お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

先ほどの者です

また改めて質問させていただきます。私は小さい時から難病で、19の時に車椅子になりました。でも3年前に主人と結婚できました。
周りは普通の人生なのに、私は辛いことが多いんです。車椅子になることってそんなにないことですよね。その上難病で子供は産めません。20年以上疎遠だったいとこが子供が生まれたからといって見せに来てはお祝いわせびることにも悔しくて。
こんな私には、一体いる意味なんてあるんでしょうか。
こんなに苦労しても、まだダメなんて、よっぽど前世で悪いことしたんですかね(T_T)

本当に人生は不公平だと思います。

有り難し 12
回答 2

質問投稿日: 2015年10月8日 19:06

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

何もそこに思いをつけ足さない

別にいとこだって金をせびりに来たと思わなければいいのです。
身内だったら、疲労に来るのは当然の事。
あなたが卑屈に感じないことです。(^<^)
奪われる、減っていく、取られていく、その心情があなたは一番恐ろしいのだと思います。
これに対して効果的なのは、今持っているものを強く認識しないことです。
仮に今の自分がどういう状況であっても、そこからプラスマイナスが強く怒らない様に、どんぶりにしておくのが良いのです。
今までだって、何かが減ってきたでしょう。何かが増えた、獲得されたはずでしょう。何かに出会えたはずでしょう。何かを授かってきたでしょう。
あなたの中での物事の捉え方を、損得勘定から、授かった目線にすると良いでしょう。
学校でも、減点方式から、獲得法式を勧める所があります。
アレがダメだった、これもダメだったではなく、
アレができた、これができた、これも解けたとすることで、積み重ね、チカラになります。
その嫌いな?いとこも、それを通して、学ぶものがあった、一応体裁は整った、やるべきことはクリアできた、精神が向上した、軌道修正ができたと観ることがあってもいいはずです。
あなたの中で、あなたが減らさない事、漏えいを無くすのです。
漏えいをなくす為には、そこに自分の❝減らされた❞意識を添えないことです。
考えの上では、片面ばかり見ずに、獲得面を観ることが良いでしょう。
事実の上では、ただ、いとこが子供が生まれて嬉しかったらしく、ご挨拶として全部の親戚を廻っているだけ。あなたのところにだけ嫌がらせできたわけでもないでしょう。
そういう目線を無くす。そうすることで、あなたの周りの人をもっと幸せにすることができます。ゴメンナサイより感謝の心。減らされたより、してあげた、得られるところがあった、という目線が大切です。もっと大切なのは、その通りのまま頂くことです。
人生には授かりしかありません。

2年10ヶ月前

今も入力しづらいのですが

三年も闘病生活を送り二十八歳で亡くなった有為の青年のお通夜にお参りしたことがあります。友達が想像を絶するくらい多く、会社の皆さんにもたいへん愛されていたので、通夜も葬儀も満員でした。こんなにも多くの方々に信頼され、愛されていた彼がどうして苦しんだ末、若くして命を終えたのか、その理由を考えてみましたが答えはもちろんありませんでした。

いえることは、人生は平等ではない、ということでした。しかし、不条理ななかで自分が如何に生きるか、それが私たちが生まれてきたときに背負った課題なのかもしれません。

相変わらず入力しづらく、文章が書きにくいので、向坊弘道さんという四肢麻痺でありながら、スケールの大きな仏教伝道活動をなさった方のご法話のyoutube版をご紹介します。私は何か問題にぶつかったとき、いつもこのご法話を拝聴しています。ご法話は三部構成になっています。

1.
https://www.youtube.com/watch?v=tT4tfgu-D5M

2.
https://www.youtube.com/watch?v=wsxwnXGYhSk

3.
https://www.youtube.com/watch?v=SH_skqdY3us

2年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

藤岡さん、ありがとうございます。
YouTube見てみますね。

関連する問答
このページの先頭へ