hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

真言宗のお寺で。ピリつかれてる?フレンドリー?

回答数回答 1
有り難し有り難し 8

いつもお世話になっております。
真言宗のお坊さん、失礼な質問すみません。先に謝っておきます。
✳︎
御詠歌練習会に初めて参加したのですが、
お坊さん達がやけにぶっきら棒というか、さっぱりし過ぎている気がしたのです。
途中で眠くなってしまったお子さんに、「御詠歌眠いよね〜ほら、ジュース飲みな!」と自分たちの飲み物を飲ませてあげていたり、
「〇〇さん、ねこ元気?」などと話しかけていた(タメ口です)のですが、
私がお稽古終わりに「奉詠大会は絶対参加ですか」とお尋ねしたところ、「いや、強制じゃないですよ。…それが何か?」と答えられました。
✳︎
失礼な事を言ってしまったと思い、
「いえ、何と無く気になっただけです。大変失礼を致しました」と手をついて謝りました。
「あーイエイエ」と言ってくださいましたが、お清めを断られた事もあってお参りするのにとても気まずいです。もちろん、優しい修験者さんや寺務員さんも沢山いらっしゃいます。
折角もう一度会えたのに、またお不動さんと縁が切れてしまうのか…。などと考えてしまいます。
✳︎
マナーも守っているし、お経も「耳で唱える」ように心がけています。
これって、私が敏感になってるだけですか?
それとも、他宗のお寺に参拝する際は、その宗の教義も勉強してから行くべきなんですか?
✳︎
ご教授のほど、よろしくお願いします。

2017年8月7日 12:04

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

気にせずに

拝読させて頂きました。
なるほど、たぶんお寺様の体質でしょうね。というかスタッフのお坊さんのキャラクターによると思いますよ。
あまり気にしなくていいのではないでしょうか。敏感になりすぎちゃっているのかと思います。
せっかく通っていらっしゃるのですから興味のある範囲でお付き合いなさるのでいいと思います。
また教義うんぬんは興味関心が湧けばでいいと思いますよ。
どうか楽しんで参加なさってみてくださいね。

因みに浄土宗でも御詠歌はありますので、宜しければ聴きにいらしてくださいね。
増上寺御忌大会には詠唱大会もありますから見学してみてくださいね。

そうです、そうです気楽に参加なさることです!
そうですかー詠唱大会ご覧になったんですね!
ぜひまた参加してくださいね!\(^^)/
今年は油まかれましたね!あの時の現場検証や取材の時私は三門に居てチラシ配りやってました。
次の日の新聞各紙に正面から写されていました。なんか犯人みたいでしたよ。
私としてはあんまし顔は出さない主義なので恥ずかしかったですよ!
まあそれはいいとしてぜひご詠歌を楽しんでくださいね!(^^)/

2017年8月7日 15:56
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

【kousyo Kuuyo Azuma 先生】
ご回答ありがとうございます。
確かに、ニューお寺はお坊さん達が大真面目な顔でジョークを飛ばしたり、修験者さんから私に挨拶してくれたりと、至れり尽くせり(笑)です。実は増上寺の御忌は、今年初めてお参りさせて頂きました。御詠歌素敵でした…!
立ちっぱなしで次の日筋肉が往生したけどw
てか山門に油ブッかけたの誰ダァアア💢💢💢

「真言宗」問答一覧

真言宗僧侶と神主の資格は両立できますか?

僕は仏教と神道が大好きで神様と仏様を同じように尊い存在として崇敬しています。 明治以前両者の距離は極めて近くほぼ同じ存在と言ってもよい状況でした。 僕はそれこそが仏教、神道双方の良い所でありそれが自然な形であると信じています。 今は失われてしまった神仏習合を実践しこれから先神道と仏教の距離を少しでも近づけることができるように、また双方の立場から物が見れるように僧侶兼神主になることが僕の目標です。 僕の家も寺院なのですが父にこのことを話すと家の宗派ではこの夢を実現するのは難しいと言われました。 そこで僕は真言宗の僧侶になろうと思っています。 そのための具体的な道筋もある程度決めてあります。 真言宗の大学に通い僧侶の資格を取った後、神主の養成学校で神主の資格を取り将来的に神社本庁の神社で働くという感じです。 寺院ではなく神社の側で働くのは、鎮守社や権現様をお祀りする形でどちらかと言えば神道の要素に寛容な仏教に比べ神道は明治時代に徹底的に仏教要素を排除した状態のまま基本的に変わることなくそのまま今現在まで続いており仏教以上に神仏習合の下地が出来ていないからです。 宗派として真言宗を選んだ理由は元々真言宗に興味があった事と歴史上真言宗は他宗派や神道など他の教えに対し積極的に共通点を探し共に進んでいく姿勢を持っていたからです。 しかし一つ問題があります。 真言宗における僧侶の資格と神道における神主の資格、この両立が出来るのかが分からない点です。 先ほど書いた通り僕は神社で働きます。 その状態でも僧侶の資格を持ち続けることは真言宗では可能なのでしょうか? 知り合いに真言宗のお坊さんや信徒の方がいないため聞いて確かめることも出来ません。 勿論お金や労力など神主の仕事をしながらも宗派、教団のために出来ることは全て果たしていきたいと思います。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る