お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

お墓の前で2種類のお経を唱えること

実家は元々、地域的に浄土真宗です。
一方で父が仏教系の新興宗教にどっぷりと浸かっています。
父自身が自分の中だけにそれをおさめてくれると良いのですが、たまに帰省して一緒にお墓まいりに行くと、浄土真宗のお経をお寺さんに上げていただく以外に、お墓の前で父がその新興宗教のお経を唱えます。
また、私はマウス試験(実験後はガスで処分)の仕事をしていた経験がありまして、今、私がパッとしないのを、父に全部それと関連付けられ、嫌な思いでいます。
長い間父とは距離を置いていますが、父は私を思うあまり、その新興宗教で、私の分の何かを勝手に買って、毎日私の分まで拝んでくれているそうです。
ありがたい思いですがかなり気色悪いです。自分の宗教観は自分で管理したいです。
(父は、話し合いをできない人です。)
私は宗教に関して、知識はほぼ皆無ですが、父が違うお経を唱えることで、ご先祖様や私の何かが迷うことは無いのでしょうか?
目に見えないものは無視しても良いのでしょうか?

有り難し 8
回答 1

質問投稿日: 2015年10月26日 8:19

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

好きにさせておいてあげてください

お父さんは、自分が病んでいるのでしょう。
愛という名目のもと、カモられているだけでしょう。
そんなことにヘタにお金使うくらいなら、そっちを断ってアタシの小遣いとして「くれ」と言った方がいいでしょう。
アナタも変な新興宗教に親父と財布を持ってかれないようにしっかりして、ちゃんと理知的なコミュニケーションをして父親のアヤシイ信仰を論破する勢いで立ち向かうことですよ。
「それをやったところでどうなる?やらなかったらどうなる?」
「ためしにやらないでみて、それで本当に不幸があれば信じる。もし、何もなければそのアヤシイ宗教にお金をどんどん持っていかれて、娘から信頼されていない親父になっていっているってこと自体の方が不幸だって気づいたら?」

お父さんは、研究熱心で色々願いはあったが、思い通りにはならなかった。
動物を大量に殺処分することで、どこかしら自責の念があった。
そこを新興宗教に付け込まれ、洗脳された。
本当の仏はそんなものに振り回されるようなものではありませんからご安心ください。
仮に私にその新興宗教で呪いをかけても効き目はありません。
あなたはあなたの信ずる宗教を見つけてください。
ただし表向きや入り口はみんなきれいないい言葉で飾り立てられています。
絵空事の不確かなものを信じさせるようなものは、やめておいた方がいいでしょう。
すでにアナタが目には見えないものに振り回されているからです。
そういうものをちゃんと理知的にはっきりと濁さずに論破できるものを信仰せんでもいいですから、勉強してください。
一ついい公案をお授けましょう。
「仏と悪魔、神と悪魔が同じ姿でやってきて、いい言葉を並べ立てている。さて、どうやってその正体を見極められるか?」

2年6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
本当の仏はそんなものに振り回されない
とのこと。ほっとしました。

実は、去年末に(母方の)祖父を亡くし、祖父と仲良しだった祖母も、今月1日に亡くなりました。
二人共、自分の人生をきちんと生き抜いたと尊敬しているし、盆暮れだけの交流だったのに、意外に喪失感が尾を引いています。
親戚関係もガラッと変わりました。
ここのところの体調不良は悲しさや不安を押し殺しているのが大きな原因かもしれないと、今思いました。
特に祖父は、勉強したかったのに事情があり叶わず、それにも関わらず自分の勤めである農業を亡くなるまで果たした、ぼろ着を着たかっこいい人でした。
「とにかく、よく勉強して下さい。」と私にはいつも云ってくれました。

仰っていただいた通り、信仰云々の前に、勉強したいと思いました。
本を読むだけではなくて、色々な人の話を聞いてみたいです。
それが、孤独感を薄める方法にも繋がるような気がします。

いただいた公案につきまして
(勉強していない今の私には、神仏とは何か、悪魔とは何かも分かりませんが…。)
仏と悪魔がやってきたその時点では、見分けはつかない。
仏も悪魔も同じもので、置かれる環境によって、仏にも悪魔にもなる。

今日、たまたま漫画家のちばてつやさんの戦争体験を聞き、そうかな、と思いました。
全くの見当違いでしたら、何かしらご教示いただけますと幸いです。
お坊様は、どう回答されるのでしょうか…。
課題を出されると、それについてずっと考えていられるので、幸せです。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ