お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

出産が怖い

お世話になっております。
今妊娠4ヶ月でもうすぐ5ヶ月になります。

旦那とは交際期間が長くお互いに子どもも好きでいつかは二人の子どもを授かることが出来ればと思っていましたがなかなか授かることが出来ず途中悲しいお別れもあったりしながら今順調にお腹の中で新しい命が育っています。
授かることができ凄く凄く嬉しくて1日1日が幸せで早く会いたいって気持ちも強く凄く待ち遠しいのですが、どうしても調子の悪い日が続いたりすると出産に対しての漠然とした不安でいっぱいになったりします…私自身まだまだ母親になる自覚が足りず覚悟も足りないんだとわかってはいるのですがやっぱり出産の時に自分が死んでしまったらどうしよう…と考えてしまいます。
自分の事の方が大事で考えが甘過ぎてる自覚はあり涙が出てきます…
こんなわがままな気持ちはどうすれば良いのでしょうか。

出産・子育て
有り難し 14
回答 2

質問投稿日: 2018年1月16日 9:16

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

それは自然なこと。

こんにちは。私は男ですが、おかげさまで子どもには恵まれております。何人かの子どもがいるわけですが、妻はベテランであっても「毎回恐ろしい」と言います。
確率が「ゼロじゃない」というのは、現代特に心配になりますよね。今日も「動物からうつる危険な病気」をテレビでやっていました。確率はゼロじゃない。しかし、「よく見れは年間一例から二例」ではあるのです、これ、インフルエンザよりよっぽど低い話なのです。
思うに、現代は機械に囲まれていて、人間は昔よりリスクに弱くなったのだと思います。リモコンを押せばチャンネルが変わって当たり前。思うようにならなければ、それは故障であって原因はすぐ分かる。そんな生活に慣れてしまっているのではないでしょうか。
でも生き物は、機械よりずっと不確実な存在です。今日は元気でも、明日は床に伏しているかも知れない。風邪をひくかも知れない。
この、不確実性を呑み込めるか、明らかに知ることができるか。
「何かをすれば100%オッケー」はない。であるならば、「せめて今、選べるうちでベストと思えることを」。この世に生きるものは、実に全員が、そうして日々を送っているのだと思います。もちろん、私だって。そして、隣でご飯を食べている誰かだって。
あなたも「不安だわーあ」と言いながらぼけっとタバコを吸っている訳ではないでしょう。吸っているなら「やめる」という「自分を変える」行動を起こすことができます。
不安はあるけれど、今日出来る限りの事はした。致し方ないことは致し方ない。
極端なことを言えば、お子さんともいつか別れるのです。何十年後になるかも知れないけれど。
今日、いま。ご自身と赤ちゃんのためにできることは、やっていますか?そこに「はい」と言える1日を過ごせていますか。

1年4ヶ月前
回答僧

鳳林寺

光禪

案ずるより産むが易し

こんにちは。
おめでとうございます。楽しみですね。
「案ずるより産むが易し」ということわざがあるくらい、出産・育児は不安でいっぱいだと思いますが、いざその状況になればできちゃうものです。大丈夫、どんと構えていきましょう。

1年4ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お忙しい中ありがとうございます。
不安だらけですがどんと構えてその時に備えられるようだんだんと気持ちを整えていこうと思います(^^)

佐藤良文様

お忙しい中お時間をさいてくださりありがとうございます。
何度経験している方でもやはり怖さはあるのですね…
仰る通り今は調べれば良いことでも悪いことでもすぐに調べることが出来、その情報が溢れすぎていて余計に不安をあおるような時代になってるように感じます。
不安や怖さばかりが先に立ち今出来ることから遠ざかっていたような気がします。
まだまだ不安はあるけれど、1日1日その時その時を大事に生き産まれてくる子どもに胸を張って話せるような時を過ごせるように気持ちを切り替えていこうと思います(^^)
ありがとうございました。

「出産・子供を産むことの悩み」問答一覧

「出産・子供を産むことの悩み」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ