いつも自分の好きな事や人を奪われてしまう

私には3年ほど前に好きになった人がいました。
その人とは最初私より告白して付き合う事になったものの、距離が縮まらないうちに付き合った事が原因で、まだ本当に好きかわからない様で、ものの1週間程で別れる事になりました。私はまだ好きで、復縁を試みましたが無理でした。
その時、恋敵となる人がいて、物理的に近い距離で2人が仲良くなっていく様を見る事になり、結果的に2人は付き合う事になりました。その間に恋敵に対して理解し難い部分などもあり、とても嫌悪感を抱いてしまいました。
その後、2年くらい経って、好きになった相手の事は自然と好きではなくなりましたが、自分にとって思った以上に辛い経験だったのか、夜になぜか涙が止まらなくなる事があり、まだ癒えていないんだなと感じていたし、もう恋をしても辛くなるだけで自分にとっていい事がないから今は恋をしないと心に決めていました。
そんな時、出逢った人がいて私の事を好きと言ってくれました。私は最初は何も思っていなかったものの、段々と心をもう一度開いて恋をしてもいいかなと感じてきていました。
そして、私も好きになり付き合う事になりました。が、彼は起業をしようとしていて、その事が忙しくなったのもあり、またものの2週間程で振られてしまったのです。
転んでやっとの思いで、もう少しで自分の力で立ち上がろうとしていた所に彼が現れて、手を差し伸べてくれたのにすぐに手を放され、もう一度倒された様な気持ちで、とても辛くなりました。うつ病の様になりかけ、今はかなり回復したものの、もう頑張る事ができないと感じました。
そんな時、以前の恋敵と新しく好きになった彼が仲良くなり、また奪われてしまうのではないかという気持ちも絡まり、とても辛く、怖いです。彼女はいつも私が大事にしている領域(仕事場や大好きな友達等、私が癒しとしている場所)にあえてなのかと思う程に踏み入ってきて、私の大切な人や場所を奪おうとする様に感じてしまうのです。1度目も今回も私が彼の事を好きだった事を知っています。私は彼女とできる限り関わりたくないので、自分の拠り所がなくなっていくように感じてしまいます。
全ては私の心が作っている苦しみなのだと頭では分かるのですが、イマイチ腑に落ちない所があります。
私はどの様にして立ち上がれば良いのか分かりません。また1人でもう1度時間をかけて頑張るしかないのでしょうか。

有り難し 12
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

独占欲 嫉妬の克服法

そこまで私の事を思ってくださってありがとうございます。
お気持ちは嬉しいのですが、残念ながら私はもうすでに妻子ある身でございまして(T_T)
こんな男のことは諦めて新しい恋を探してください。
冗談はさておき、失恋と嫉妬に効く仏の教えは、
・まず好きになった人だからといってもあなたのものではなかった。
・付き合った、婚約した、結婚したとしても、自分の所有物ではない。
・結婚後10年経ったからと言ってだれのものでもない。
❝人は自分のものにはならない❞
そこを思い深めていくことです。
人は誰も誰かの❝もの❞にならない。
人間はちょっと自分と近しい存在になると、その人があたかも自分の所有物化のように錯覚をしてしまうものです。
その人をその人のまま、単体存在として自らのものとして所有せず自由にして差し上げることも愛の一つです。
それが私が北川景子とも石原さとみともガッキーとも結婚しなかった最大の理由です。
(;゚Д゚) ( ˘ω˘ )
それに、私が彼女らと結婚してしまっては、世の男性の夢を壊してしまう。可哀想です。
またまた冗談が過ぎました。
つまり、あなた自身も誰のものでもないということです。
彼女から縛られてもいない。
仏教では、単独、独立、ソロな生き方を説きます。
自分も誰のものにもなりません。
それくらいまず自由な存在なのだという事を楽しんでください。
そういう生き方をしてください。
さてさて、その昼ドラばりの彼女は、その反対で人のものが好きなのでしょう。
おそらく自分に自信がないのは本当は彼女。あなたを踏み台にすることで自身を保っているのでしょう。つまりあなたをライバル視してどこかに劣等感を感じているのです。
人のものを奪う人の心理はそういうものです。
あなたの方が彼女にとっては魅力的なのです。
だから、あなたのモノを奪おうとする。
あなたは、負けてはいない。支配、影響されてもいけない。思いっきり突き放すべきです。
思いっきり言ってあげることも愛です。
彼女の目を覚まさせることができ、長年の呪縛から開放されるでしょう。
「そんなにアタシのお古が好きなの?オホホホ、みじめね。」
(^<^ ) ( ;゚Д゚) 

2年5ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

すでに新しい出会いに向けて、毎日進んでいます。

「奪われる」、「邪魔される」と思うことは、あなたの思い、理想のとおりに事が進んでいないということです。事実が本当に邪魔をしているのか、どうかは分からないところですよね。

そのこと(事実かどうかわからない妄想)で悩むのは、なんとももったいない。事実は「あなたの魅力に気付かないその彼があなたをふった。」ということだけです。
「残念なことをしたわね」ぐらいにおもって、次に行きましょう。
今は、苦しいと感じていられるかもしれませんが、事実はすでに次の出会いへと動いております。今のあなたには新しい出会いが待っているはずです。

今回はご縁がなかったということで、終わったことはいくら気にしていても、もうもどりませんので、しかたありません。

本当にあなたの魅力を理解してくれている人に出会えば、きっと、周りに影響されずあなたと共に助け合い、愛をはぐくむことができるのではないでしょうか。
良いご縁に巡り合えますように。

2年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
随分と考えあぐねていた事に対して、お坊さんからの回答を聞く事ができて、それだけで少し気持ちがすっきりとした気がします。

おっしゃる通りだと思います。日々の生活の中で、いろいろな経験と共に実感してゆけたらと思います。

お力添え頂き、ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ