hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

滋賀県の岩間寺について詳しい方お願いします。

回答数回答 2
有り難し有り難し 35

お忙しい時期に恐れ入ります。
岩間寺に約19年前に初めて参拝させて頂きました。
その後私が介護職へ行っていたときかその前に今から10年前ぐらいに
参拝をさせていただいた時に
住職様が一人一人に話しかけて下さり
お祈りをしてくださったことを思い出しました。
そしてたくさんの参拝者がおられました。

最近久しぶりに岩間寺へ参拝しましたが、
全く変わってしまった感じで違和感がありましたが
そんなものかなと思いました。
いつも観音霊場へ行くと自然と私が笑顔になるのですが
今回は顔が引きつっていました。

帰宅途中に調べるとなにか大変なことが起こったというのが
分かりどうしてなのかと思いました。
詳しくご存じの方教えてください。

2017年8月8日 18:28

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

観音様は変わりません

岩間寺の雰囲気が変わってしまったのはおっしゃる通りですね。
千手観音様は全く変わらないのに、どうして雰囲気が変わったのか。
平成19年に前住職が遷化された後に、一時、尼僧様が居られたという話は聞きましたが、僧侶の資格の問題等で、結局は寺を出ざるを得なかったようです。その後、本山から派遣された方が来られお寺をお守りしているようですが、檀信徒を巻き込んで裁判沙汰になるなどで、お参りする方が少なくなり現在のような姿になったと聞いています。詳しい経緯は「岩間寺檀信徒のページ」「岩間寺公式ホームページ」をご参照ください。双方の主張が掲載されております。観音様も悲しんでおられるのかも。それで雰囲気が今一つなんですよね。
細かい実情は私も詳しくは知らないので、答えるべきではないかもしれませんが、詳しい方が居られたら追加してください。
いずれにせよ、雰囲気が変わったというのは寂しいことですよね。けれども、観音様のご慈悲は変わりませんので、しばらくはお参りする私たちが守っていかなければという気持ちで、参拝されたらいかがでしょうか。

2017年8月8日 22:32
{{count}}
有り難し
おきもち

高野山真言宗大僧都。高野山本山布教師心得。高野山大学密教文化研究所研究員。...

今のネット社会の縮図を見た

こんばんは。

 お参りに行ったお寺が、昔と雰囲気が違っていたのですね。残念でしたね。

 さて、「自分の気に入らない事があった」→「その人について調べる」→「本人は触れられたくないだろう出来事をみつける」→「もっと知りたいと思う」「拡散させる」→(事実と異なる想像や思い込みまで拡散)
 私もこれをやられました。やられた方はかなりキツいです。

 今のインターネット上でも、こういう行動がよく見られると感じました。

 このような答えを書いて、あなたは私に反感を持ってしまったり「そういうつもりで質問した訳ではない」などと言われてしまうかもしれませんが、やっぱりこのご質問は、当事者であるお寺さんの気持ちを傷つける可能性のあるご質問だなぁと思い、あえて回答させて頂きました。きっとそのお寺さんも批判を受けながら問題を抱えながら頑張っているんだと思います。また雰囲気が違うとあなたが感じた原因は過去の事には関係ないのかもしれません。ですから是非、「どうなっているの」「何でなんだ」などとあまり詮索しようとしないで、静かに温かく見守ってあげてくださいね。

2017年8月9日 19:36
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

質問者からのお礼

柴谷宗寂様 大変答えにくい回答に答えて下さりありがとうございます。感謝です。

鳳林寺光禪様回答ありがとうございます。諫めて下さり、その通りに思います。
でもその前に千手観音様に諫められています。それはおみくじです。

「夕立の 雨 やまなくに 日はくれて 行きなやみ たる 山の坂道」 と。

ただ これについては色々と考えさせられるのです。

どのような弁解を載せても仕方ありません、私自身もその因果を背負い書いています。

私にも当然の報いもあるということも 口では言うの簡単ですがそのようなこともあることも
当然であると思い書いています。

光禪様 そのような書き込みは最初で最後にいたします。
申し訳なく思います。

泥の中に光や学びがあるのではないか
またこれ以上泥をかき回すことはしないが
闘いがあることを知らず、闘いの結果も知らず 知らぬ存ぜぬ と逃げる気はなれない
両者にとっても本当は大切な場所であることは変わりはない。
ただもし参拝中に知っていれば面と向かい聞いたと思う

和解も歩み寄りも生きている時にしかできない。
生きている時にしかできない事って沢山あるが
結局自己の内なるものにトラウマがある。
そのトラウマが癒えるのには
真実とは何かそれらの事柄に対しての和解。許すということのような気がする。
結局人と争っている様に見えることは自分の中の何かと争っているのではないかとか

「お寺全般」問答一覧

お寺でボランティア

いつもありがとうございます。 また質問させてください。 外ではニコニコしていて陽気で人当たりが良く気前も良い義父なのですが、家の玄関を開けた途端に豹変し、家族に対していつもイライラし、支配したがり、言うことを聞かないと怒鳴り、暴言、見下し、金づる、口を開けばモラハラととれる言葉ばかりを発し、孫に対して差別したり気に入らない孫には煩いと怒鳴り思い通りにならないとバカ野郎と怒鳴って脅して叩いたりしてきます。 そんな義父ですが、お寺のボランティアを熱心にしています。 外では本性を隠しているので住職にもバレていないみたいでとても信頼され気に入られており、住職主催のイベントを毎回お手伝いしています。 義母は良い戒名を頂くためにボランティアをしているんだと言っていました。 私は義父の本性を毎日見ているので、いくらお寺で徳を積んでも、今まで家族にしてきた悪行は帳消しになるわけがないと思っているのですが、仏教的には帳消しになるのですか? 人の心を好き放題傷付けても、ボランティアさえすれば全部チャラなのですか? お寺でボランティアをしたら良い戒名を頂けるのですか?値引きして頂けるのですか? 良い戒名は我が家ではとても手が届くお値段ではないので、義父亡き後私達に支払いを求められても払えませんし、あんなひどい人間に良い戒名などとんでもない!と思ってしまいます。 ボランティアの前に、家族を大切にすることの方が大切なのではないかと思うのですが、違いますか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

遠方の菩提寺への対応がわかりません

遠方で一人暮らしをしていた高齢の母を介護呼び寄せして世話をしていたのですが、先日他界しました。 菩提寺は、両親の生まれ故郷(呼び寄せ前に住んでいた土地)にあります。 父はすでに他界し、その菩提寺に遺骨を預けてあります。お墓は建てておりません。 菩提寺は家から遠かったこともあり、護持費と行事ごとのお布施を振り込んでお寺で供養していただくのみで、直接対面のお付き合いはありませんでした。 母の葬儀はこちらで執り行い、通夜や告別式はせずお坊さんも呼ばず無宗教の直葬としました。 現在、遺骨は私の手元にあり、写真を立て、ろうそくと線香、お茶と生花を供えて供養しています。 今後、母の遺骨は、こちらの自治体の無料の納骨堂(期限1年間)に預ける予定で、その期限までに永代供養墓か納骨堂などを見つけて移すこととなります。 私は独身で子供もいないため私の代で家系が途絶えます。 遠方にある親の持ち家は引き継がないため、いずれ父の遺骨もこちらに持ってきて、母と一緒に永代供養墓に入れる予定です。 そこでお伺いしたいのですが、 * * * * * (1)母の他界は菩提寺にすぐお知らせした方がよろしいのでしょうか?それとも永代供養墓など預け先が決まってからでもよろしいのでしょうか? (2)すぐにお知らせする場合は、父と同じように菩提寺の供養に則り戒名もらったり法要を執り行うことになるのでしょうか? (3)お墓はないので墓じまいはありませんが、菩提寺とのお付き合いを終わりにする際、父の遺骨を引き取るのにどのような費用がどのくらい掛かるものなのでしょうか? * * * * * 母が健在のときはかなり高額なお布施を何度もしており、菩提寺からもお寺改修費などで一人〇〇万円と希望額を提示した寄付のお願いなどが来るのですが、私は現在無職で収入もなく大きな出費を負担するのがとても厳しく、また、遠方のため行き来するのも難しい状況です。 どういう段取りで何をすべきかや、どのくらいのお金の準備があればよいのかわからず頭を抱えております。長い文になり申し訳ありません。 アドバイスいただけますと大変有難く存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

初心のお寺からパワーを授かりたい

いつもお世話になっております。 昨年、今年と運気がさらに悪くなることはなかったのですが横ばいのような感じで、あまりパッとしない日々を過ごしております。 起死回生をねらって転職活動や資格試験も頑張っているのですが、あと一歩のところで実を結ばない結果が続いています。 今、結果待ちのものもありますが、自分の力を発揮出来ず、悔しい気持ちと同時に、成功している奇跡を信じて、運を天に任せている状態です。 そこで、少しでも運気の流れを変えたく、やはりこれまでずっとお世話になってきた某寺にお参りして何かパワーのようなものを授かろうと思っているのですが、あまり意味はないでしょうか。 たしかに、過去には「参拝したけど良いことがなかった」とか「おみくじを引いたら凶が出て、その後本当に不運が続いた」とか良いイメージがなかったこともありました。 一方で、就職に悩んでいた時に参拝した直後、すんなり就職が決まったり、6年前には参拝して1週間後に今の妻と出会ったと言う「運命」を感じたこともありました。 特に理由はないのですが、このお寺からパワーを授かると、運気が変わる気がします。 お参りに行く価値はあるでしょうか。

有り難し有り難し 17
回答数回答 3

オープンなお寺とクローズドなお寺?

語彙力が無いので、もし失礼な表現になってしまっていたら申し訳ありません。 私はお寺に行くのが好きです。 奉られている方々にお参りしてご挨拶したいというような気持ちで向かうこともあれば そのお寺のある御山そのものに包まれたいと行ってみたり 歴史や仏像、建造物としての素晴らしさに触れることを目的に伺うこともあります。 勿論御先祖への気持ちや、その他諸々思うところあって、お参りに行くこともあります。 ただ お寺側が積極的にオープンにしてくださっている場所(総本山や所謂名刹、もしくは様々なメディアで情報発信をしているようなところ)だと気兼ねなく伺いやすいのですが、 そうでないお寺だと 興味があってもなかなか入りにくいです。 時間等は常識の範囲内で、純粋に本堂にお参りに伺うだけといった場合でも、 やはり檀家でもない紹介もないような人が入られては困る、ということはあるのでしょうか。 旅先や引っ越し先に出会ったお寺で、どなたが奉られているのかな?など気になることもあるのですが、もしそのお寺や周りの方々の気分を害してしまったら…と思って戸惑ってしまいます。 またオカルトな話なんかだと(主に神社等ですが)由来の分からない寺社にやたらに入るのは良くないなんて言われたりもします。こういったことはあるでしょうか?

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る