hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

悔しい想いをして亡くなった人の気持ちはどうなりますか

回答数回答 2
有り難し有り難し 44

大事な彼が亡くなり今日で19日が経ちました。
毎日が後悔でやり切れません。
彼は肝硬変がかなり進んだ状態だと医者には言われ、復水を抜く治療が見つかると思い4ヶ月を過ごしてきました。
2度の検査入院をし、担当医のはっきりしない態度に不安を持ちながら過ごしていました。
時々逢う私には治る病気ではない。どうせ永く生きられない。もうすぐ死ぬ人間にそんな事しなくて良いなんて事も言いだしました。
私は彼の病気に無知でした。もっと力になりたかったと悔まれます。
彼と私は26年間一緒でした。ただ彼は私と知り合う数年前に昔の彼女と結婚していました。彼女には自分の子供だと言われていたようですがそうは思っていませんでした。
彼女には精神疾患があり時々理解しがたい行動をとっていましたが病気の人間を放り出すような事は出来ない。私には悪い。と言っていました。
病気になった時、そんな彼に家族は冷たい態度でした。
最後になってしまった日、私に話した事が忘れません。
俺の集大成がこんなものか。人の家族を背負いこんで。食べたい物も惜しまれる。顔も見たくない。声も聞きたくない。
実のお兄さんにも奥さんにもお金の事では利用された事を悔しがっていました。
その時私はどうする事も出来ず、ただ話しを聞いていただけでした。
三日後、最後の電話になってしまった時、私に逢った時のお礼を言って、もうえらいから横になる。と言った言葉が最後になってしましました。
彼はいつも別れ際、私にありがとうと言ってくれました。
最後にこんな思いをして逝ってしまった彼は今はどう思っているのでしょうか心配です。
人が亡くなると四十九日間はまだこの世をさまよっていると聞きました。
彼の遺骨は私の手元のにはありません。
憎しみしかないと言っていた家族の元にしかありません。そんな状態でも彼は成仏できるのでしょうか。
亡くなった人の節目になる五七日と四十九日にお寺でお経をあげたいと思っています。
家族でない私がする事は亡くなった本人の為に良くないのでしょか。
また、私たちのような繋がりでもまた彼に逢う事は出来るのでしょうか。私のすべてだった彼にまた逢いたいです。彼を感じる事はどうしたらできるのでしょうか。

取りとめもなく長々と申し訳ありません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

救わずにはおれない

はなさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。
よろしくお願いします。

普段は宗教的な内容をあまり前面に出さないようにしているのですが、今回は私の信ずる浄土真宗の教えを説くことをお許しください。

ある時、お釈迦さまが弟子たちに「広大な海の水の量と、人間が流した涙の量と、どちらが多いだろうか」とお尋ねになりました。
弟子たちは少し考え、そして「人間が流した涙の方が多いと思います」と応えました。

お釈迦さまは大きく頷き「その通り、人々が流した苦しみの涙、悲しみの涙、悔しさの涙は、広大な海の水よりも多い。人生を本当に満足して亡くなる者は少なく、ほとんどの人は無念の涙を流して亡くなるのだ。その涙を見て『救われずにおれない』と誓ったのが阿弥陀仏なのだ。
仏さまが『救う』と誓われたのだから、どれだけ無念を残して亡くなった方も、必ず救われていくのだ」とおっしゃいました。

はなさん
彼は苦難の人生を送り、それに寄り添った はなさんも、大きな苦しみ悲しみを抱えていらっしゃることと存じます。
しかし、家族や兄弟のことを話すことができ、最後の日々に「ありがとう」と言える貴女が傍にいてくれた彼の人生は、その一点において素晴らしいものだったのではないでしょうか。上記の話に登場する阿弥陀仏のように、はなさんは彼にとって救いの存在であったと思います。

彼は四十九日までこの世をさ迷うのではなく、すでに仏さまの世界に救われていると、私は信じています。

お骨にこだわることはありません。あくまで身体の一部でしかありませんので、ご心配なさらないで下さい。

節目にお寺でお経を上げて頂いても結構ですし、彼を想って手を合わせるだけでもよろしいかと思います。はなさんが合わせるその掌の中に、彼がいらっしゃるのだと思います。

そして はなさんがいつかこの世を去った時、仏さまの世界で彼と出逢えるのだと思います。その時に彼が笑顔で迎えてくれるよう、これからの人生を歩んでいって頂きたいと念じております。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

供養は人のためにするもの

はなさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺、觀音寺 中村太釈です。

大切な彼が亡くなってしまい、寂しくなりましたね。お悔やみ申し上げます。

さて、亡くなった彼は本当に後悔しているでしょうか。私は、彼がはなさんに語った様々なことは彼の愚痴のように感じました。はなさんとの別れ際には、彼が必ず「ありがとう」といったのは、彼は「僕の愚痴を聞いてくれてありがとう」と言いたかったのではないでしょうか。

生きているうちに本人の思い通りに行かないことを仏教では苦しみと説きます。生きていく上で思い通りに行かないこと、苦しみはあるものです。彼にとって苦しみを聞いてくれたはなさんの存在は大きかったのではないでしょうか。

彼の三十五日忌と四十九日忌は、はなさんがなさってください。供養は自分以外の誰かのために行うものですから。供養を続けると亡くなった彼のことが身近に感じられるようになると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

質問者からのお礼

なごみ庵の浦上哲也和尚様
早々に回答を頂きありがとうございます。浄土真宗の教えありがたく拝読しました。
 父は高齢で病院住まい、同じく高齢の母と暮らしております。日中は仕事もあり一人になれる深夜の
お返事大変失礼します。
この場所も深夜にやりきれずたどりつきました。

 私でも彼の救いになれたんですよね。嫌だったら26年も傍においてもらえませんよね。
昔、酔っぱらった彼は私に尊敬されたいと言っていました。言葉どうり彼は誰が見ても物事を良く知り、周りから頼りにされていた人です。私がずっと尊敬する人です。
   彼も骨なんかにこだわるなと言いそうです。彼が自分の悔しさを話してくれたのは本当に私を頼りにしていてくれたのだと思っていきます。
『私が合わせるその掌の中に、彼がいる』そう信じ、また必ず彼に逢えると信じて生きたいと思います。

まだ気持が不安定でうまく書けませんが本当にありがとうございました。

中村太釈和尚様へ
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。回答頂きありがとうございました。
本日、いいえ正確には昨日になりますが彼が一番信頼を寄せていたと思われる先輩に話を聞いて
もらいました。
お寺でお経をあげてもらいたいと話したところ、彼の性格を考えたらそんなことは望んでいないと思う。
私が手を合わせていれば良いと思うと言われ迷っています。
それは私も思っていた事なので…

「亡くなった・死んだ人に会いたい」問答一覧

父は今、笑顔でいますか?

はじめまして。いつも拝見させていただいております。乱雑な文章ですが、どうかよろしくお願いします。 今年の4月に父を亡くしました。人の住まいを作る、立派な父でした。 2ヶ月経った今も、ふと涙が止まらなくなります。 約1年前に病気がわかったときから、父はなにを考え、一日一日を過ごしたのでしょうか。 闘病中は家族みんな希望を捨てず、可能性を信じて父を励まし続けました。父はそれに応えるように、弱音を一切吐かず治療を頑張り、体が以前のように動かなくなっても“生きる”という意思を貫きました。私たち家族の為だったと思います。 亡くなる1週間ほど前に、私が「父さんは絶対大丈夫。絶対治る。」と言ったとき、父は「嬉しい。」と言って泣きました。父がこんなにも泣く姿を初めて見ました。 でももしかしたら、父は、“自分はこの先どうなるんだろう“という不安に寄り添ってほしかったかもしれないと、今更答えの出ないようなことばかり考えてしまいます。私がポジティブな言葉ばかりかけ続けていたのは、ただただ自分自身の為で、私が父の病気を受け入れられず、現実から目を背けていたのではないかと思います。 ときには不安を共有し、泣きたいときには一緒に泣いてほしかったのではないでしょうか。 自宅で明け方に亡くなった父は、家族に「おやすみ。」を言って、みんなが寝静まってから、眠ったまま逝ってしまいました。苦しんだ形跡もなく、寝入るときのままの表情だったので、本当に穏やかに眠ったのだと思います。父の最後が安らかで良かった、生前積んできた徳がこうして人生を締めくくったのだと思いました。 しかし私たち家族は旅立つ間際に手を握ることも、今まで大切に育ててくれた感謝を伝えることもできませんでした。 お医者さんや看護師さんは、“人は死に方を選ぶ”とか、“お父さんは自分で決めて、この時間に逝ったのだ”と言ってくれました。確かにこの言葉にどれだけ救われたかわかりません。 でも、私が眠らずに手を握っていれば…逐一様子を見ていれば…とどうしても後悔が消えません。 まだまだこの世でやりたいことが沢山あったと思います。でも強い人でしたので、自分の生きる世界が変わったことなど早々に受け入れて、新しい毎日を過ごしているのではないかとも思います。 父は今、笑顔で私たちを見守ってくれていますか?

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

おばあちゃんに会いたくて苦しい

こんばんわ。 先日もこちらで投稿させていただき、その際はお言葉をいただきましてありがとうございました。 大好きで大切だったおばあちゃんが旅立ち、告別式がおわり、通常の生活に戻ったのですが、ふとしたときにおばあちゃんに会いたくてお話ししたくて、苦しくなります。 おばあちゃんは生前からピンピンコロリといきたいと言っていたそうで、本当にその通りの最期だったのです。虚血性心不全の突然死でした。 しかし、こちら側としてはあまりに急すぎて、受け止めるのには時間がかかりそうです。 まだまだ、おばあちゃんは元気だとおもってました。なにも病気をしてなかったので100歳くらいまで生きて、ひ孫を抱かせることができると本気で思ってました。 90歳という年齢で、最期までほとんど周りの力を借りず、自分で料理や洗濯、身の回りのこともこなして生活をして、頭もはっきりしていて、ずっとニコニコしていて、かわいくて、本当に立派で尊敬できるおばあちゃんです。 でも、急すぎて伝えたいことを伝えることができませんでした。大人になってから1人でおばあちゃんちに遊びに行って、喜んでもらおうとおもっておばあちゃんにご飯を作ったりもしましたが、たったの2回しかできませんでした。もっともっとしてあげたかったです。大好きで大切で尊敬しているということを伝えたかったです。 おばあちゃんの遺骨や位牌やお線香などは実家にあるので、離れて暮らしてるわたしの家には小さい遺影しかありません。 わたしがおばあちゃんに対して思ってることを伝わるようにと思って、毎日遺影に話しかけています。ご飯も一緒に食べています。毎日お菓子やお水などもお供えしています。これからお線香をあげられるような小さい仏壇も買おうと思っています。棺にも思いを書いたお手紙を家族で書きました。 おばあちゃんにわたしの思いは伝わっているんでしょうか。伝わってると信じてますが… また、わたし以上に辛いのがお母さんだと思います。わたしたちの前ではあまり弱い姿を見せないのですが、本当はすごく辛いと思います。 わたしにできることはなんでしょうか。 また、おばあちゃんに会いたくて会いたくて仕方がないたきはどうすればいいですか。 長文乱文乱筆で申し訳ありません。お言葉をいただければ幸いです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

お母さんに会いたい、声が聞きたい

6月末に母が亡くなりました。ガンでした。母の希望が自宅で生活したいと言うものでしたので、旅立ちは家でした。 旅立の日は家族みんなで同じ空間にいました。 リビングにベッドがおいてあります。 ちょっと台所に行くね と声をかけ しきりなしの台所に私が3分いって 帰ったよ と母のところに戻ったら息をしていませんでした。 静かでした。 父と兄と私と私の夫、2歳の息子、みんなで協力して母を支えられたと思っています。 本当にいい時間が過ごせました。 母は保育士をしていました。息子のいやいや期や人見知りをもろともしませんでした。 はいはい、可愛いねー(笑)って感じです。 最初は ばぁば好きじゃない と言っていた息子でしたが、旅立つ前日は ばぁばとぅきとニコニコ。 母は笑顔でありがとうと言っていたのが印象的です。 私には旅立つ前日、 おはぎ、ジュース飲みたい と大きな声でせがみました。 ジュースがなかったので息子のアンパンマンジュースを これで我慢して と言って渡しました。 頭をペコリとし、また穏やかにありがとうと言ってくれました。 親孝行できたし、全力で母の思いに答えられ、後悔のない看取りができたはずなのに、とてもさみしいです。 目を閉じると母が優しく微笑んでます。 おはぎと呼んで欲しい 膝枕して欲しい 母に会いたいです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

どうしても亡くなった母に会いたいです。

私はうつ病とパニック障害を持っています。 診断されてから約二年半が経ち、一度復職したりもしましたが、結局続ける事が出来ず二年半ほぼ働けず過ごしています。 病気になる前からママっ子だったのですが、病気になってからはそれまで以上にママっ子になっていました。 お母さんの買い物についていくのが気晴らしで、買い物の帰りにコンビニでコーヒーを飲むのが楽しみでした。 診察の帰りに駅ビルに寄ってちょっとお買い物してコーヒーを飲むのが楽しみでした。 そんな母を今年の春、病気で亡くしました。 まるで心に大きな穴が空いたような気持ちです。約3ヶ月経ちましたが、その穴は埋まる事は無くどんどん大きくなっていっています。 毎日心の中で「迎えに来てね」と話しかけながら寝ていますが迎えに来てくれません。 母は私に生きていてほしいと思っているであろう事は分かっています。 でも、私はもう限界で母に会いたいんです。 あの世には天国と地獄があると言いますが、最期まで病気と戦い抜いた母はきっと天国にいます。 私は母に会いたいからと言って自殺するときっと地獄にいくんですよね。 すると母に会えないままなんでしょうか? どうにかして母に会える死に方は無いでしょうか。 少しでも早く会いたいと思っています。 お坊さんに死に方を聞くのはおかしな話だと思いますがお答え頂けますと幸いです。 あともう一つお聞きしたいのですが、四十九日も終わってしまった今、母は天国に上がってもう私の近くにいてくれてないんでしょうか? 長くなってしまいましたがお答え頂けますと幸いです。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

主人に会いたくてたまらない

いつもお世話になっております、先月四十九日の法要が終わりとてもほっとした自分がいました、四十九日の法要がいかに大切かということがわかり素晴らしい1日になったと思っています。その後から仕事に復帰しました朝晩読んだことのなかったお経をあげることで1日がはじまり1日が終わります、朝お仏壇に行ってきますと言い帰ってきたらただいまという毎日、ふと思うんです最愛の主人はいつもどこにいるんだろうと、毎日うちで可愛がっていたペットたちと留守番をしてくれているのか、仕事中もずっと私のそばにいてくれるのか?今どこにいるのと毎日何度も思います、仕事の帰りは運転しながら毎日号泣してしまうのですが、そんなとき私の前を走っている車が主人と同じ車だったり信号待ちをしてるとびっくりするくらい大きくてきれいな雲をみたり飛行機雲がみえたりします、そんな時は主人が合図してくれてるんだと思うのですが、夕べは主人が生きててよかったって主人に抱きついている夢をみて目覚めるとやっぱりいないんです、たまらないです、すぐにお仏壇の前に座り私からは行くことはできないから、あなたが迎えに来て私の手を引っ張って連れて行ってと泣いてました、いま主人はどこにいますか?私の姿は主人から見えているんでしょうか?教えて下さい。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

母と会いたいです。中々立ち直れません。

先月母が癌で亡くなりました。 私は学生で一人暮らしのため、両親とは離れ離れで過ごしていました。 母の病気については夏の帰省でおおまかに知らされており、「頑張って治すから勉強頑張ってね」と言われその言葉を信じてました。でも年末年始や2月の帰省と日が経つにつれ、母の状態が悪くなってるのは多少私も気付いていました。でも母は私の前では一切キツそうな姿は見せず、いつも笑顔で振る舞っていました。 そして3月下旬に父から「長くないかもしれないから帰ってきて欲しい」と言われすぐ地元に帰ると母は入院しており、いままでの姿とは変わり、とても辛そうでした。 それでも治ることを母も私達家族も信じていました。そして数日が経ち、いつも通り面会時間ギリギリまで一緒にいて「また明日ねーっ!」と笑顔で大きな声でハイタッチしてくれました。しかし、その数時間後に母は息を引き取りました。 母は、いつも私と姉のことを心配してくれて、私達のことをとても大切にしてくれました。そのため末っ子でまだまだ未熟である私には病気のことをあまりくわしく話さず、心配かけまいと母はしてくれていたと後日聞きました。医師から聞いた母の病も 自分が想像してた以上でした。それらを聞いて以降私はとても後悔して毎日涙が止まりません。ごめんねやありがとうも言えず、何にもしてあげれなかったし、ひとり暮らしで迷惑ばかりをかけて、ましてや母が病気と闘っているのに自分勝手になってしまい母の気持ちを傷つけたときもありました。 可能なら過去に時間が戻って、ずっと母と過ごしたいです。 泣いてばかりでたくさんの迷惑をかけたので母に合わせる顔が無いかもしれませんが、また会って笑顔でお話したいです。

有り難し有り難し 64
回答数回答 3

4年前に亡くなった親友

まだ20代前半だった頃、学生時代の同級生が急死しました。急性の病気でした。 わたしの学生生活は彼女がいなければ、つまらなかっただろうなぁと思うくらい、思い出がたくさんあります。 一緒に旅行にたくさん行きました。お互いいろんなことで悩んで、泣いて、励まし合いました。 夜中でも長電話に付き合ってくれました。 そんな彼女は大学卒業後まもなく結婚し、子どもを出産しました。幸せそうな親友を見られてとっても嬉しかったです。 それからたった1ヶ月後に亡くなってしまいました。 告別式後もしばらくは現実が受け入れられませんでしたが、それでも時間はたっていき、あっという間に30歳目前です。 わたし自身、幸いなことに身近な人が亡くなるという経験がそれまでありませんでしたので、どういう心持ちでいることが彼女の供養になるか、この4年間はっきりとわからずに過ごしてしまいました。 ふとしたときに、会いたいなぁ、話聞いてほしいなぁと思います。 遊びにいった場所など楽しかったこともよく思い出します。 わたしが仕事でストレスを抱えて精神的にきつくなったとき、たまに夢に彼女が出てきます。夢なので、気のせいかもしれませんが、それでもなんとなく元気になれます。会えた気がするので… 故人との思い出を思い返したり、また会いたいなと思うだけでも、伝わるのでしょうか。 今は苦しみのない世界で過ごしていてほしいなと願っています。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る