お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

占い結果にとらわれず生きる方法を教えて下さい。

こんばんは。
ずっと悩んでいることがあり、相談させて下さい。

私は1年半前に夫と結婚しました。その結婚の挨拶に行った時、夫の祖母に生年月日や氏名を聞かれ、後日祖母が信じる占い師に夫と私との結婚を占ってもらったそうです。
祖母は四柱推命の占いに傾倒しており、生活がそれで決まる人でした。夫の産まれた時に名前をつけてくれたのも、その占い師さんだそうです。
その結果が、

夫と私の相性は最低
私は病気になって一生苦しみ死ぬ運命
子供ができても親不孝者になる
とにかく私の名前、生年月日は最低

だったそうで、別れた方がよい、結婚しない方がよいと言われました。
正直、ビックリし、私の名前は私の親が考えてつけてくれた尊いものだと思っていたので、急にそんなことを言われ腹が立ちました。

その後、私と夫話には四柱推命を信じているわけではないので、祖母には

四柱推命では結果がよくないかもしれないが、出会った縁を大事にして添い遂げたい

と話し、結婚しました。

祖母は結婚式にも来てくれ、普通に接してくれます。

ただ、私は占いを信じていないのですが、あまりに最低だと言われ続けたのがショックで、なにかにつけ、「ああ、私の運命が最低だからこうなってしまうのだ」と思ってしまいます。
(私は精神的にあまり強くないので、占いに悪いことを言われて洗脳されないように今まで占いの類には近づかないようにしていました)

特に、少し前に持病が悪化し、手術、その結果不妊治療を行ってますが、あまり上手くいかず、そのたびに祖母の話を思い出し、祖母に言われた言葉が呪いのようにまとわりついている気がして、すごく苦しいです。
月に1回ほどは食事を一緒にしたりして祖母に会いますが、最近では祖母と会うのも怖くなってきました。

夫も私も子宝を望んでいますが、わたしの病気の為に恵まれないし、夫のみの占い結果は良いため、わたしではない人と結婚したほうが夫は子宝にも恵まれ、幸せなのではと思って申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
夫は私を大切にしてくれます。優しい人のため、子供に恵まれなくても二人で生きていこうと言ってくれます。でも、自分が夫を不幸にしてしまうのではないかとおもうと苦しいです。

どうしたら前向きにこの占い結果を受け入れることができるのでしょうか?
また、気にしないようにできるのでしょうか?

運命・見えない力
有り難し 668
回答 4

質問投稿日: 2015年10月27日 1:32

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

卜占祭祀つとめとす

ムーミンさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します、よろしくお願いします。

結婚に際して占い師にひどいことを言われ、とても気になさっていらっしゃるのですね。
質問文にその内容が書かれていましたが、よくぞここまで言えたものだなと呆れてしまいました。

人は、自分自身のことだって、実はよく分からないものです。
それを、たかが名前と生年月日だけで何が分かるというのでしょうか。
同姓同名で誕生日も一緒であれば、全く同じ一生を送るとでも言うのでしょうか。
信じる信じない以前に、耳を貸す価値もないものだと私は思います。

私が心の柱とする浄土真宗の教えには、こんな言葉があります。

悲しきかなや道俗の 良時吉日 選ばしめ
天神地祇をあがめつつ 卜占祭祀つとめとす

宗祖 親鸞聖人の書かれた和讃のひとつです。
意味としては…

ああ、なんと悲しいことだろうか。
僧侶であっても一般の人であっても、日の良し悪しや時間の良し悪しを気にして、また天地の神さまに自分の欲求を叶える祈りばかり捧げ、さらに占いなどに振り回されて生きている。

となります。
親鸞聖人は鎌倉時代の方です。貴族などが病気になったら、僧侶を集めて祈祷をして治すのが普通だった時代に、これだけ現代的な考え方を持っていらっしゃいました。
800年後の私たちの方が、大安に家を買ったり結婚したり、またテレビや雑誌で占いを見て一喜一憂したり、どちらが現代人なのか分かりませんね (^_^;)

私は「占い」は「裏無い」だと思っています。
よく刑事ドラマなどで証拠や根拠などのことを「裏」と言います(裏は取ったのか?など)。つまり証拠や根拠の無いことを、あたかもあるかのように言うのが「裏無い」なのではないかと考えています。

ムーミンさん。
持病があり、また不妊治療もされているとのこと。もしかしたらこれからもっと大変なことがあるかもしれませんし、逆に病気が治って子どもも授かるかもしれません。
でもそれは「裏無い」などで判断できることではなく、人間には計り知れない様々な縁が結びついた結果のことです。

どうか目先の幸・不幸に惑わされず、優しいご主人とともにしっかり人生を歩んでいっていただきたいと、心から念じております。

3年前

占いで結婚する者は 占いで離婚する

根拠のないものは信じてはいけません。
今日から人の情報に左右されずに生きることを決意してください。
占いに根拠はありません。
曖昧なことしか言わないのです。
知り合いに占いをする尼さんがいます。
高校生の時に「あんたはお金には一生困らないよ」と言われましたが、今もお寺には借金もあり、墓地も檀家もないために、今も本寺さんのお世話になりっぱなしです。とても左団扇で生活できるようなお寺ではありません。ですが、お金には困らない=金持ちになることではありません=ビンボーでも苦にしなければお金には困らない、のです。
このように、自分にとっていいことを言ってくれる人間って、なんかいい人に見えてきてしまうものなのですよ。あなたは最初にイイ事を言ってもらった、その甘い言葉に、取り込まれてしまったなぁと思いませんか?
占いというものは、そのようにひとにイイことを言ってあげる仕事なのです。
ただのコミュニケーションツールであり、ものの道理を知らない、かつての私の様なアホゥをたぶらかすものでしかありません。
愉しむことはあっても、信じるべきものではないのです。
自分が、人のウマい言葉に利用されていただけだったという事を、辛いでしょうが肯定してください。
今丁度、めざましテレビの今日の占いを流し見していましたが、よくもまぁ、あんな根拠の無いことを堂々と公共の電波で朝から放送しているなぁといつも思います。
物事や状況に対する、自分のが思い方がこそが、運命や思い方が左右しているのです。
占い師はそういう人間の心理を知っているので、あなたの心を左右しているのです。
あ、私の言葉も信じなくても結構です。
ですが、占いを信じる人というのは、自分にとっていいことを言ってくれる人の事を信じるものです。そういう自分の弱い心理に向き合わないまでは、占いを信じ続ける羽目になるでしょう。あなたの人生はあなたが決めることです。
私が今からあなたは不幸になるといっても、幸せになるといっても、どちらにも騙されないことです。

3年前
回答僧

崇興寺

釈心誓

仏教と違う宗教です

占い、易学というものは仏教とは違う宗教です。
違う宗教ですから信仰しなければ問題ありません。
イスラム教もキリスト教も神道も占いも風水も姓名判断も、私は信仰していませんので振り回されることはありません。

3年前
回答僧

円通寺

邦元

占いに意味はない

占いで言われたことは、必ずそうなるという事ではなく、ただ言っているだけです。
そこにとらわれあなたが苦しむものなら、占いなんていらないのでしょう。
あなたはおばあちゃんに言われたその言葉を自分の考えで捉え、事実から離れています。

おばあちゃんは言っただけ。もう影も形もない。しかし、あなたの記憶にあるものだから、マコトと勘違いしとらわれる。事実は今目の前の時間生活しかありません。考えは、妄想に走らせます。それは現実ではありません。
おばあちゃんはもうそんな事言いません。あなたの幸せをきっと願ってくれているのではないですか。

3年前

質問者からの有り難し - お礼

邦元様
ありがとうございます。
祖母は結婚後はもう何も言わないです。
もう影も形もない言葉をまことだと捉えている、、たしかにそうだとハッとしました。
祖母は顔を観に行けば喜んでくれ、帰りにはあれもこれもと野菜を持たせてくれます。幸せを願ってくれていると感じます。
今を見ること、それこそが事実だということ、心に刻もうと思います。ありがとうございました。

浦上様
ありがとうございます。
親鸞聖人のお言葉、裏無いのお話、どちらも凄く納得できるものでした。もう、裏の無いことにとらわれて苦しむのは辞めようと思います。
夫に出会え、結婚できたことに感謝してしっかり歩いていきたいと思います。
優しいお言葉に感謝しております。ありがとうございました。

丹下様
ありがとうございます。
自分にとって都合のいい事を言ってもらえばその人のことを信じる、、たしかにそうだと思います。
わたしの思いが、わたしがわたしの人生を決める、本当にそうですね。弱い心のまま根拠のないことに振り回されて一生を過ごすのは愚かだとおもいます。
前向きに生きてゆきます。
ありがとうございました。

釈心誓様
ありがとうございます。占いも信仰なのですね。信仰もしていないのに、結果だけを聞いて一喜一憂する自分は愚かだと改めて気づくことができました。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ