hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

気になる僧侶の方と、お話をするには。。(その後です。)

回答数回答 6
有り難し有り難し 75

前回、上記お題でご質問させて頂きました、aluseusです。

新たにご意見をして頂きました、
大野山 福公園寺の、鈴木光浄様。
本当に有難う御座いました。
とても嬉しかったです。

皆様から暖かく、ぜひ話しをしてみて下さい、
との応援のご回答に勇気を貰い、
思いきって受付の方にお話をさせて頂きました!

結果、

お断りされてしまいました。。。

受付に行くまでにもう一度勇気をと思い引いた
『何事も思うまま、大吉』
のおみくじも虚しく、
とぼとぼと帰宅しながら、
泣いちゃいました。。

受付の方とのやり取りについて、
ご説明しますと、
私がお話をしてみたいと思う僧侶の方の
お名前がわからないので、
一先ず、
『こちらにおります、御坊様と、
お話をさせて頂く事はできますか』と、
お伺いしました。

受付の方が、『どのような要件か』聞いてきましたので、
『個人的な事ですが、お話をしてみたいと思い、
そうゆう機会をもうけているかわからないので、
お伺いにきました。』

と伝えました所、
『そうゆう人生相談はやっていない、
僧侶は忙しいから無理、たとえ話しが出来たとしても、
5分10分です。』

との事でしたので、
私も図々しいですが、
『5分10分でも有難いので、
ご都合の良い日時に、
お伺いさせて貰う事はできますでしょうか。』

と伝えましたら、
『その時になってみないとわからない、
特に今日は忙しいから無理ですよ。』

と、迷惑そうだったので、
やめようと思い、
最後くらいは元気よく笑顔で、
『ご無理を言いまして、失礼致しました、
有難うございました。』
とお詫びして帰りました。。。

今日は遅い夏休みを取りましたので、
初めて朝一番のお護摩に参加してみましたが、
朝一は僧侶の方全員総出でしょうか、
圧倒されましたが、朝の清々しい空気の中、
お勤めされているお姿は、とてもとても美しかったです。

こちらの僧侶の方々は大好きですが、
お話しできない理由もあるかもしれませんし、
無理な事は無理だと、深追いは辞めようかと思う所もありますが、
意中の方に断られたわけではないので、
また別のキッカケを作って
がんばってみようかとも思いますが、
皆様どう思いますでしょうか。

その後のご報告を含め、
長くなりましたが、
宜しくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そんな方法では断られるに決まってますよ。

 基本的に修行僧(僧侶)は女人禁制を守っていますので、正面から受付に行っても断られるに決まってますよ。マニュアル通りの答えが返ってきましたと私は思います。
 一言言わせてもらえば、何でワシのアドバイスを聞かなかったのか。ひょっとしてこのお寺では一般参加型の行事が無いのですか。私は残念でなりません。朝のお勤め以外に近いところでお彼岸の供養会がありましたら参加してはどうですか。恐らく、一般受付もあると思います。年間行事は在籍僧侶はほぼ全員参加が多いのでチャンスはそこにあり。一般でも参加できる年間行事を確認しましょう。
 もう1度言います。「急がば廻れ」

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

キュンってなっちゃいました・・・

そこのお寺はおみくじを売ってるんですね。
ということは『恋愛成就』のお守りもあるかもしれませんね。
お守り買ってあなたの恋愛が成就すれば
それは究極の現世利益ですから・・・。
成就の感覚も人それぞれですが・・・。
まずは名前を調べないとですね。
修行があけたら相手してくれるかもしれませんね。
今は法律でも僧侶の恋愛は禁止されていませんから大丈夫!
ストーカーまがいのことだけは自重してね。よろしくです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


山口県の浄土真宗本願寺派の住職です。

ごめんなさい

aluseusさま

前回はあまり深く考えず「率直にお話したいとお伝えになってみて下さい。」などとお伝えして、結果悲しい思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

受け付けの方としては、来訪者にも色々な方がいて、修行僧にも色々な方がいて、なので今回のような正攻法ではスムーズに取り次いでもらえなかったのでしょうね。

でも仰る通り、本人に直接断られたわけではないので、ここで諦めなくてもよいかと思います。
意中のお坊さまは真言宗とのことですので、たとえばhasunohaに登録している真言宗のお坊さんを通じてアプローチ方法がないか探ってみるとか、やはり人づての方がよいかもしれませんね。

ご武運を(2回目)。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

aluseusさんの行動力は凄いですね。

本山で修行されているような所ですと、
今回のように色々理由を付けられるかもしれません。
また受付の人がどんな人かによって違います。
たぶん受付は長く修行している先輩の僧ですと
厳しい人も多いです。
そのお寺の関係者、出入りの業者、
同じ宗派のお寺さん等のコネを使うとうまくいくと思います。
これは私が本山に居た時、
そして修行が終わって今の状態から考えた意見です。
宗派が違うと状況が違うかもしれませんが。
正面から言って駄目ならちょっと角度を変えてみては?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

aluseus様。

そりゃ無理ですよ。
だって、お名前も判らないのであれば…

せめて、今回の護摩祈祷の折、何処に座っていた方にお逢いしたいと、お申し出下さいませな。直球勝負ではなく、搦め手で参りましょ。例えば、其の方にお供えをしたいのでとか…ね。

また、http://fukagawafudou.gr.jp/index.html
明日(15日)ですが、特別大護摩供が午後3時から行われます。もしチャンスが有れば、御参加に成られてはとも思いますよ。

序でに申せば、そのお寺の所属先は真言宗智山派寺院であり、このhasunohaでは大野山 福光園寺の、鈴木光浄僧正様のお寺のご縁で有りますよ。一寸ご相談に成られてはと存じます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...

ここから先はご縁

aluseus様へ

前回の質問に対して
僧侶、皆さんからの回答をうけて
今回の勇気をたたえさせていただきます。

ここから先はご縁でございます。
その方とご縁があれば
またお会いするきっかけがあるかもしれません。
そのときにどういう行動がとれるかということではありませんか。

なにか私の名前を使ってや相談をしてみたらなど
ご意見が出ておりますが
お力になれることであればという気持ちもございますが
この先についてはaluseus様とその僧侶の方とのご縁にお任せしたいと思います。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

「お坊さんと出会い、恋愛、結婚」問答一覧

お寺の服装について

私は今、お坊さんと真剣にお付き合いさせて頂いています。 彼の家がお寺で、遊びに行った事もあり、その際に私の見た目が派手だと言われました。 明るめの茶髪で、よくミニスカートにタイツなど履いてお邪魔していました。 彼のご両親から髪の色や服装について、もっと落ち着いた髪色で地味な服を着なさいと言われ、私は凄く嫌な気持ちになりました。 洋服が好きで、彼の前ですしオシャレもしたいし、まだ彼女という立場から、見た目全部をお寺に合わせなくても、いいんじゃないかと思っています。 「お檀家さんの目もあるし、お檀家さんから攻撃されないように、なるべく言われることを少なくしなさい」 「将来お寺に入るときに、その住職さんにもこの2人なら任せられるとアピールしなきゃいけないから、今のうちに誰に見られてもいいようにしなさい」 ご両親の言うことも分かりますが、どうも自分の中で納得できないのです。 後でも先でも、やらなければならない事は承知しているのですが、自分らしさを抑えて、好きでもない服を着ることに抵抗があるのです… これはワガママなのでしょうか? どうしたら気持ちを落ち着かせて、前向きになれるのでしょうか?

有り難し有り難し 41
回答数回答 3

お坊さんの彼との子どもに自由はあるのか。

お盆のお忙しい時に失礼します。 お坊さんの彼と、子どもについての考えが違いすぎて、今後のお付き合いを考えています。 私は将来自分の子どもに、「自分のやりたいことをやりなさい」と言いたいです。子どもが寺を継ぎたくないと言った時、私はその気持ちを尊重したいですが、彼氏さんやその家族はきっとお怒りになると思います。僧侶となる子どもを育てるつもりがないなら、私は彼氏さんと付き合い続けるべきではないのではと最近考えています。 檀家さんからお預かりしたお寺を守る。それはとても大切なことだとは理解しています。でも、守る方法は世襲以外にもあるのではないでしょうか。 お檀家さんも、小さい頃から知っている子どもなら信頼できると、住職の子に次代を望まれるのかなと思います。でも、優れた住職の子が優れているとは限りません。お檀家さんの「墓を守ってほしい」という思いに対して、世襲は最善策ではないのではないでしょうか。 子どもが自分から僧侶になりたいと言うなら問題は何もありません。子どもが寺を継がないと決めた時のために、お寺から出ても生活できるお金を今から貯めておくべきだと私は考えました。でも、彼氏さんは自分の代で寺を他人に譲るなど、そのためにお金を貯めるなど考えたくないと言います。 私の考えは一方的なのでしょうか。もうお別れするしかないのでしょうか。 まとまりのない質問になってしまい申し訳ありません。何かお考えをお聞かせくださるとありがたいです。お願いします。

有り難し有り難し 31
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る