hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

愛犬の死と主人との溝

回答数回答 2
有り難し有り難し 6

一ヶ月前に家族同様に暮らしてきた愛犬が亡くなりました。 病気でしたが6才と若さだったので 今だに 悲しく寂しく涙が溢れでてきます。あの子は幸せだったろうかと後悔ばかりしています。
このような状態で毎日過ごすのは いけないと頭の中では 分かっていますが、感情のほうが先だってしまいます。このような時に 元々必要な事以外は あまり話す事のない主人との心の溝が 一気に開いてしまいました。
小さな事の積み重ねで
主人と出かけるとかふたりで たわいのない話をするとかがなくなり
いつのまにか 主人には言うと逆に不機嫌になる言葉があり(普通の人にはなぜ?と思うような事です)
気をつけていたのですが うっかり言ってしまい今は 二人でリビングにいるということもなくなりました。
あの子が接着剤になっていてくれたのだと思えてなりません。私は 主人に心が開けません。このような私に 何かお話聞かせて下さい。
よろしくお願いします


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

夫婦として再出発

これまで愛犬中心の生活だったかも知れません。心の大部分が愛犬に向けられていたのでは。今、愛情を注ぐ相手が去り、再び家族に心を向けたら旦那さんの心がますます遠ざかっていた。

夫婦としてやり直して欲しい。

見るに見かねた愛犬の、命をかけた願いがその死に込められているのだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...
このお坊さんを応援する

一緒にテレビドラマを見ましょう

テレビを一緒に見ていると、あまり会話してなくても無音じゃないし、共通の話題もできるのではないでしょうか。
めげずに笑顔で話しかけましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございました。
命をかけた願い そうなのかもしれません。
涙が 溢れます。頭の中では理解できます。
でも きっと仲良くはなれないかもしれません
あの子が家族になる前から 広がっていた溝です。 でも あの子の願いが叶うように 少しずつ努力してみます。
ありがとうございました。

ありがとうございます
私の冷めきってしまった心を 何とか元に戻すように あの子の供養になると信じて努力し
てみます。
ありがとうございました。

「ペット・大切なものの死」問答一覧

死に時を決める

去年亡くなった愛犬と仲良しだった愛猫が後を追うように病気で亡くなりました。 愛猫は愛犬に会えたでしょうか? 今はもう苦しんでいないでしょうか? そんなことは誰にも分からないことは 理解しているのですが、 心配でしょうがなく、 とても苦しいのです。 この苦しみはどうしたら 和らげることができますか? また、私は学生時代から 自殺願望があり、一時期自殺未遂で 入院したりしていましたが、 現在は立ち直り、一点を除けば まあ普通に楽しく生活しています。 私は飼っている動物たちを みんな看取ったら 死のうと思っています。 そのことについて自分的には 悲しいことだとは 思っていないのですが、 周りの人には理解されません。 もっとも愛する両親を遺して逝くのは あまりに酷い仕打ちだとは思いますが、 両親が天寿を全うするまで この世に留まるのは 私にとってとても苦痛です。 その理由が先ほど述べた 「ある一点」なのですが、 自分の死は怖くないけれど、 愛する人たちの死が本当に恐ろしく 毎日怯えてしまうのです。 例えば家族が出かける前に 「気をつけてね」と言わないと 事故に遭うんじゃないかと 帰ってくるまで不安で ソワソワしてしまいます。 まるで自分で自分に 呪いをかけているようで、 解き方がわかりません。 精神薬や精神科医では 解けませんでした。 そういうことの繰り返しに 疲れてしまいました。 なので、愛するペットたちをみんな 看取ったらもう終わりにしたいのです。 自分の死に時を自分で決めることはそんなに悪いことなのでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

自分の中途半端な選択を許せない

 最近、8年連れ添ってきた愛犬を亡くしました。大学に出かける前日に愛犬が体調を崩しており、次の朝も息が苦しそうだったので不安を拭えませんでした。それでも大学に行こうとしました。  亡くなる2週間前に愛犬を病院に連れて行き、持病の心臓病も悪化しておらず良い兆候だとお医者さんも笑顔でした。そのこともあり大丈夫だろうとたかを括っていました。  大学は休もうと思えば連絡をして休むこともできました。自分はその選択をしようとしたのに、親からお金も出してもらってることもあるし、親にも行ったほうがいいという言葉をもらいました。自分は意志が弱いからその時に行かないという選択ができませんでした。行く前に愛犬の頭、顔を撫でて大学に行こうとしたのですが頭の中に「その選択は後悔するぞ、ちゃんと考えろ」と声が聞こえてきてきました。なのに撫でるや否や愚痴をこぼしつつも大学に行こうとして振り向けば愛犬がこちらをずっと見つめていたのです。本当は行きたくないと思いつつ大学に向かった結果、授業が始まる前に息を引き取ったと連絡が入ったのです。  授業中はもうぼろぼろでした。最初から休むという選択をしていれば親と妹と共に愛犬を看取ることができたのに、自分の意思が弱いからと己を責めてばかりです。いつも私の部屋で眠り、いつだって身を寄せてくれていたとても可愛いもう1人の妹みたいな存在でした。そんな愛犬は優しいからそんな自分を絶対に責めないだろうと分かってはいます。ですが、私は己自身の意志の弱さに怒りを感じます。本当は最後は絶対に看取りたかったという思いがあったのに、意志の弱さからその選択をしなかった自分が許せません。大事な家族の命と大学を中途半端な意志で決めてしまったことに怒りと悲しみ恥ずかしさしか感じることができません。自分の意志をこれを機に固めようと思いつつも愛犬の死とあの時の中途半端な選択が頭を回りなかなか前へ進めません。何かアドバイスをいただければと思います。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

猫の死 自分のせい

昨年、飼っていた猫が亡くなりました。 まだ1歳でした。 今思えば、避妊手術をしたあとくらいから、性格が大人しくなり、食欲にも波があるようでした。 もう1匹の猫と元気に戯れたりもしていたし、ワクチン接種などで、病院には行っていました。 ある日、後ろ足がふらっとしていました。 その日は日曜日で、かかりつけの病院はお休みでした。でも、他の病院はやっているところもありました。 ですが去年もコロナが流行っていて、猫もコロナにかかる、という話を聞いていたため、病院も日曜は混んでいると思い、翌日の朝、病院へ行くことにしました。 翌朝、病院へ連れて行くと、「貧血だね」と言われました。 「吐いたり下痢したりはしてない?」と聞かれ、それはなかったので、「はい」と答えました。 点滴とステロイド注射をしてもらい、液体のご飯を食べさせてもらい、様子を見るように言われました。 帰宅し、ずっと猫と2人で横になっていました。 午後、猫が何度か鳴き、具合が悪そうに見えたので、朝とは別の、家の近くの病院へ行きました。 その病院では、「再生不良性貧血の可能性が高い。生きられても、明日、明後日まで」と言われました。 もう少し早く病院に行っていれば、助かったのかどうか聞きました。すると「それは分からない。だけど再生不良性貧血の場合は、助かっても定期的な輸血が必要で、体が弱い子だと輸血中に亡くなってしまうこともある。」と言われました。 その日も輸血することで、延命できることもあると言われたので、輸血のできる病院を探しました。なかなか見つからず、県外の病院にも電話しましたが、電話をしているうちに、猫は私の腕の中で亡くなってしまいました。   まさか、そんなに悪い病気だとは知らず、日曜日で病院も混んでると思って、翌朝に病院へ行くことを決めた自分が憎たらしくて、仕方ありません。 家には、犬と猫が他にもいます。本当はもう動物を飼う資格なんてありません。 猫が亡くなって1年経ちますが、母が、飼ってくれる人が他に見つからなかった、と言い、知り合いの人が保護した猫を連れてきました。 もちろん、大事に飼っていますが、本当は私は動物達と暮らす資格なんてないんです。 あの時すぐに病院へ行けば、もしかしたら再生不良性貧血とは別の病気で、助かっていたかもしれない。。 悔やんでも悔やみきれません。 私は最低です。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

ハムスターを殺してしまいました

10月14日、2歳8ヶ月、人間の歳でいうとおよそ90代のハムスターが亡くなってしまいました。 木曜日だったということで、高校2年生の私は学校から帰宅してから母に亡くなったことを告げられました。 死に目に会えませんでした。 亡くなったことを聞いた瞬間は (昨日まで元気だったのになぜ·····) という思いが強かったのですが、 少し時間が経ってから考えてみると 私のせいで、生きられたはずの今日という日を潰してしまったのかなと思います。 考えられる理由としては餓死です。 2019年の3月末、当時小学5年生の弟が飼いたいと言い始めて我が家にお迎えしたのですが、 弟が積極的にお世話をする様子が無かったので私が中心にお世話をするようになりました。 そのことで両親が何度か弟に対し ハムスターはおもちゃではないので可愛がるだけではダメなこと、 私たちと同じくちゃんと命があるということ、 飼いたいと言った以上責任をもって最期まで育てなければならないことなどを伝えていました。 ですが弟が改善する様子は最期までほぼ無く····· けれど私も私です。 亡くなる2~3ヶ月ほど前から、 飼っていた子がご飯が無くなったのでほしいとおねだりしてきた時、私が気づいてあげなければならなかったにも関わらず (1日くらい大丈夫·····) とそのまま本当に1日ご飯を与えない日が何度かありました。 それまではきちんとあげられていたのに、 自分でもなぜ最後の最後でこんなに怠惰になってしまったのか分かりません····· 一生動物を飼う資格が無いのは認識しているつもりです。 もっと私が弟の分も補ってきちんとしていれば····· 未だに悔やんでも悔やみきれません。 もし餓死だとしたら私は犯罪者です。 一生懸命生きてくれた子の命を、最後の最後で潰してしまいました。 これから私はどう罪を償っていけば良いでしょうか? ちなみに亡くなった日は布団に入れて一晩そっと寝かせてあげていました。 その日の夜と、次の日の朝に父がお経を唱えてくれて、(父は仏教系の学校に通っていました) 昨日、その子を布団に入れてあげて、いつも食べていたご飯と大好きだったおやつと一緒に土葬しました。 せめてもの供養になればと、アルバムを作り毎朝線香を立てて合掌することにしました。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

ハムスターの死から立ち直れません

4日前に1歳5ヶ月のゴールデンハムスターが突然死しました。 最近寝ている時間が長かったぐらいで、特に変わりはなく、まさかの突然死でした。前日夜まで普通に遊んでいたのに、朝起きると、ケージで涙目のまま横たわり冷たくなっていました。 秋分の日で、仕事がお休みであったのは幸い、泣く泣くお庭に埋葬しました。 今日は花も綺麗に植えました。 1年半前に、息子が急に買ってきたハムスターでしたが、私が世話をするようになり、毎日、水換え、餌やり、掃除、夜は活動的な時間なので、思い切り安全なお部屋で遊ばせてあげる。 大切な温度管理は、常にエアコンをつけっぱなし。電気代を惜しむなんて事すらありませんでした。 とにかく大切な大切な家族の一員で、我が家のアイドルみたいな存在でした。 仕事が残業になると、そろそろハムちゃんが起きる時間だから早く帰らなきゃ…こんな風に考える生活が私の中で当たり前の日常となっていました。 朝、行く前にいってきます。夜、帰ってきたら、新鮮な生野菜を切ってケージの中に運び、ハムちゃんが嬉しそうに食べ尽くすのを見ているのがとても幸せでした。 まるで、いてくれた事が毎日奇跡だったのかと思います。 最期は、苦しい思いをせず、急なお別れだったのかも知れません。 いつものように、朝お水を飲んでいた時に倒れたような姿でした。この子の朝の日課が水飲みと砂場でトイレだったので。見なくとも何となく最期が想像出来ました。 この子の代わりにはならないので、新しいハムスターを飼う事はありません。 また、突然の死が怖くて仕方ありません。 ただ言い切りたいのは、毎日精一杯お世話する事が出来たこと。 名一杯愛する事が出来たという事。 我が家に来てくれたからには、世界一幸せなハムスターでいて欲しかったから、持ち合わせる私の愛情を注いできました。 急にいなくなって、寂しくて寂しくて、本当に寂しくて仕方がありません。 事実を受け止めなければならない事も、私は大人だから、寂しさを我慢しなければならない事も分かっています。 気丈に毎日を振舞ってはいますが、本当にハムちゃんがいない生活が耐え難い寂しさになってしまっています。 長文すみません。 こんな私に何かアドバイスをいただきたく思います。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

ペットのパムスターを殺してしまいました。

ハムスター2匹を殺してしまいました。 突然飼いたくなって2匹をお迎えしましたが、懐かないことに腹が立ってその日のうちに熱湯をかけたり、怪我をさせて殺してしまいました。 1匹は殺した後に公園に放置し、もう一匹は生きていましたが、遺棄しました。 後になって「なんて惨いことをしたんだ」と思い、死んだ子には花を供えて線香をあげて謝りました。 生きていたけど遺棄した子はせめて捕まえて病院へ連れて行こうと思い、捕獲機を仕掛けましたが、捕まりませんでした。 こともあろうにその数日後にまたハムスターを3匹迎えていますが、その子たちのことはとても可愛がっています。 懐いたから可愛いという訳でなく、懐かない迎えたての時間も見守って過ごしました。 手に乗っておやつをねだるまでに懐いてくれました。 ただ、今の子達は可愛がっているのに、その数日前に迎えた子を殺してしまった自分自身が怖くなります。 数日しか変わらないのになぜこんなにも態度を変えられてしまうのだろうと。 また、何より今の子達を可愛いと思えば思うほど、殺してしまった子たちへの申し訳なさでいっぱいになります。 今の子達は3匹とも性格が異なりますが、殺した子たちは性格も分からないまま殺してしまいました。 今いる白いハムちゃんは殺してしまった子と同じ品種ですが、毛が薄くバサバサしています。 病院に連れて行きましたが、異常はありませんでした。 きっと殺したあの子が恨んでいるんだと思います。 どうすれば償いができるでしょうか? お花、お線香、毎日思い出して反省・謝罪、飼っている子達を誠心誠意可愛がるという内容は実践しています。 当たり前ですが死んだ子は二度と生き返らないことを改めて思い知って、時間を巻き戻したいという馬鹿な妄想すらしてしまいます。 こんな情けない質問でごめんなさい。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺