お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

転職が多いことへの後悔を解消できるでしょうか

職歴が多く、仕事が長く続かない自分の人生を後悔しています。

主な理由は、精神的な落ち込みからうつ状態になり出勤できなくなった、転居の関係でそもそも任期の短い仕事に就いた、人間関係や職場環境への不満が募り我慢できなくなった・・などその時で様々なのですが、一番長く続けた職場でも2年半くらいととても短いです。

非正規の仕事を選んできたので、辞めやすさもありその都度安易に退職を選んでしまったのですが、履歴書の職歴欄を見ると自分の計画性のなさ、情けなさにがく然とします。

現在、結婚の関係で転居するためまた新たに仕事を探さなくてはならないのですが、こんな職歴では雇ってくれるところは少ないのではと不安が募ります。

自業自得とわかってはいるのですが、改めてダメな人間だと自己嫌悪に陥ります。
これまでの人生を挽回して後悔を拭い去ることはできるでしょうか。甘ったれた質問ですみません。
アドバイスいただけたら嬉しいです。

学校・会社・働く
有り難し 4
回答 1

質問投稿日: 2018年2月22日 14:06

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

仕事についてご夫婦でよく話合い、良い選択をなさって下さい…

 まずはご結婚おめでとうございます。
 その上で、仕事に就くことを真剣に考えるならば、資格または技術を修得することが一番大切ではないでしょうか。御自身はどういった職業に就きたいのか…自分は一体何をしたいのかということです。
 仕事はある意味で生き方そのものです。仕事を通して社会貢献をしていく…そのことに自分の存在価値を見出すということがあります。ですから職業はとても大切なのです。
 その点はあなたも十分ご承知なのだと思います。
 ですからこそ、御自身の適性などよくよく考えた上で職種を選んで下さい。
 一つ心配なことは、ご結婚されて出産・育児ということになると、また退職しなくてはならないということはありませんか。できれば、出産・育児の可能な、復職できる職場への就職を志して下さいませ。
 あと、大切なことは旦那様となるお方とのお話し合いでしょう。結婚すればそれこそお二人での生活設計ということになりますから、旦那様のあなたの仕事への協力・理解は必要不可欠です。
 どうか、よくよく話し合って下さいませ…前向きな話ですから、トコトン詰めて話すべきだと思いますし、お互いの理解を深めるいいチャンスになるのではないでしょうか。
 お二人を仏様が支え続けますよ…。

3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

具体的なアドバイスをありがとうございました。
自分が何をやりたいか、どんな仕事に就きたいかということは今まで優先させてきませんでしたが、この機に一度真剣に考えてみたいと思います。
もちろん、結婚相手ともよく相談し決めていきたいと思います。
いただいたお言葉を忘れずに頑張ります。

関連する問答
このページの先頭へ