hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

他の人の喜びをともに喜ぶことができません

回答数回答 2
有り難し有り難し 16

私自身ではどうしようもできない家族の問題が何ヶ月も続き、私の負担が非常に大きかったため、私自身が落ち込み、鬱になってしまいました。
よい精神科の先生と巡り会うことができ、健康上の問題はゆっくりではありますが、回復の傾向にあります。

ただ、そんな辛いことがあるからか、友達や周りの人の幸せなことやよかったことを聞くと「よかったね」よりも「どうして私はそんな幸せになれないんだろう」と最近は思ってしまうことが辛いです。
もちろん、口に出すことはありませんが、こんなこと思ってしまう自分にショックです。

今まではそんな思いを抱いたこともなく、他の人の幸せは素直によかったね、と一緒に言えていたのにと思うと、更に辛くなります。

どうしたら他の人のよかったことを素直によかったと思えるようになるでしょうか。
家族の問題や鬱が治ってからでないと無理なのだとしたら辛いなぁと思います。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

心のスマホの壁紙を外すべし

人間は本当に脱力した時、全ての物事と一体になって融合した感覚になり、笑うのです。
これを氷の微笑ならぬ、仏の微笑(みしょう)と言います。
何もはからいが無いからです。何もかまえ事も蔑みも引け目もないからです。
PCやスマホの待ち受け画面でも、壁紙があまりにもゴテゴテしていると、見づらいでしょう。
タイトルのスマホの壁紙を外す、というのは、勿論自分自身の心の中で握っているものです。
「自分は鬱だ」という待ち受け画面の壁紙なんか捨ててしまいましょう。
壁紙って、それが待ち受け画面にある為に、邪魔に映る時もあります。変な待ち受け画面だったら誰かに見られたら恥ずかしいでしょう。
また、その壁紙がある故に、最初にそれが視界や脳に取り込まれます。
「私は鬱だ」という待ち受け画面の壁紙を無くしてみましょう。
仏の悟りの心の壁紙とは、何も無い。壁紙すらない無い心です。
ホトケっぽい心すら握っていないのが悟りの心なのです。
心のホーム画面に「自分は〇〇だから」と、いつも何か壁紙が張ってあるような人ほど、それに縛られるものです。
一旦引っぺがしてください。
鬱だからって、四六時中「自分はウツだから」なんて壁紙は貼っておかなくていいんです。
それを貼っているから、どこかに引け目がある。
常に人の視線を気にする、人の評価を恐れるのです。
その結果、他人さまのことを純粋に感じられないのです。
こころの壁紙(握っている事、一念)を外せば、何でも心は感受できるものです。
壁紙という❝自分認定意識❞が無くなるから、誰とでも和せるようになるのです。(^

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
かくげん和尚の電話おなやみ相談  📞08020659278 そのモ...

思っちゃったんだからしょうがない。

コーギーのしっぽさん。
可愛らしい名前ですね。

きっと、真面目で優しい人なのだと思います。
だから、冷たい気持ちが少し浮かんでしまうだけでも、
自己嫌悪に陥ってしまうのでしょう。

最近、「グリーフ」に関する講習を受ける機会がありました。
「グリーフ」とは、単純に訳すと「喪失の悲嘆」。
何かを失い、悲しんでいる人への接し方などの勉強です。

そこで学んだことは、「グリーフ」とは、
家族や、親しい人を失った方だけではなく、
他のことでも生まれてくる感情だということです。

たとえば、引っ越しをする際。
愛着のある部屋や、馴染みの店などと別れ、新しい場所へ旅立ちます。
その時に感じる「名残惜しさ」「ちょっとしたさびしさ」など、
それもまた、グリーフなのです。

コーギーさん(略します)の感じている、人を羨んでいる気持ちも、ひょっとしたら、
「本来であれば、自分が体験していてもおかしくない」ことを、
他人が行っていることに対して、「失った」と感じているのかもしれません。

そして、「グリーフ」の講習で、もうひとつ学んだことは、
「その感情は、感じて当たり前」だということです。

親などの介護を長年行っていて、ついに亡くなってしまった時。
亡くなってしまった悲しさよりも先に、
「もう介護しなくていいんだ」と、どこかほっとした感情が生まれてしまい、
苦しんでいる方もいらっしゃるというお話がありました。

その感情は、至極当たり前のことなのです。
その感情が生まれてしまったことについて、
悩みすぎてしまう必要はありません。

「どうして私はそんな幸せになれないんだろう」という気持ちも、
思ってしまって当たり前なのです。

仏教とは、人がどれだけ悩みを減らし、
幸せに過ごすことができるかどうか、
ということを追い求めた学問だと思っています。

ですから、「もう介護をしなくても済むんだ」と、ほっとすることも、
人の幸せを見て羨み、妬んでしまうことも、
無理やり、気持ちを押し込んでしまう必要はないのです。

真面目に、真正面からその気持ちに向き合いすぎず、
「思っちゃったんだからしょうがない」くらいの気持ちで、
少し「いいかげん(良い加減)」に過ごしてみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


佐山拓郎
目黒・五百羅漢寺の佐山と申します。 浄土宗教師の資格を得たあと、10年間...

質問者からのお礼

安穏寺 (天岑寺) 丹下 覚元様
ありがとうございます。
スマホの壁紙のお話、とてもわかりやすかったです。
その話を私なりに解釈したら、私のスマホはきっとすごくごちゃごちゃした壁紙にしてるから、他の人の幸せアプリのアイコンよりも壁紙に目移りしてしまってる状態かなと思いました。
ひとまずは心の中のごちゃごちゃした壁紙をやめるところから始めてみたいと思います。

天恩山 五百羅漢寺 佐山拓郎様
ありがとうございます。
これは冷たい気持ちで、だから自己嫌悪を抱いてるのですね。
そう言葉にしていただけて、どうして自分がこんな気持ちになるのかわかった気がしました。
グリーフのことは初めて知ったのですが、今の私にはとてもしっくり来ました。
「いいかげん」になれるように努力…というのもおかしな話ですが、いいかげんっていいなって思いました。目指します!だと全然いいかげんじゃない気がするので、いいなって思う程度にしておくことにします。

「マイナス・ネガティブ・後ろ向き思考」問答一覧

ネガティブな心配性の治し方

同じような質問があるかもしれませんが、あえて聞かせてください。 私はネガティブな自分が嫌いです。どうにかして治したいと思っています。自己嫌悪そのものというよりは、常に不安や焦りに苛まれて辛いからです。 例えば何か新しいことを始める際「うまく行くはずがないから」とまずかんがえるほどのネガティブで、「今のうちに対処法を考えておこう」というくらい心配性です。 ネガティブも心配性も悪いことばかりではありません。言い換えれば慎重派な性格だと言うこともできますし、慎重な姿勢が役に立つこともままあります。 ただし、今すぐにはどうにもならないことを極度に心配して、不眠状態になってしまっています。なんとなく目が冴える等ではなく、暗い部屋に横になると動悸がして、これからの人生は良くないことばかりが起きる想像をしてしまい、毎日のように夜勤の友達にメールを打ったり、ネットを見て時間を潰してしまっています。 このままでは体にも心にも良くないと思いますし、どうにか「ネガティブ過ぎない」「心配しすぎない」心になりたいと日々思っています。 お坊さんの視点から、仏教的に、あるいはひとりの人間として、何か思うことや生き方のコツなどがあれば伺いたく思います。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

マイナス思考が癖になり苦しい

昔からネガティブな方なんですが、 最近特にマイナス思考が止まらず自己否定をしてしまい辛いです。 販売員をしておりますが、この仕事に出会えて良かったと心から思えるくらい誇りを感じています。 職場の人も本当に素敵な方ばかりで、 尊敬できる上司、先輩ばかりです。 入社当初は、そんな周りの人と自分を比べよく落ち込みましたが、 過ごす環境が影響するのか、温かく見守り育ててくださったおかげで少しは自信がつき変わったと思います。 しかし、3年目になりまた落ち込みがちになっています。 初めて後輩ができ、自分の立場が変化したことで悩みが増えました。 自分の責任感の無さを痛感し、逃げたくなります。 なぜか後輩や人前で自信なさげな振舞いをとってしまうことも嫌ですし そんな自分が後輩や周りからどう見られているのかと無意識に被害妄想をしてしまいます。 そして他人によくイライラするようになりました。 人の悪いところに目がいってしまうんだと思います。 ですが、私がイライラする相手は、みんな他人の良いところを見つけるのが上手いです。 それを伝えるのも上手いです。 こんな私のこともいつも小さなことも褒めて下さったりします。 素敵だなと思います。 私もそういう人間になりたいのに、 上手く伝えることもできないし 仕事中に自己嫌悪でモヤモヤしてしまいま す。 自分だけがなんの魅力もない人間に思えて そんな自分は負のオーラがでてそうとか思って、もう理想なんか捨ててしまえ、諦めてしまえ、一旦消えたい、と負のループにはまります。 こんな思考を辞めたくて、 自分を変えたくて、 抜け出したいのに何をどうしたらいいかわからないです。 まず自分を認めること、とどこかの心理学者の方がおっしゃっていましたが、認めるとはなんなんでしょうか…分からないんです。 なぜなら、私はどこかで自分を信じてる部分もあって自分を本当に嫌ってはないと思うからです。 1人で悩み尽くしたあとは、 明日は、自分にも人にも優しくなろうと決めるのに 職場で人と接するとまた心が沈みます。 その繰り返しです。 何がアドバイスをいただけませんでしょうか。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

自分が情けないです

1週間前に別の件で質問させて頂きましたが… 20代前半の男です。 私は昔から、かなりの心配性、不安症…等が治りません。 前回の件だと、いつか報復が来るのでは…妊娠させてしまってはいないか… 少し具合が悪いと、大きな病気で死んでしまうのでは… 昔は、父親や母親が仕事で事故になっていないか…両親が夫婦喧嘩をすれば、もう家に帰ってこないのでは… とか心配になります。 でも、心配ごとが実際に起きたことなんてほとんどありませんし、自分でもそう言い聞かせています。 でも社会人になってストレスや苛立ちを感じる度に、心配性や不安感が強くなってゆく気がします。何か漠然とした不安感や今から起こりそうな気がしてなりません。スマホで今抱えている不安事に対して、どのようなリスクがあるか、どんな未来が待っているか、そんな事ばかり調べてしまいます。仕事も手につかない程です。 酷い時は携帯のバイブが鳴るだけで怖かったり、朝起きると今日は何かが起きる、深夜になってようやく「ああ、今日も何も無かった。寝れる。」と感じます。気づけば深夜0時を回っています。 …どうすればこの恐怖から抜け出せるでしょうか。 ダメだと分かっていてもスマホで調べてしまう、色々考えてしまう、そんな自分が憎いです。苦しいです。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る