お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

座禅について

気功の瞑想の後にクールダウンに収功(体を叩いたりこすったり)というのを行い最後に
冷たい水を飲むよう指導されているのですが座禅はこういったことは必要ないのでしょうか。

有り難し 8
回答 1

質問投稿日: 2015年12月12日 2:13

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

区切りを持つこと自体が間違い

ここからが坐禅、ここからが私生活。
ここからが坐禅、ここからがクールダウン。
そんな事をしたら、チカラになりません。
なぜなら、坐禅の時だけノープロブレムで、それが終わった途端に普段と変わらない日常になったとしまったら、何の為の坐禅、瞑想でしょう。
別に<アツい>ことをするわけでもありませんので、クールダウンは必要ありません。
あえて言えば坐禅は門です。
その門をくぐれば小魚も龍になります。
龍になれば乾坤を呑却するほどの大きな心です。小さな自分尾離れる故に。
そこからわざわざまた、小さくなる必要もありません。

2年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

気功で熱い行(全身に熱感を巡らせる)行い偏差が生じたので
気になってましたが違うもののようなので安心しました。
有難うございました。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ