hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

自分を救えるの自分だけですが

回答数回答 3
有り難し有り難し 126

もう外側に何かを求めても、
なんも救われないと、わかっているのに、
未だに誰かに助けて欲しいと思ってしまいます。
そんな私に喝下さい。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

字数制限があるので書き直しで返信させていただきます

自己犠牲と人のためは別物なのですよ。自己犠牲というのは私ガーの裏返しです。だから私をめぐるグルグル輪廻から抜け出すことができないのです。私も仏、アナタも仏。だから「私(仏)はどうでもいいから、アナタ(仏)が救われて!」となってしまっては筋が通りません。その想いが自分勝手です。

もっと言えば、原因と結果の流れを良い方向に調整していくことで、救いが発生します。お釈迦さまは「用水路の工事をする人が、溝を作り、水の通り道を作ってやることで、水の流れを調えるように、救いの流れを調えるよう修行しなさい」とおっしゃっています。でも自己犠牲って、その流れを止めちゃうのですよ。ちょっと流れてすぐにせき止められ、あふれて氾濫てしまう…それでは救いが救いになっていないのです。

じゃあどうするか?大きなことをしようとしてはダメ。だから私はあえて「相手を『救うことで』自分が救われる」とは書きませんでした。大切にするとか、親切にするという表現に抑えて、例話も「扉ですれ違った時にちょっと開けたまま待ってあげましたよ~」くらいのライトなものにしました。大きなことをしようとすると結果のコミットに欲や責任が生じたり、失敗が怖くなったりして救いに繋がりにくくなるのですよ。

「ちょっと開けて待ってあげましょう」くらいなら失敗できるほどの結果がありませんから、ちょっとした親切心で完結できるわけです。そういう些細なことを積み重ねて流れを作っていくと良いわけです。

人は本来、自分で前に進む力を持っています。その力を信じて、相手に協力しすぎない勇気を持つことも大切なのですよ。自分で前に進む力は自分で使わないと衰えるから、協力しすぎると逆に相手を弱らせてしまうことさえあります。まぁ、結局は程度の問題であって、0か100か、自分か他人かというような二元論では上手くいきませんよ~ということなのですけどね。肩の力を抜いて「こんにちは」くらいの軽い気持ちで親切にできれば丁度いいのだと思いますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

やれやれ。

「外側に何かを求めても、何も救われない」ですか。
では、あなたが外側から頂いたものを、全部捨ててみましょうか?
着ている服。あなたを寒さから救ってくれていますが、他人が作ったものでしょう。ポイ。
いじっているスマホとかパソコン。貴方をつまらなさから救って(以下同)ポイ。
ふとん。あなたのからだを休めてくれていますが(以下同)ポイ。
食料。あなたを飢えから救ってくれていますが(以下同)ポイ。
お金。自分で働いたと言うかも知れませんが、「給料下さい」というから得られるのです。これこそ、あなたが外界と接しているから得られる、最たるものです。
あなたは、あなたの身の回り全てに救ってもらっているのです。一つとしてポイできない。
…と、ここまで書いて「お礼」がすでにあるのを発見しました。
急に論調を変えます。
あなたはきっと、「極端から極端へ」、単純なお人なのではないかしら。
何か決めたらまっしぐら。正しいと信じたらまっしぐら。
「まっしぐら」に行かないこと。これ仏教の教えです。「ほどほどにしなさい」。
「ほどほど」は面倒ですけれど、「まっしぐら」な人は、結局(自分を含めて)人を疲れさせます。だからお坊さん方みなさん「やってもらい・かつやってあげなさい」と言われているのだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

あなたに喝を


誤解を恐れずに申し上げますが、
まずはやってみろ、ということです。
祈ってみろ!おじぎしてみろ!手を合わせてみろ!!
そこに救いがあるんです。
あいてからの見返りに救いはありません。
だからわたしは冒頭に、これらの言葉を
載せたのです。まずは「わからん」と言う前に唱えてみろ!

さちあれさちあれ。
やすらかであれやすらかであれ。
あなたのみちに
ひかりあれひかりあれ。

たすけを頂くときには、
あなたもだれかのたすけに成らねばなりません。

手をにぎる。微笑む。うなづく。おじぎをする。
手を合わせる。祈る。

これがだれかのひかりに、やすらぎになります。

自分をたすけることの出来る「じぶん」というものは、
この大自然のなかにおいてすでに多くの援けを
頂いている「じぶん」です。
すべてが自分で解決できるはずがないのです。
基本は大自然に「おまかせ」です。
でも出来る限り、最小限、あなたに出来る事を
務めください。それがあなたの「たすけ」になるのです。
これがわたしからの喝。

あなたにさちあれ。さちあれ。
合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


質問者からのお礼

ありがとうございます。
救われたかったら、
人のためになることをしろってことですね。
私は優し過ぎると言われます。
自己犠牲しすぎてしまうんです。

でも、人のために生きらないとダメなんですね…。ますますわからないです。

追記です。
おっしゃていることなんとなくわかりました。
そうです。わたしは極端なんです。もう嫌になるくらい。というか、もう嫌い。あぁ。

小さいことでいいですね。
何か目に見える大きなことをするのではなくて、
大切な人の幸せを祈ったり、
家の花壇の花が綺麗に咲くように細やかな手入れしたりみたいな、
小さな幸せがつながるんですね、 。

「自分とは・自分を何とかしたい」問答一覧

どうしたらいいかわかりません

自分のしたいことより、すべきことをするべきだと考えて近頃行動してます。 自分のすべきことをしないと、まちがっていると思います。常に正しい行動をとらねばならないと思っていますが、ときには、まちがった行動をしてしまうようです。 今日は、たまたま早く晩御飯が済んだので、旦那が、お茶をしようと誘ってくれて紅茶を飲んだのですが、それがまちがっていたおもいました。みなければいけないテレビがあったので、それのために紅茶を飲むのを断って、早くお風呂に入ればよかったのです。それはわかっていたのですが、私が私のすることより旦那のすることのほうが正しいという考えがあり、旦那の提案に乗ってしまいました。でも自分を信じればよかったです。 でも努力はしました。間違いにすぐ気付いて、テレビを見るために時間気にしてお茶飲んでいつもより早くお風呂からあがりました。番組には間に合いましたが、お茶を飲んだという行為が、間違ってたようで、その後、やはり私が悪いと感じることがありました。 けれども、本来人間は自由なはずですよね。人に迷惑をかけない限りは、何をしても自由だと、憲法でも保証されていますよね。 いつも自分の行動がまちがっていないか、正しい行動ができているか、自分自身を監視することに疲れました。 間違ったことをしたと思ったときに人に相談すると、それはおかしなことではない、と言われるのですが、その後に眠れなくなったり、悪いニュースがあったり、人からひどい扱いを受けたりするので、信じられません。 何が正しくて、何がまちがっているのか、もうわかりません。 病院にはすでにかかっていますので、医者に相談したほうがいいなどというご意見は求めておりませんのでよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

私の意識とはなにか

 以前、死が怖いと相談させて頂いた者です。ご回答を頂いて以来、それを胸に、心の持ち様や認識を変えたりして、素人ながら試行錯誤しつつ、死をどうにか受け入れる練習をしています。  しかし、死について考えると、私の今ある命や意識は、そもそも最初はどこからきたのだろう?と考えてしまうのです。肉体は勿論母から生まれましたが、生まれる前、私の意識(精神)はどこにあったのでしょうか?生まれる前、というのは、死んだあとと同じなのでしょうか?  これを考えだすと、生きていること(意識があること)それ自体が気持ち悪いように思えてしまうのです。なぜ今、私に意識があるのか?と考えてしまいます。なんというか、常に、ゲームの世界の住人のような気分?なのです。私は、誰かによって作られた世界の中に放り込まれ、意識が芽生え、それ故に死の恐怖に苦しみ、そして必ず死ななくてはならない。宇宙規模で考えれば些末な出来事であるけれど、私という個人にとっては、その事実がとても怖く、苦しいのです。こんな理不尽耐えられない、と思って、どうしてもこの世界の仕組みを恨んでしまいます。  私の意識とは一体なんなのでしょうか。そして、生まれる前はどこにいて、どこに死んでいくのでしょうか。私の意識はどうなるのでしょうか。  そして、そんな恨んでしまうようなこの世界を、どうしたら愛せるのでしょうか。大切な人と出逢っても、必ず最期に離れ離れになってしまう。私が愛した「私」も、必ず消えてしまう。日々の小さな幸せを感じるほど、死というこの世界との別れが辛くなり、恐怖で押しつぶされそうです。  それでも折角いただいた命を生きぬかなくてはならない、と思うのです。生きぬくために、どうかご助言をよろしくお願い致します。まとまりがなく、分かりにくい文章で申し訳ありません。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

自分が正しいかどうか判断ができません。

はじめまして。 はじめて質問させていただきます。 相談内容はタイトルの通り、 自分の意見が正しいのか、そうではないのかわからなくなってしまうことです。 たとえば、 人と意見が食い違った時、 自分の意見を大切にすることができず、自分が間違っているんだと思うことがよくあります。 その場で思っていることを言う時もあるのですが、あとからよく振り返ってみると、自分の至らなかった点、私が知らないであろう相手の気持ちや背景、理解してあげられない自分のせこさなどを考え、とことん自分のことが嫌になり、結局相手の意見を飲んだり、どうにかこじつけでも相手の意見を理解しようとしてしまいます。 ですが、友人に話してみると「いや、あなた(私)が怒って当然でしょ」と言われる時もあり(もちろん私サイドからの一方的な話だからと言うのもありますが)、そのように味方が一人でもできると、「やっぱそうだよね?」と自信が持てるのですが、情けないことに私一人だと判断ができません。 たぶん、このように思うようになったのは、数年前に大好きだった彼と上手くいかなくなってしまったあたりで、嫌われたくない、別れたくない一心でそうやって心を押し殺していた癖がついたのでは、と思うのですが、そればかりを言い訳にはできません。 私は私なりにできるだけ、相手の気持ちに寄り添うようにしているつもりなのですが、何かの拍子にその相手から「こんなこともしてくれないのか」「何でわかってくれないのか?」と言われると、私は私で努力してるつもりなのに、何がそんなにいけないんだろうと、悲しくなります。 そして、その度に、正当な理由と意見を持って、堂々と立ち向かいたいのですが、自分の意見が間違っているのでは、私の心が狭いだけなのでは、相手が傷ついたらどうしようという気持ちから結局黙りこんでしまいます。 どうしたら良いでしょうか。 いろんな質問があるなか、お忙しいとは思いますが、どなたかアドバイスを頂けると幸いです。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

自分の意思を尊重してきた結果社会性がない

いつも様々な質問、回答を拝見しております。 早速の質問ですが、私は10代のころより自身の自由意志に価値を置いて生活してきました。 一言で言うと「周りに流されない」「我が道を行く」というやつです。ポリシーとも言えるかと思います。 他者が自分をどう思うかより自分がどうありたいかを価値基準とし、決断の柱にしてきました。 とはいえ、元来基本的には他者との関わりは好きで温厚なほうでもあると思うので、学生時分までは周囲との軋轢もなく過ごしてきました。 しかし、社会人になってからは周囲との考え方が合わなかったり、納得できないまま仕事をすることが増え、自分の意思が反映されない生活にストレスを感じています。 長い物に巻かれるのが当たり前の現代社会で、私のような社会性のない人間はつまはじき者で、会社でも疎まれているように思います。 組織人として生きていくのはどうも難しそうです。 私の考え方が間違っていたとは思っていませんが、少しは自分よりも他者の考えに価値を置き、社会性を磨くべきだったのもしれないと、してもしようがない後悔に苛まれることがあります。 自分の意思を強く持つべきだとは今も思いますが、それを貫き社会生活の中で苦しんでいるのも自分です。 このように生きてきた私が、集団の中で生きていくための心構えについて、心に留めるべき仏さまのお教えはありますでしょうか。 とりとめのない内容ですが、こんな私にぜひ仏教的な目線でも、お坊さま個人の目線でも、ご意見いただけると幸いです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

自分と向き合ってれば良いと言うアドバイス

とある競技を何年か前から好きで続けていますが、休暇が少なく土日は絶対に休めないため、週末にある大会やイベントに出てみたい、または見学だけでも、と思ってますが実現は出来ません。 時間ができれば練習して、自主でトライしてみて、自分で満足?してと言った感じです。 共通の趣味の友人が一人だけいますが、彼はイベント常連で仲間もたくさんいます。成績も良いので人気者です。 時間や境遇に限界があるので、自分で出来る範囲で楽しみたいけど、邪念?にとらわれてしまうと辛いとその友人に相談した所、 自分とだけ向き合ってれば良い と言われました。 全くその通りなのですが、仲間とたたえ合ったり、実際に競い合う仲間は大切なんだと言い、刺激になるからと自ら赴いてる、SNSにも沢山アップしたり、自分と真逆な、周りからの承認で満たされてる友人のアドバイスが頭では分かってるけど心では実行できません。もちろん努力あっての実力者で人気者なのは重々承知です。アドバイスしてもらっといて反発してるのもどうかと思いつつ納得できません。 友人と違って成績は良くないので活躍は出来ないとは思いますが、他の人は仲間と楽しくやっるのに 、自分だけ自分自身だけで納得?しなきゃならないのかと思うと切なくなってしまいます。それとも好きなとこをするのに友達や仲間は要らないのでしょうか? ずっと一人でやってるようなものなので憧れてるだけなのでしょうか?(友人にとって私は大勢の中の一人なのと、自分のほうがスキルが下なので基本的にはあまり相手にはしてくれません) 好きなとことをやれてるだけで幸せなのをもっと実感したいです。一人でも上記のことに落ち込まずしっかり楽しめるようになるのはどうすればいいでしょうか? かなり贅沢な悩みだとは思いますがよろしくお願いします。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

物事をやりたくない時に動くと腹が立ちます

私は何事においてもそうなのですが、やりたくなくて仕方がないという心がいつも湧きます。(やれる時もありますが) 例えば洗い物や、料理、こなさなければ行けない用事など。今は専業主婦ですが働いていた時はもっとそれがありました。 もちろん誰でもその気持ちは湧くと思うのですが、自分はとにかく不機嫌になり少しでも邪魔されよう物なら物凄い剣幕で怒っています。時間指定されると尚更です。 働いていた時は理性が働き我慢をしていましたが、それにより鬱病になり前頭葉が縮んでしまっていました。 それに困り果てたのでお坊さんの本を読み座禅や深呼吸をしたり、家事を作務だと考えるようになりました。 しかしそれでもやりたくなくて仕方がない時は「そもそもなぜいちいち座禅をしたり作務だと考えたり深呼吸をしないといけないのか」とそれらをやることすら怒りになってしまうこともあります。 やらないでも生きてのけている人がいるのでなぜ自分はここまでしないと行けないのかという思いが湧きます。 自分自身でも自分に疲れてしまいましたし、怒られる配偶者が可哀想です。 どのように考えることでこの悩みから脱することができるのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る