hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

もっと早めに知っていたら

回答数回答 2
有り難し有り難し 18

簡単に解決できることなのに、
何年も引きずってしまいました。

後悔してます。

すべての人はそのときにベストを尽くしていて、もし、それよりもっと良い方法を知っていれば、私たちは必ずそっちを選ぶはずです。

とわかっているのだけど、
納得できないのです


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「遠回りの人生」こそが人を大きく育ててくれる

 亀山純史と申します。
 ゆかさんが考えるように、すべての人はそのときにベストを尽くしていても、もし、それよりもっと良い方法を知っていれば、私たちは必ずそっちを選ぶはずです。しかし、そもそも「もっと良い方法」とは何でしょうか。これを考えるのに一番いい例は、科学の実験だと思います。偉大な科学の成果の裏には、失敗があることはあまねく知られているところです。ある実験における期待される成果に対しては「失敗」だとしても、そこから別な偉大な科学の成果が生じる時、その「失敗」は、その偉大な科学の成果に対しては、「最高の良い方法」と位置付けることが出来るのではないでしょうか。ということは、何が「もっと良い方法」かということはわからない、あるいは相対的だ、ということです。
 でも、ゆかさんはそうは考えないかもしれませんね。「じゃあ、最初からその方法をすればよかったのに。そうすれば、時間やお金の無駄を減らせるのに。」と考えませんか。お釈迦様は29歳で出家し、35歳で悟りを開かれました。悟りを開くのに6年間の年月を要したのです。様々な修行を通して、悟りに至ったのです。「無用の用」という言葉があります。ある辞書によれば、「なんの役にも立たないようで、じつはたいせつな役割をはたしていること。」と定義されています。足が触れている下の地面は歩くのに必要です。では、足が触れない地面は不必要でしょうか。もしも足が触れている下の地面だけしかなければ、人間はバランス感覚を失い、歩くことが出来なくなります。つまり、「最良の方法に至るには、一見無駄とも思えることも必要だ。」ということです。「遠回りの人生こそが人を大きく育ててくれる。」のではないでしょうか。
 お釈迦様は仰っています。
 「過去を追うな。未来を願うな。 過去はすでに捨てられた。そして未来はまだやってこない。 だから現在のことがらをそれがあるところにおいて観察し、 揺らぐことなく動ずることなく、よく見きわめて実践せよ。 ただ今日なすべきことを熱心になせ。(「中部経典」より)」
 「今日なすべきこと」とは「もっと良い方法を知っていたら、と後悔すること」ではありません。たとえ、それが遠回りの人生になったとしても、今日なすべきことに熱心に取り組むことは、いずれその人を大きく育ててくれるものと信じています。

{{count}}
有り難し
おきもち


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...
このお坊さんを応援する

そうです。だから、学ぶのです。

いいところに気づかれました。何事かについて「後の祭り」と、済んだ直後により良い方法が見えたりするものです。「だったら、もっと前に教えてよー」と言いたくなります。この問題意識が、次の学びの発端になります。試験など思い出すと、ピッタリ来ますね。
しかし、試験問題ではなく現実の問題となると、事はそう単純ではありません。試験には万人共通の正解がありますが、人生の問題は全部が個別。誰かにとっての正解は、その人だけのものです。本にせよアドバイスにせよ、他人の経験はヒントにしかならないのです。そこを飲み込まなければならない。
あなたは、自分の考えで何とかしようとしてきて、でもある時解決した。それが簡単かどうかは、一定ではありません。悩み始めた時のあなたにとって、それは困難な方法だったのかも知れない。いまその解決方法に出会ったからできた、そんなタイミングだから、解決できたのです。
ですから、いま私たちにできるのは、色んな人生を学ぶ事です。小説はその宝庫ですし、このhasunohaを全て読破するのも良いでしょう。その中の何かが、将来あなたがぶつかる問題のヒントになる事は、充分あり得ます。
問題が来る前に、その解決方法を知っていなければ納得できない、と仰るのかも知れません。しかし、そんな事がピンポイントで知らされる訳はありません。せめて予め、問題の起きていない時に、たくさんの人生の姿を学ぶ。あるいは問題が起きたら色んな人に相談する。「問題が起きた」という事は、すでに「自分の今までのストックでは解決できない状況」であるからです。

{{count}}
有り難し
おきもち


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

あのとき、ああしていれば、
お金も、今の苦労も悲しみも悩みも
絶対にありえなかったはず情けなくて
自分が許せなくて、
ここ半年以上毎日毎日泣いてました。
どんなに考えても納得できなかったからです。
非常に心にしみました。
毎日ご回答を読み返そうと思います。
優しい回答でありがとうございます。

他人の助言もヒントなだけで、
誰も正解はわからないんですね。
本もいっぱい読みます。

問題が起きた」という事は、すでに「自分の今までのストックでは解決できない状況という言葉を忘れないで過ごしますっ

「後悔から抜け出したい」問答一覧

後悔ばかりで、希望を持てません。

こんにちは。 私は先日、20代の後半に入った男です。 私は最近、昔のことをよく思い出して後悔ばかりするようになってしまいました。 私は高校を卒業して国立大学に入り4年過ごした後、卒業して数社を転々としながら生活して今、地元のベンチャー企業で勤めています。地元で両親の近くで暮らせることに幸せを感じています。 ただ、最近になって過去のことに後悔することが多くなりました。「高校の時にもっと勉強や部活に打ち込んでいれば…」「大学時代に別の研究室に入ればもっと違う道があったかも…」「新卒をもっと大事に使えばよかった…」「周りの評価で物事を決めずに自分を大切にして学生時代に選択すれば良かった…」色んなことを思います。 その度に、私は今、何をしてるんだろうと思ってしまいます。 今の生活は幸せで生きてきた中でできたものだと思っていますが、過去の1つの選択を変えていたら今とはまた違う生活もあったのではないかと考えて漠然と後悔してしまいます。 過去ばかり後悔してしまう癖を治したいです。また選択してきた事柄に対して間違いだったのか正解だったのか、それとも答えが分からないままなのか知りたいのです。 変な質問ですが教えてください。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

後悔ばかりの人生

人生が詰みの状態です。 5年ほど前、天職だと思える仕事に就きました。自分がやってみたいと思っていた事で認められ、毎日が本当に楽しくて輝いていました。 ですが、社内恋愛の末、交際相手から手酷く振られたうえに、信頼していた人からのレイプ未遂が重なり、人間不信から心が折れて退職。 その後、これまでとは全く別の仕事に転職。最初は仕事を任されていることや頼られていることにやり甲斐を感じていました。 しかし思った以上の激務と、父親の病気で収入が途絶えて実家が家庭内不和になったことで、精神はボロボロに。 どうにか日々を乗り越え、やっとことが落ち着き、あとは幸せ一直線だな思いながら長年片思いをしている相手と飲みに行くと肉体関係に…ダメだと分かっていたのに。更にそれを感じ取った異性からは軽い女扱いで誘いは尽きず。仕事に集中できずミスが続き自信も喪失。今の職場も最早これまでかと思っています。 何故同じことが繰り返されるのだろう、繰り返してしまったんだろうと後悔と反省の連続です。 私には仕事も恋愛も向いていないのかもしれません。でもどちらも頑張りたいし、人並みの幸せを手に入れたいです。 後悔ばかりの人生、泥だらけの人生を正して、好きな人や好きな物を選んで真っ直ぐに生きたいです。 でもまた同じような結末が待っている気がして、動き出す勇気がわきません。 私は誰かに必要とされ、愛されることはあるのでしょうか。過去を消すことはできませんが、乗り越えて強くなることはできるでしょうか。どうすればこれまでとは違う、真っ当な人生を歩めるでしょうか。今の仕事を続けるべきなのかも分かりません… 何か助言をいただけると幸いです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺