部活を辞めた後の劣等感

こんにちは。私は現在4年の男子大学生です。
私は大学で体育会系の部活に入っていましたが、先輩のしごきでうつ病になったため2年生で辞めました。

そして現在、元同期は最上級生としてチームを引っ張り、一個下の後輩たちは僕がなれなかった3年生になって主力として頑張っています。
彼らを見ているとチーム内での立場が上がっていく中で自覚が芽生え、人間的に変わったな、みんな成長したんだな、と感じます。
その反面、私は部活をやりぬくことができなかった自分をとても惨めに感じてしまいます。
チームメイトがどんどん大人になる一方で、上級生ならではの経験や葛藤を経験してこなかった自分の精神年齢は2年生のまま、もしくはそれ以下の幼い子供のように思えてしまい消えたくなります。

劣等感を抱いたときは「自殺するくらいならプライドも友情も捨てて逃げていい」「今日までの間、部活を辞めたからこそ得られた経験や出会いもあったじゃないか」と自分に言い聞かせていますが、それを頭で理解できても苦しみは消えません。

自殺関連のニュースを見て色々と考え、かつ自身もうつ病で死にかけたため、生きるために逃げる「退部」という選択をしたことは間違っていたとは思いません。むしろそれを自分で決断できたことを誇りに思っています。
また、部活を辞めてから今まで過ごした時間はとても楽しく有意義な時間でした。
だからこそ部活に劣等感を抱く必要はないと思うのですが、この矛盾した思いが止まらずに苦しんでします。
どうすれば過去への執着心を振り払って自分を責めない生き方を始めることができるでしょうか。どうかお助け願います。

嫉妬・蔑み
有り難し 4
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

少しずつ、進もう。

今、大学4年生とのこと。また新たな人生の節目に近づき、過去のネガティブな思いがぶり返したのでしょうか?

質問の文章を読みますと、自分なりに整理され、特に問題がないようにも思います。部活をやめたからこそできた経験、なんて本当にネガになっている人は言えないことです。
後輩の成長ぶりを目がいくのもすばらしいですね!

あまりこういう公のところでは書きたくないのですが、私自身も大学生の時に黒歴史があります。(そのあとも諸々問題だらけなのですが) ある意味、友人を裏切り、人に迷惑をかけ、親を泣かせた経験です。
思い出すのもイヤなのですが、自分のしたことですから、どうにか折り合いをつけて一生背負っていくしかないと今は納得しています。
そんな経験のせいで、まわりの友人に置いていかれた感は、ことあるごとに感じます。焦っても仕方ないので焦りませんが。

好景気?で就職先は多いと言われていますが、就職活動が本格化して忙しくなれば、考えているヒマがなくなるかもしれませんね。
まずは目の前のやるべきことに集中するのが良さそうに思います。

6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

言われてみれば大した問題じゃないのかもしれません。それを自分でほじくり返しているだけなように思えてきました。
どうせ過去に戻ってやり直すことはできないので、やるべきことに集中したいと思います。
本当にありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ