皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

こんな私でも変われるでしょうか

こんにちは。初めての投稿です。拙い文章かもしれませんが最後まで読んでくださると嬉しいです。

私は21歳の高卒ニートです。ニート歴は1年半になります。
元々は大学に進学の為上京したのですが、環境の変化についていけず、一ヶ月も経たないうちに退学して実家に戻ってきました。あれから3年経つ今も、あの時迷惑をかけた家族への気持ちでいっぱいいっぱいになる日があります。どうしてもっと踏ん張らなかったんだろう、どうしてあんなに迷惑をかけてしまったんだろうと、ふとした時に思い出しては自己嫌悪に陥っています。
大学受験も上京の為の費用も、家族は膨大な金額を出してくれたはずなのに、それを全て私の根性のなさで水の泡にしました。
本当に、本当に申し訳ないです。今でもたまに思い出しては「親不孝でごめんなさい」という気持ちになります。

大学を中退して実家に戻ってからバイトを始めたのですが、それすらも長続きせずに転々としていました。
前の職場では部署内で上司(女性)に毎日小言を言われたりしてました。その場では笑って過ごしてたのですが、ある時から部署の前に行ってもそこから体が動かなくなり、このままではやばいと人事に相談した後、辞めてしまいました。正直自分はこんなにもメンタルが弱かった人間なのか、甘えていたのかと自分にもがっかりしました。それが今でも根強く残っています。

私は自分が嫌いです。甘ったれで根性もなく、逃げてばっかりの自分が大嫌いです。それでもこんなにダメな私でも家族は受け入れてくれます。特に母親は優しく見守ってくれます。その度に、私はなんて親不孝者なんだろう。ごめんなさいという気持ちになります。

このままではダメだと思い、そろそろ本気で働こうと思いました。
かといって何が向いてるのかもわからないので、とりあえずはバイトをしながら考えようと思っています。
今は「親孝行したい」「親に少しでも楽をさせたい」という気持ちが強いのですが、正直働くのが怖いです。また逃げたらどうしようって不安です。

こんな私でも変われるでしょうか。今からでもやり直せるでしょうか。親孝行できるでしょうか。

自信がありません。
回答を頂けたら嬉しく思います。

後悔・自己嫌悪
有り難し 13
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

仙如

あなたが存在するだけで親孝行

よもぎさん

あなたの文章、何度も読みました。なんていい子なんだろう・・・って思いました。

大学を辞めたことも、仕事を転々としたことも、それなりに大変な事情があったと思うのですが、決して人のせいにしたり、言い訳をしていません。メンタルが弱かった、自分が甘えていた、根性がなかった、迷惑をかけた、親不孝者だ・・・と全部自分が引き受けています。ごめんなさいという気持ちでいっぱいです。そして、いまは「親孝行したい」「親に少しでも楽をさせたい」という気持ちで働こうとしているのです。

あなたは心が純粋すぎて、こういう汚れた世の中とか、荒々しい人の中では生きにくいのだろうと思います。

自分のこと嫌わないでください。あなたに向いている場所とか仕事がきっとあるはずです。時間がかかるかもしれないけど、バイトしながら、まだ少し甘えながらゆっくり探してください。逃げたくなったら逃げてもかまいません。逃げるのも勇気だし、生きる術です。

あなたのお母様は、誰よりもあなたのピュアな心を知って、受け入れてくれているのだと思います。こんないい子に育てたお母様も尊敬します。

親孝行できますか?もうしています。あなたは存在するだけで親孝行だから大丈夫。あなたの心にある素朴でピュアな輝きを大切に守ってください。その輝きは何ものにも代え難い宝です。仙如


質問者からの有り難し - お礼

こんな私に優しく温かい言葉をかけてくださって本当にありがとうございます。
読んでいてぽろぽろと涙がこぼれていました。
誰にも話したことがなかった自分自身の弱い部分をこんな風にさらけ出せたのは初めてだったのですが、とても気持ちがスッキリしました。

私はまだまだ未熟者ですが、出来ることからひとつひとつ行動していこうと思います。
泣いて自己嫌悪に浸るばかりじゃなくて、仕事をしてお金を稼いで、それで少しでも家族の役に立てるよう頑張りたいと思えました。

また自信が無くなった際は、頂いた温かい回答を思い出して頑張ろうと思います。
本当に本当にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ