病院へ行っていました。 ある昼間いつもと全く違う様子ぐったりしていたのに当日朝に病院へ行っていた事もあり夜に嘔吐もしましたが薬をあげて様子を見てしまいました。翌朝病院へ行き入院以降絶食絶水点滴のみで9日目朝に10gだけフードをあげガツガツ食べたと。その翌朝誤嚥か何かで肺炎を起こしたと酸素室の話も無いまま急変すると今日明日わからない、点滴を病院と自宅どちらで続けるか聞かれ連れ帰りその日の夕方息を引き取りました。亡くなる迄の長時間お腹を激しく上下させとても速い呼吸、苦しく辛そうな様子ばかり鮮明に出てきます。入院は私にとってだけの安心でしかありませんでした。特にここ数年どれ程痛みや辛さを我慢し頑張ってくれていたか、体調悪い中歩み寄ってきてくれたのも力を振り絞ってのことだった、なのに私は無理をさせてしまっていた、わかろうとしていなかった考ていなかった、と。10gのフードをガツガツ食べた、生きようとしていたと思えてなりません。じーっと私を見ている子でした。余裕のない私と私の中の消したい気持ちを感じ取っていたと思います。あの時、別の病院へ行っていたら等の後悔も次々と出てきます。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る