お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

考える癖を変えたい

 こんにちわ。こちらのサイトに質問させていただいて、アドバイスの点に留意していますが、
 物事をマイナスに考える癖と他人のナイショ話などを直ぐに自分に関連付け考えてしまい、そのたびに落ち着かなくなり、不安な気持ちと他人を信じられない気持ちになってしまいます。
 これをあらためるいい知恵をお願いします。

有り難し 11
回答 1

質問投稿日: 2015年9月4日 12:22

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

わたくしナイズしない。

自分の土俵に取り込まない。
その通りに聞く。
自分の事だと思わない。
悪く言われたにせよ、泣きっ面にハチ的なダブル攻撃を加えない。
自分がそこに意識を注ぎ過ぎない。
ギョーザのラー油を入れすぎない。

川歳の少年殺害事件から、こんにちまで続く痛ましい少年少女殺害事件。
気持ちを注ぎ過ぎれば、まさしく我が事となりノイローゼになった女性すらいます。
冷静に観れば痛ましいことではありますが、他が事なのです。我が事ではありません。
厳密には我が身の上に情報として起こっていることですから我が事なのですが、それでも、取り込み過ぎれば、本当は他が事なのに、我が事になってしまうのが、人間が五感、六感を有していて、作用として自分の身の上に起こってしまうからです。
映画「パッション」でショック死した修道女の方がおられます。
可哀想ですね。
本当に我が事になってしまったのです。
分かりやすく言えば、上手な距離感を持つことです。

目の前に暴走運転の車がいる。
並行して走ったり、近づけば、害がその身に及ぶ。
自分の中から出てきたネガティブな思いにしても、人から悪しざまに言われたにせよ、ひきよせすぎない、首を突っ込み過ぎない、意識を注ぎ過ぎないことです。(^

3年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

 丹下覚元師アドバイスありがとうございます。今日も良きアドバイスに感謝です。

関連する問答
このページの先頭へ