皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

正社員の事務に復職か、別を探すか

よろしくお願いします、
職場に突然行けなくなってしまい、現在休職中の者です。元々いじめられやすく、コミュニケーション能力が低いのではないかと思います。
10年間で4回転職して参りました。
初めは非常勤で講師をしておりましたが、つまづきを感じ、正社員の事務職に転職しました。

しかし、事務作業中、ミスが多いため、半年程でどの職場にも居づらくなります。
周りの誰と比べても要領が悪く、教わった仕事は理解しているのに、ミスを犯し、それを見つけられない事が日常茶飯事です。また、コミュニケーションが難しいです。

自信のなさから、人間関係の構築にも躓いてしまい、周りに負担をかけてしまいます。
その為、周りの人に嫌われ、孤立します。中には、私の人間性を否定してきたり、濡れ衣を被せてくる先輩や上司も出てきます。仕事も他の人の半分も任せて貰えません。仕事のミスを、笑われながら直されます。悔しく、疲労困憊し、毎日不安で、自信がなくなり、人間不信に陥りました。
その為3回も事務職を、転々としました。

今回の職場でも、同様の事態になりました。辛く眠れなくなり、誰にも相談できず、孤立し不安な中で、ミスを抑えるための努力をしつつ、瞑想をしたり、良いことを探したり、他人の評価に頼らず生きる心を模索したり、心理的なカウンセリングや、高額なExcelの講習も受けたりして数年、なんとか凌いできましたが、ある日突然、仕事に行けなくなりました。

現在休職中です。今の職場が合わなかったのではなく、自分には仕事をする力が欠けているのではないかと思っています。

突然休職をしたため、職場にも迷惑をかけていて、収入もなく焦るばかり。元々いじめられていたと感じていたことから、ストレスで、元の職場に戻るのが怖くて仕方ありません。

次の仕事を探そうとはしていますが、自信がありません。細かい作業のない仕事は、正社員では見つけられず、一人暮らしのため、正社員の元々の仕事か、新しく非正規雇用に移るかでとても悩んでいます。

学校・職場関係
有り難し 2
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自信はどこからやってくるの?

まちりんさん、はじめまして。質問を拝読いたしました。

まちりんさんは、元々いじめられやすくコミュニケーション能力が低いと感じているのですね。仕事の内容は理解できていても、まちりんさんがミスをしても見つけられない。自信のなさから、人間関係の構築にも躓いてしまったのですね。

文面から拝察すると、まちりんさんは自信がないことがすべての根源のように感じておられるようですね。では、自信はどこからやってくるのでしょうか。

ミスが多いことと要領が悪いことは別ものです。要領がよくても仕事が雑ならミスも増えます。反面、要領が悪く時間が人一倍かかっても丁寧な仕事ぶりは評価されます。「またミスをするかもしれない」とビクビクしていると、ミスをしてしまうものです。

自信は誰かにもらうものではありません。自信を持つためには一歩踏み出さなくてはいけません。過去にいじめにあったこと、コミュニケーションが難しいことは関係ありません。
仏教では何かにしがみつくことを「執着」といいます。執着から離れることで、まちりんさんの心が解放され、自信を持つことができるようになるのです。

まちりんさんが、過去の執着から離れ自信が持てるようになるよう祈念しております。


質問者からの有り難し - お礼

ご回答いただきありがとうございました。
「自分がミスをする」ということに私の心が執着しているために、ミスを頻発しているというお教えだと思います。
ミスをしないと決めて、時間をかけて丁寧に仕事ができれば、良かったのだと思うのですが、迅速に正確に仕事をすることを求められており、一刻を争う状況が多く、焦ってミスをしてしまっておりました。
自分に不注意型の障害などがあるかも知れないと疑い検査をし、その傾向ありと医師に言われ、確定診断ではないながら、仕事を変えるようアドバイスされました。しかし、適正がハッキリわからずまだ転職はしておりません。 自分に合った仕事に変更し、ミスをして自己嫌悪に陥る自分への執着を永遠に捨て去りたいです。 今はまた仕事で辛い思いをするのではとおもってしまい、不安感に執着しているのですが、なかなか執着から私は離れられない性分なのかもしれません。
執着から離れられるように、自分でも祈ります。ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ