お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

仕事復帰で悩んでいます。

初めましてです。よろしくお願いします。

体調悪く7月半ばから仕事を休んでいます。今月から復帰する予定でしたが、まだ体調悪くまた、会社の人間関係もあり、正直戻りたくありません。一層の事、このまま辞めようとも思っています。が、旦那さんは嘘つきで内緒で借金していたりで頼りない人です。口では辞めて、ゆっくり休みな。とは言ってくれていますが…

6年働いた会社を辞めて体調を治すか、将来のために無理してでも復帰するべきか悩んでいます。
どうか、いいアドバイスお願いします。

学校・会社・働く
有り難し 21
回答 5

質問投稿日: 2013年9月6日 12:05

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

働くことは生きること

もえさま
はじめまして、浦上哲也と申します。よろしくお願いします。

7月半ばから体調不良でお仕事を休んでいらっしゃるとのこと。今年の夏は(も?)ひどい暑さでしたので、久々の骨休めになったでしょうか。でも、まだまだ本調子ではないようですね。
「いいアドバイス」とのことですが、職場やご家庭や体調不良の詳細が分かりませんので、的確ではないと思いますがお許し下さい。

今は仕事を探すのも大変な時代ですから、休職を認めてくれる職場は貴重だと感じました。
さらに体調が万全でないことを考慮して、仕事量や内容を調整してくれる会社であれば、早めの復帰をしても良いのかな、と思います。

さて、ご質問を読んでいて感じたのは、体調や復職も気になっていらっしゃるが、それよりも職場の人間関係とご主人のことが悩みの中心的な部分なのでは、ということです。いかがでしょうか?

人間関係はどこに行ってもつきまといますし、仕事をすることで得られる自信・充実感・生活のリズムなどのメリットがあります。何らかの形でお仕事をされてはいかがでしょうか。

ちなみに私は小関智弘さんの『働くことは生きること』が、好きな本の一冊です。直接の参考にならないかもしれませんが、よかったら図書館などで借りて読んでみて下さい。
http://www.amazon.co.jp/働くことは生きること-講談社現代新書-小関-智弘/dp/4061496395

4年9ヶ月前

どのような選択も、もえさんの人生です。

仕事を辞めるかどうか、とても悩むところですよね。
私は、もえさんが仕事を辞めて治療に専念した方がいいのか、
無理してでも仕事をして、生活を支えた方が良いのか、
どちらが良いと判断する知恵をもっていません。

ただ、お坊さんとしていえることは、
どちらを選んだとしても、
もえさんが、もえさんの人生を自分で引き受ける事が大切だということです。

おそらく、どちらの選択をしたとしても、大きな意味で、
もえさんの人生が変わることはありません。

大切なことは、もえさんが自分で決断した人生を、
自分の人生として体験することです。

これからも、人生はつらいことや、迷うことが沢山あると思いますが、
仏様はずっとそばにいて下さってますので、
自分の人生から目をそらすこと無く体験して下さい。
人生に、正解なんてありませんからね。

4年9ヶ月前

何か一つ“もしも”を考えてみる

はじめまして。体調のすぐれない中、悩みをご相談するのは骨が折れたと思います。
私が一番気になったのはご主人の事です。職場の人間関係と違い、「嘘つきで頼りない」とかなり具体的に書かれていました。

「もしも、ご主人が誠実で頼りがいのある人だったら、自分はどうするか」
などのように、何か一つ“もしも”を考えてみると本当の問題点が見えてくるかもしれません。
~たら、~れば、なんて考えるとキリが無い、などと言われますが、試してみてください。

実際の「生活」とはドラマや小説以上にドロドロとしたものだと私は思います。また自分のしたいようにしなさいと言われても、本当にしたいことができないことが多いのも現実です。しかし、もえさんが今回悩んだことは長い人生において決して無駄になりません。どうぞその事だけは信じてください。

4年9ヶ月前

もえ様。

「病気が治らず不安です。」とのご質問も書き込み為されて居られますね。
そちらにも書き込みいたしましたが…

まず、自律神経失調症や心療内科でうつの傾向があるとの所見から、幾日の休暇を貰われましたか。一週間や、一ヶ月では此れ等の心の病は治りませんよ。
長期に掛かって治す病気ですから、本腰を入れて病院に入院して此れの治療に当たって下さいませ。
必ずや治癒すると心に誓って…

旦那様の事は、旦那様のご実家に相談為さいませ。
其れが一番ですから…

4年9ヶ月前

今がきっかけ

もえ様へ

お疲れ様です。
今一度、ご自身はどのようにしたいのか
考える必要があると思います。

その気持ちを次はぜひ旦那さんへぶつけてください。
将来のことについて、しっかり二人で考えることのできる
今がきっかけではありませんか。
ぜひお考えください。合掌

4年9ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ