愛犬の死と主人との溝

一ヶ月前に家族同様に暮らしてきた愛犬が亡くなりました。 病気でしたが6才と若さだったので 今だに 悲しく寂しく涙が溢れでてきます。あの子は幸せだったろうかと後悔ばかりしています。
このような状態で毎日過ごすのは いけないと頭の中では 分かっていますが、感情のほうが先だってしまいます。このような時に 元々必要な事以外は あまり話す事のない主人との心の溝が 一気に開いてしまいました。
小さな事の積み重ねで
主人と出かけるとかふたりで たわいのない話をするとかがなくなり
いつのまにか 主人には言うと逆に不機嫌になる言葉があり(普通の人にはなぜ?と思うような事です)
気をつけていたのですが うっかり言ってしまい今は 二人でリビングにいるということもなくなりました。
あの子が接着剤になっていてくれたのだと思えてなりません。私は 主人に心が開けません。このような私に 何かお話聞かせて下さい。
よろしくお願いします

有り難し 6
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

一緒にテレビドラマを見ましょう

テレビを一緒に見ていると、あまり会話してなくても無音じゃないし、共通の話題もできるのではないでしょうか。
めげずに笑顔で話しかけましょう。

2年2ヶ月前
回答僧

立正寺

常在

夫婦として再出発

これまで愛犬中心の生活だったかも知れません。心の大部分が愛犬に向けられていたのでは。今、愛情を注ぐ相手が去り、再び家族に心を向けたら旦那さんの心がますます遠ざかっていた。

夫婦としてやり直して欲しい。

見るに見かねた愛犬の、命をかけた願いがその死に込められているのだと思います。

2年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございました。
命をかけた願い そうなのかもしれません。
涙が 溢れます。頭の中では理解できます。
でも きっと仲良くはなれないかもしれません
あの子が家族になる前から 広がっていた溝です。 でも あの子の願いが叶うように 少しずつ努力してみます。
ありがとうございました。

ありがとうございます
私の冷めきってしまった心を 何とか元に戻すように あの子の供養になると信じて努力し
てみます。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ