何かにつけて裏目にでてしまいます。

いつもお世話になっています。

どうしたものか本当に何かにつけて裏目に出てしまいます。
反省と学びの繰り返しの中、気をつけていても判断ミスをしてしまったり、よかれと思ったことが空回りしてしまい、結果的には最悪な事になったり裏目裏目にでてしまいます。
今年は何かとそのような時が多くてツイてない事が多いです。
自分も学習が足りないのかもしれないけど、何をやっても選んでも、ハズレになったりするのでいよいよ心労で疲れています。
どうして何かにつけて選ぶことが良くない事に繋がるのか。。こんな時期は初めてなので困っています。
こんなにやたらと裏目に出ることや、判断ミスばかりなのが怖い位です。
やることなすこと、話すこと含め、失敗続きです。
口は災いの門というのも痛感してます。
後から気づくパターンばかりで嫌になります。
今年は数え切れない程、失敗や判断ミス、墓穴を掘るようなことや裏目に出る事ばかりで疲れます。辛いです。
こういう時はどういう意味があるのでしょうか。
こういう時はどう過ごすべきなのでしょうか。
もう今年も今月で終わりなのに裏目裏目の連続で本当に疲れています。
同じような失敗も多くて愕然とします。
失敗しては学習して失敗しては学習して、、で賢く生きれず辛いです>_<
そんな時に限って嫌な出来事が続いたりします。
今は何をやってもうまくいかない、自ら失敗してしまうような時期なのでしょうか。
お時間ありましたら僧侶の方のご意見を聞きたいです。
厳しいご意見でも良いです。
よろしくお願いします。

有り難し 32
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

それは本当は裏目ではない

それは裏目ではないのです。
その通りに事が起こったのです。
ただ単に、あなたの狙い通りに行かんかったという事なだけでしょう。
また、あなたの事前設定、狙いどころ、高得点獲得願望、期待が強すぎただけのこと。
実質を見ましょう。
アタマのビジョンを先立てするのを控えましょう。
仮に失敗しても、それがそうあっただけだと見てみましょう。
あなたはそこに私見を持ち込み過ぎるから、普通の人の2倍、3倍凹むのです。
状況は変わらないのに、捉え方が悪い人はいたずらに苦しむ。
状況は変わらないのであれば、火に油を注がないことです。
火に油とは、自分の思い、評価、悪い解釈のこと。
あなたがやっているのはいつも火に油なのです。
その火は、火で、それ以上でもそれ以下でもない。裏目も表もない。
そこに要らぬコメントを注がないで見ることです。
お礼欄でも「ああ、だから私ダメなんですよね」とか絶対にネガティブな事を書かない様に!
それがあなたの火に油の正体なのだから。

2年2ヶ月前
回答僧

立正寺

常在

不動

言動が裏目にでるならば
言わぬ動かぬと決めてしまいましょう。
不動ならば裏も表も出ません。
----------
自分で判断しない、口数を減らす、行動はワンパターン化する。
地味で暗くなりますが被害は最小限に抑えることができましょう。

2年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

四次元さん
アドバイスありがうございます。
確かにそのようにすれば被害は少なくなりそうです。
しばらくは自分を慎んで被害を少なくするよう心掛けます。
今の自分にとって必要な助言をどうもありがとうございました。
私にとってとても良い気づきでした。
有り難いお言葉を本当にありがとうございました。

丹下さん
いつもアドバイスありがとうございます。
今回はきっと今までの中でも厳しくお言葉を頂きました。
自分自身の悩み癖なども指摘されました。
正直、ハッとしました。
丹下さん、本当にありがとうございます。
確かに火に油を注いでいました。
今後は火に油を注がないように、今回いただいた言葉を心に絶対に頑張ります。
いつか御礼参りに行けるように頑張ります。
いつも明るい心を目指します。
本当にありがとうございました。

今回も僧侶の方々に的確なアドバイスを頂きました。
四次元さん、丹下さんの言葉でまた悩んでいた心が救われました。
同じ繰り返しにならないように頑張ります。

本当にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ